ムーンライト(2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:111分
    監督
    バリー・ジェンキンス
    脚本
    バリー・ジェンキンス
    タレル・マクレイニー
    キャスト
    マハーシャラ・アリ
    シャリーフ・アープ
    デュアン・"サンディ"・サンダーソン
    アレックス・R・ヒバート
    ジャネール・モネイ
    ナオミ・ハリス
    あらすじ
    名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

    「ムーンライト」に投稿された感想・レビュー

    えみちぃ
    えみちぃの感想・レビュー
    18時間
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    ムーンライト 3/23試写会にて鑑賞

    前日の朝日新聞に、8面使って広告を出していたりプレスシートの配布があったり配給会社の本気度がうかがえる宣伝体制。
    自分の居場所を追い求めずっと探し続けている中で心を許せる人との出会いにより変化してゆく少年から青年になるまでの内面をブラック社会の問題と共に切り取り描いた作品。時代設定 空間設定を抽象的に描きながらも ただただ淡々と、時が流れてゆくロードムービーみたいな感じだなと思いました。

    3/31からロードショー
    肌をいかに綺麗に映すか や、俳優の演技や流れが良い場面では そのまま撮り続けピントなんて関係ない!とか
    色を使い分けることによって映像に意味を持たせるところは ただ淡々と の中に計算された感じを見た気がしました。
    大事なポイント3箇所くらいで途中流れてくるHIPHOPが かなりずしんと来て ブラックムービー観てるんだな って改めて気づかされるシーンと主人公が海で抱き抱えられ波に身を任せているシーンが私的にはお気に入りな場面でした。
    Mia
    Miaの感想・レビュー
    19時間
    4.8
    心で感じる作品だからこそ
    言葉にするなんてできない
    そう、初めて開く詩集のよう
    全く新しい感覚に取り憑かれた
    こんな時代に生きているから
    純粋な心が痛いぐらいに美しい

    ブルーの色彩が今なお
    記憶に残ったまま
    静かな感動
    きっともう一度 また 観たくなる
    おやすみません
    おやすみませんの感想・レビュー
    20時間
    4.8
    『ラ・ラ・ランド』が大好きで何度も何度も観てる方の中には今でも「どうして『ラ・ラ・ランド』がアカデミー賞じゃないの?」って人もきっといるのでは。でも『ムーンライト』を観たらきっと「あ…うん、そうかも知れない」って気持ちになる人も多いと思う。

    私は『ラ・ラ・ランド』の方を後に観たのだが『ムーンライト』が獲ったことに納得してる。もちろん私なんぞが言わずとも多くの方が仰ってるように、どちらも素晴らしい作品である事に間違いない。

    ジャンル等による好き嫌いもあると思う。ちょっとバイオレンスなところもあるし、ドラッグにも触れているし、性的な部分も描かれているし、そういうの全部苦手な人もいると思う。だけどやっぱりこの作品は沢山の人に観てもらいたい。映像も音楽も俳優陣の演技も本当に素晴らしい。タイムアウト紙が「この作品こそが我々が映画を観る理由だ」と評している。この言葉、最高にぴったりだと思います。
    yuuiii
    yuuiiiの感想・レビュー
    21時間
    4.4

    このレビューはネタバレを含みます

    試写会にて。
    内容はシンプルで全体的に地味。多くを語らない映画なので、想像を掻き立てられるのが良い所。これが現実というもので、歳を取って成長してもそんな簡単に住む世界が変わるわけではなく、ありがちなサクセスストーリーに終わらなかったのが個人的に好きでした。フアン役のマハーシャラ・アリはたった24分しか出ていないのに存在感がすごい。ムーンライトに照らされる肌など、映像が綺麗でした。
    Aircon
    Airconの感想・レビュー
    21時間
    3.9
    なんか顔をちゃんと撮ってる印象。
    黒人の顔が目に焼き付いてる。

    黒人の少年が大人になるまでの三か所を切り取った形で、
    時間がバーッと流れて次の章になると、章をまたがった因果にはそれほどフォーカスせず、自然な変化が起きていて、
    フィクションなのにノンフィクションよりナチュラルな感じで、
    これくらいがリアルだなって思える。
    現実はこれくらい厳しいって感じのリアルじゃなくて、
    マイナスにもプラスにも脚色しない感じ。
    少年の成長物語って感じでもなく、映画的に面白い展開に無理やり引っ張らない。
    かといってつまらないわけじゃなくて、映画としてはおもしろいポイントがたくさんあった。

    一番好きだったのは1章の売人のおじさんの扱い方。
    主人公の父親代わり的な感じで、でも主人公の母親にドラッグを売っていて言い争いになったり、
    普通なら、主人公周りの問題と売人のおじさん周りの問題でうまくドラマにしていくんだと思う。
    最初の手下っぽい売人とかがなんかミスしたり。

    良かったところを書こうとすると否定語を使わざるを得ない、
    「~ではない」ところが良いっていう不思議な感じ。
    微妙な表現だけど、引き算的な間引きのセンスの良さではなくて、
    つまり後から余計なものを削り取っているというよりは、
    最初から加工されていないリアルな状態で、
    あとは組み合わせとか見せ方とかで、
    そういう順番っぽさ。
    そこがこの映画の良いところで、
    他のリアルな感じの映画とは少し違うところだと思う。
    作り方としてはこっちのほうが全然難しそう。

    あとはやっぱり顔というか表情をいっぱい撮ってるなーと思った。
    その迫力だったり表現がアカデミー賞の決め手なのかなーと個人的には思った。
    Lea
    Leaの感想・レビュー
    21時間
    4.5
    試写会にて鑑賞。
    思っていたのとは違い、静かで淡々としている映画。
    皆さんが言ってる通り、セリフが少ないので1つ1つが心にしみます。
    同性愛、いじめ、差別などなどいくつかのテーマを扱っていますが、ごちゃごちゃしていなくて全てのテーマをリアルに、繊細に描いていて、テーマ1つ1つが際立っています。
    主人公の成長を3段階にわけて描いているのも単純に分かりやすくてよかった。
    そこでとぶ?!あの人どうなった!?え、誰?とか、色々疑問に思うとこもあったけど、多くを語らない無駄のない感じ。それでも話の流れは理解できるし、なんか不思議。
    あと、1番印象に残ってるのがアカデミー賞助演男優賞を受賞した、マハーシャラアリさんの存在。あれだけの出演なのに最後まで頭から離れなかった。
    Ellie
    Ellieの感想・レビュー
    22時間
    3.8
    試写会にて鑑賞。
    まず、これポスターが素晴らしいです。よく見ると、3つの色ごとで違う人物の顔のパーツを1人に見せています。1人の少年の成長を描いているというのがこのポスターから垣間見れるのがすごい。

    社会問題を取り上げているストーリーではありましたが、それを強く主張しているわけでもなく自然に描いている。セリフも少なく淡々とストーリーも進んでいくので最初に鑑賞した後は、『え、こんな感じなの?』と物足りなさを感じてしまいましたが、あとからポスターを見ると色々と思い出して考えてしまうような作品でした。監督の半生を基にして脚本が描かれたとの話も聞きました。だからこそ、このような作品になったのかなーとしみじみ実感。
    がらくた犬
    がらくた犬の感想・レビュー
    22時間
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    渋谷ユーロライブ
    Filmarks試写会
    トークショー
    ゲスト深田晃司監督

    具体的な説明表現も場所の特定も時代設定もなく登場人物も会話も少なくたまにサイレントになるし‥しかも作品から感じ取るテーマは重くそして難題ばかり‥
    ラストシーンへと繋がる主人公の少年→青年→大人を演じた三人三様で儚げなあの眼差しが忘れられません。

    受賞に関係なく万人ウケはしない単館向け作品なんだけど‥逆に観たい作品が単館ばかりな私から言わせて頂くとシネコンの中でも小さなスクリーンでもサービスデーしかいっぱいにならないかも知れないけれどもシネコンで上映されればきっと1人でも多くの人の目に触れ興味を持ってもらうチャンスなので観てもらえたら本作の良さはきっと伝わるはずです‼︎

    トークショー面白かった。監督も世代交代って話されてましたけど何十年も前の大御所監督皆様方の代表作だって彼らが30~40代の時の作品ですもんね。あ‥パロディーの方が有名になっちゃいましたが私タイタニックは大好きです‼︎
    何十年も前の名作の続編はお腹一杯なのでこれからの世代の深田監督新海監督チャゼル監督そして本作のジェンキンス監督と30~40代の監督皆様方に期待したいと思います。
    色の事も話されてましたが‥色に携わる仕事をしていると黒にも色々ありまして青味の黒とか赤味の黒とか黄味の黒とか炭黒とか‥並べて比較してみると一括りで黒でも個々色が違ってたりして‥
    最もコントラストの強い反対色の白と黒って同じくらい他の色を反射したりと影響があるのかも‥黒色って何色にも染まらない最強色なんですけどね〜〜でも真っ黒って闇の色って言われてるんですけど闇では実際には見えない。
    で‥ムーンライト=月明かりに照らされた黒い肌は何色なんでしょうね‥

    深田監督作品〝淵に立つ″‥はチェックしてあったけど未視聴なので必ず観ます‼︎

    あとパンフレットと新聞広告もありがとうございました〜〜^ ^
    明日会社に持って行って皆に見せます‼︎

    追記
    来週はまた単館韓国映画を鑑賞予定^ ^
    マチュー
    マチューの感想・レビュー
    22時間
    4.7

    このレビューはネタバレを含みます

    “もしこの二人が男女だったら”
    ラストシーンの後、エンドロールの間じゅうずっと考えていた。
    ゲイでなかったらそもそもイジメにも遭ってない、といったことは置いといて、もしこれが男女の物語だったら、不器用ながらピュアな純愛ものとして消費されていたはずだ。
    しかし、ラストカットの一つ前、ベッドで寄り添うふたりの画はずしりと重い。その重さは取りも直さず、かれらのようなマイノリティを無理解というかたちで圧迫しているわたしたちが押しこめている力の重さだと思う。
    最後のカットで少年が振り向いて見ているのはそのわたしたちなのだと、わたしは思った。
    kapo
    kapoの感想・レビュー
    22時間
    4.8
    心の中に落ちた青い水滴の波紋が、
    月に照らされた海原にまで
    広がって行く感じがする位に、
    見終わってからもその余韻の輪が
    広がり続けている。

    ある男の人生を3時代に切り取った日常の話。
    マイアミに降り注ぐ太陽の光と月の光、
    人間の弱さの中に秘めた強さ、
    逆に強さの中にある弱さ…など
    相反する要素が魅力と輝きを増していた。

    言葉が少ない分、
    詩的な台詞たちが心に優しく響いたし、
    音楽が想像以上に素晴らしく、かなり効いてた。

    映像も色味など本当に綺麗で、
    主人公の眼にどんどん吸い込まれていって、
    表現力の奥深さにヤラレタ。

    題材は重く、決して幸せな感じではないのに、
    色々な揺るぎない愛と演出の美しさが混ざって、
    初めて感じる幸福感と人種も性別も超えたトキメキがあった。

    観る前に抱えていたイメージと良い意味で違って、
    そこがもう素晴らしく、
    今まで観たブラックムービーの中で間違いなく
    一番センスが良くて色気があって美しい。
    もはやブラックムービーという枠すらサクッと越えてる。

    そして、誰もが心の中にシャイロンを見付けると思う。

    考える映画じゃなくて、感じる映画。

    帰り道で、
    脳裏に焼き付いたサントラの歌の
    every nigger is a starのサビを、
    every human is a starて歌いながら帰った。
    むしろ、そんな感じ。

    今無償に海辺に波の音を聞きに行きたい気分。
    もう一回映画館で観よう。

    まるで新しいブラックムービーのビフォアサンセットやん、拍手👏