ムーンライト(2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:111分
    監督
    バリー・ジェンキンス
    脚本
    バリー・ジェンキンス
    タレル・マクレイニー
    キャスト
    マハーシャラ・アリ
    シャリーフ・アープ
    デュアン・"サンディ"・サンダーソン
    アレックス・R・ヒバート
    ジャネール・モネイ
    ナオミ・ハリス
    あらすじ
    名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

    「ムーンライト」に投稿された感想・評価

    l
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    阿佐ヶ谷のユジクにて。なにがいい生き方だとか悪いだとか多分あるけど、わたしはスカッとしたぜ。椅子でブン殴ってから、幼い自分に手を差し伸べてくれたフアンと(望んだかはしらないけども)おなじ職に就いて、海で素敵な時間を過ごしたケヴィンだけを想い続けて。
    たしかに物語の2/3は辛かったけど、
    最後の母親の言葉で、わたし含めてあちこちからズズッと鼻をすする音がきこえた。母親って本当に狡いよね。自分が母親になったら、とたまに考えるけど、テレサみたいになれたら最高なのかもしれない。おっぱいあれくらい欲しいなってちょっとだけ思った。
    とても個人的な感想は、忙しくて死んでいた心が生き返った、くらい、この映画を観れてよかったです。
    観終えてから改めてポスターを見ると感慨深い。悲しい話でもハッピー!な話でもなく、これが人生、という感じ。
    marron
    4.2
    濃いめの内容でしたが良かった。
    色味を綺麗に使っていた作品だった。
    ダイナーズのシーンがすき。
    生まれた環境場所で、こんなにも人は変わるんだな。
    黒人の肉体美、堪能。
    リリィ
    4.0
    綺麗な映像。期待していたよりは意外と小さな物語だったけれど、それでもよかった。本質的な話。
    松丸
    4.0
    思っていたより重く無かった。
    白人が一切登場してこないのが印象的
    kenu
    1.7
    シリアス・ヒューマニズムな映画。
    見ていて最後の方で、仕返しに銃で撃ち殺すんじゃないかと思ってしまった自分はシャロンと違って心が汚れているようです。
    シーン毎にいろんな意図が隠されてそうな気はしたもののほとんど理解することなく終わってしまいました
    一人の純粋な心を持つ男の悲しくも美しい話でした
    プロデューサーの欄にブラッドピッドってあったのは知らなかった

    主人公3人のうつむく時と照れる時の表情がほとんど同じですげえなって思った
    Chihiro
    5.0
    映像のうつくしさとシャロンの無垢な気持ち、シャロンの物言わぬ口と豊かに語る瞳、ナオミの演技、家庭とドラッグの、地域的な問題。なにより3部でもケヴィンの言葉に心をうばわれた。
    追記修正の予定。
    ic
    3.9
    肌の色とはあんなにも変化し美しいのかと。主にブルーのライトで照らされ映し出される表情や腕は見惚れるほど。
    近頃のわざわざ差別をするなと謳歌するような作品とは違い、肯定し個性として表現している部分はとてもしっくりきた。

    シーンごとのインテリアや背景もカラーリングや配置がお洒落で魅入ってしまった。

    自分の道は自分で選べと周囲に決めさせるなと初めの方でフアンの言葉が突き刺さった。