ムーンライト(2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:111分
    監督
    バリー・ジェンキンス
    脚本
    バリー・ジェンキンス
    タレル・マクレイニー
    キャスト
    マハーシャラ・アリ
    シャリーフ・アープ
    デュアン・"サンディ"・サンダーソン
    アレックス・R・ヒバート
    ジャネール・モネイ
    ナオミ・ハリス
    あらすじ
    名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

    「ムーンライト」に投稿された感想・レビュー

    こめ
    こめの感想・レビュー
    2日
    4.7
    見やすくて、画面の色彩が美しくて、素晴らしかった。台詞ひとつひとつが丁寧で、「オカマはゲイを不快にする言葉のひとつだ」とか母親の「必要な時に愛を与えなかった、貴方を愛してるけど、愛さなくていい」 という台詞が印象的。地獄の底からかかっているような綺麗なbgmもよかった!
    A
    Aの感想・レビュー
    2日
    3.0
    これほど深く恋い慕う他人に向けられた誰かの瞳を、こんなにじっとみたのは初めてかもしれない。
    ucchang
    ucchangの感想・レビュー
    2日
    -
    各シーン毎で違う青色を足して肌が1番映える色にしてあるの凄い。
    YUI
    YUIの感想・レビュー
    3日
    3.6
    観に行けなかった‥って後悔していたら、遅れて公開されていた映画館があり、観れました!
    ただ、行き慣れてない映画館だったので、選んだ席が思ったよりスクリーンに近すぎて
    1.リトル、2.シャロン、3.ブラックの3部構成。
    違う俳優さんが演じているのに、同じ人が時を重ねたとしか思えない。
    3人共がちゃんとシャロンなんだなぁ~って思った。
    重いテーマだけど、映像が美しかったから、気持ちが沈むことはなかった。
    ただ、ずっと同じ想いを心の中に抱えて、伝えず、ずっとシャロンが生きて来たのかと思うと、観ているこっちの心が苦しくなる。
    りさ
    りさの感想・レビュー
    3日
    -
    リリーのすべてとコンセプトは一緒。バイセクの描かれ方が良かった
    ジョンマクレーン
    ジョンマクレーンの感想・レビュー
    3日
    -
    繊細な作品でした。

    生きていく中で、問われている問題が沢山詰まってます。
    映像の美しさも素晴らしいですが、作品全体を通して色々な愛がわたしの心に突き刺さってます。

    この作品にもっと中学生や高校生の頃に出会いたかった、、、
    ふたば三十郎
    ふたば三十郎の感想・レビュー
    3日
    3.8
    アカデミー作品賞の本作だが、まず監督賞こそ受賞すべきと感じた事を記したい。
    というか、自分の評価はこれに尽きるかなと。

    こと演出とその手腕で比べると、『ムーンライト』>『ララランド』だと思うんだが、結果は『ムーンライト』が作品賞で『ララランド』が監督賞って、う〜ん、分からん(笑)逆でしょ⁉︎
    まあ、アメリカでは、つーかアカデミー会員はそうなんだろうなと想像はつくが。

    ぶっちゃけマイノリティーをテーマにした作品としては、そこまでインパクトも目新しさもない。
    アメリカで描くには衝撃なんだろうけど。

    それより、一切ムダなカットがなく、月明かり以外にもあらゆる照明と色で照り返す黒い肌と自然の効果音で感情を表現し、何より登場人物の心情を観客に一緒に体感させるカメラワークなんて、脚本に書かれている以上のものを映像で魅せる監督の力量は凄いの一言。
    しかもその狙いが全部成功してるなんて驚異的だと思う。

    物語終盤、シャロンが駐車場から店に入るシーンで、わざわざ入り口から離れて車を停めて歩くワンカットの説得力なんて、正に映画でしか表現できない真骨頂だと思う。

    こんなの見せられたらIMAXも4DXも要らんかったんやと言いたくなってしまう(笑)
    無駄にスクリーンがデカくなくても、また座席が動いたりしなくても、こんなにも観る者を揺さぶり感情移入させる事が出来るんだと。
    まあ、でっかいスクリーンでキングコングとか観るのも大好きなんですが(笑)
    ☆☆☆★★★
    NatsukiTomoda
    NatsukiTomodaの感想・レビュー
    3日
    3.5
    全体的にしっとりと綺麗でした。
    ロク
    ロクの感想・レビュー
    3日
    3.6
    う~ん….かなり評価が分かれる作品ですね。物語はマイアミの貧困地域に生きる少年シャロンがドラッグ中毒の母親からの虐待や同級生からの虐め、自身が同性愛者であることに対する葛藤などに悩みながら成長する姿を少年、青年、成人の三つの時代に分けて描いているんだけど、かなり淡々と話が進んでいくためドラマティックな展開を期待している人には物足りない感じがすると思いますね。自分は主人公シャロンと幼なじみのケヴィンとの許されない恋愛感情や少年時代のシャロンを時に優しく時に厳しく見守り続けていたドラック・ディーラーのファンとの疑似親子のような関係などを監督は淡々とした会話の中に自然と取り込んで描いていて観て良かったと思いました。全体的な雰囲気がウォン・カーウァイ監督の「ブエノスアイレス」に似ているな~と思っていたら影響は受けていたみたいですね。映画的カタルシスを得たいのであれば「ラ・ラ・ランド」で映画を観たという充実感を得たいのであれば本作なのかなと思いました。
    Natsuki
    Natsukiの感想・レビュー
    3日
    -
    アカデミー賞とっての期待からか
    イマイチでした。

    フアンがいつのまにか亡くなってるし
    いつからゲイなのか
    こう感じてる時点で自分はまだまだなのかと思った。