ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

終わった瞬間、その後二人はどうなんのーって一瞬なったけど
その後なんて本当はどうでも良くて、
一瞬でもまた通じあえてることに幸せを感じた。

眉間に皺が寄るような嫌な雰囲気も、シャロンの感情も伝わってき過ぎてしんどい。

彼の明るい未来を信じたい。
観た直後は消化不良を感じましたが、時間が経つにつれ自分の中に入り込んできた映画でした。
行間を読み込むのが好きな人は、気に入る作品だと思います。
誰かに与えられた名前を捨て、本当の自分(そんなものがあるとして)になれる瞬間など、長く険しい人生の中に一体何分間訪れるというのだろうか。僕はそんなもの必要ないと思ってしまうタイプではあるけど、それもまた偏狭で、能天気なことかもしれない。

月の光に照らされて青く輝く、ふん、なるほどとは思ったけど、今一歩物足りなさはある。
物語終盤の一際肝要なあの場面、あんなに明け透けに、あれ以来一度も触れられていない、だなんて、言わせる必要あったのかな?
もし万が一、シャロンというキャラクターの真性を担保するために、あの台詞が必要だと考えたのだとしたら、それはまたとても狭量なことであると思う。この作品が踏んだ無意識のブレーキ、思想の限界があの瞬間に集約し、不意にかいま見えたような気がしてならない。アカデミー賞まで与えられた本作のことだから、僕の思い過ごしであることを願う。願うよ。
1人の黒人男性の少年期、青年期、成人期を描いた作品。
この作品、LGBT系の波乱万丈な内容だと勝手に思っていたんだけど全然違った。

もちろん背景はそうなんだけどテーマやメッセージはそこじゃなかったというか…。
自分の中では純愛映画だと感じました。
痛々しい場面もあるんだけどそれ以上に美しい場面が印象的。

主人公のシャロンとケビンとのシーンはなんだか可愛らしかった。
再会からのシーンとか乙女か!ってぐらい。
語られない部分が多いしラストも中途半端に感じるんだけど不思議と嫌じゃない。

あまり登場していないにも関わらずマハーシャラ・アリの存在感はやはりすごかったです。
沢山の重いテーマが詰まった映画
日本人には少し感情移入しづらいかも

タイトル秀逸だなぁ

このレビューはネタバレを含みます

全体的に「見て、察しろ」という空気が流れてて、こういう映画!っていう感じの映画ひさびさに見たので結構疲れた(笑)。
シャロンは幸せになれないんじゃないかと不安ばかりだったので、ラストはなかなかよかったです。
フアンがなんでシャロンに目をかけたのかとか、なんで死んだのかとか、細かいことを言ったらキリがないけど…。
ケヴィンは再会後もあんな風にシャロンに優しくして、責任取れるのかな?
ノンケなの?バイなの?
息子もいて世間体とか気になるだろうし、このまま平和解決!とはならないよなぁ。
罵られて終わらなかったのはよかったけどさ…テレサいい奴。それに尽きる。
ごめん、よくわからんかった。
長回し得意じゃないのかも。

主題になっているテーマはあくまでエッセンスであって、ストレートな恋愛モノなんだけど、だからこそあまり刺さらなかったというか…。
逆にこれ、男女だったらそこまでウケたんだろうかとか余計なことまで考えたり。

うーん、ようわからん。
ダンサー・イン・ザ・ダークもそうなんだけど、敢えてフィクションをドキュメンタリーっぽく撮ることにしっくりきていないのかもしれない。
じゃあドキュメンタリーでいいじゃんという。

幼少期も悲惨だけど、なんつーか、うーん、そこまで悲惨に感じないというか。
あるんじゃないの?というか。
あまり衝撃的ではなく。

…うーん。

わからなくてすみません。
Kanna

Kannaの感想・評価

3.4
期待してただけに少しガッカリかも…
ストーリーの展開にちゃんとついていけなかった。もう1回改めて見たら面白いかも。ただLGBTの理解がもっと深まればいいなー、
はね

はねの感想・評価

3.7
ものすごく見たくて、物凄く期待していたので、見終わるとちょっと残念。

LBGTQに対しても世の中でもっと考えるべききっかけになればいいなと思った。

このレビューはネタバレを含みます

1番はシャロンの成長過程に驚いた。いやいやゴツくなりすぎっしょ(笑)ピアスも金のブリンブリンも完全に師匠のフアンの影響を受けてて、おぉってなったし、ご飯食べるシーンで金歯外した時「いや取れるんだそれ!」ってなった。レストランでケヴィンがシャロンにかけた曲のチョイス…ナイス。

総評として派手なストーリー展開とかはないけど濃いぃヒューマンドラマがあって見ごたえがあった。けどなんか物足りない感もある。広告業界志望としてはこのフライヤー作ったクリエイターのセンス凄すぎと感心してしまった。あと宇宙兄弟でシャロンって女性が出てたけどシャロンは男性と女性、両方いける名前なのかな?それもあってのオカマ扱いなのかと勘ぐってしまった。