ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

タイトルどおり、繊細でロマンチックで物静か。台詞が少なくやや分かりにくいけど、物語全体に孤独と自己への違和感が通底してる。ブルーがかった黒い肌がかっこいい。青年→成人は顔が似てなくて若干違和感あるし、途中何回か眠くなったけど、総じてなにか良いものを見た気分。特に、月明かりの海辺のラストは象徴的で美しい!
とばり

とばりの感想・評価

4.7
少し前に見ましたが
寂しい夜ひとり部屋を真っ暗にして、
また見ます。
見終わってからポスターの3面構成に気づいて興奮!過酷な貧困や差別の中であっても自然と存在する人の優しさや愛が心にしみる。自分の色は自分で決める(だけど君の呼ぶ色に染まりたい)感じが切なくもロマンチック。
あゆた

あゆたの感想・評価

4.0
少年が疑似家族を作るも青年になって離散をくらって若者になってilovemyselfと笑う。

疎外感の中でも母に感謝して自信を持とうという簡潔なテーマは、オープニングで流れるケンドリックラマーのTo Pimp A Butterflyそのものであり、且つフランクオーシャンのblonde的でもある。

ニュースサイトで知り、アカデミー賞取ってGAGAがほかの作品と入れ替えたりして公開前倒しにしたりした喧騒の後、観た。

脚本の構成に井上靖の「あすなろ物語」とも勝手に重ねたりする(あれも血の繋がらない母が守ってくれるという話だった)が、章ごとに違う俳優が演じる主人公/俳優が固定される大人の対比によって起きた時間描写がかっこいい。
ジャネールモネイは最高。
そしてマハーシャルアリを「ハウスオブカード」で知って以来、「グリーンブック」まで続く全盛期しか知らない。
りか

りかの感想・評価

3.3
淡々としてて面白みがない。トータルで見たらそう感じる人は少なくないと思う。物語の強弱はないけど、ワンシーンワンシーン意味のあるも映画だった。言いたいことはたくさんあるけどまとまらない複雑さがある映画だった。だから好き嫌い分かれるけど是非見て欲しい。
のぞみ

のぞみの感想・評価

4.1
泣きすぎて枯れちゃいそう、ではなくて
泣きすぎて自分が水滴になりそう、っていう浜辺での台詞が好きだった。

よくある黒人差別問題や貧困者の問題を訴える映画じゃなくて(それもそれで好きなんだけど)
黒人のコミュニティの中でいじめられる男の子の苦悩、そして愛と思いやりとやさしさと物語。
大きな社会問題を糾弾する作品じゃなくて、静かに、小さいけど大事なことを集めて見せてくれる映画だった。
映像が良いと書かれているけど音楽も最高

2時間弱、あれ、もう終わり?と感じた。
第89回アカデミー賞で作品賞含め三部門受賞した話題作です。
ブラッド・ピットがエグゼクティブ・プロデューサーを務め、LGBTをテーマにしたラブストーリー。
幼少の頃からハイスクール時代までは麻薬中毒の母親にひどい仕打ちを受け、クラスメイトからもひどいイジメを受けるもんだからね。
ヒリヒリさせられっぱなしのなかで。。
理解者もあらわれます。
フアンと、そのパートナー。
傷ついた少年に愛情を与えてくれて。
同級生で恋心をよせるケヴィンは自分のことを理解してくれて。。
ちょっと救われてきはじめた頃、、、
母親からのあの拒絶。
そして愛するケヴィンからの仕打ちと別れ。
ケヴィンから殴られるシーンでは泣けてしまいました。
レゲエ野郎を椅子でなぐったあと、いきなりの青年期。
金歯でゴツくなったシャロンに救いはあるのかとハラハラ見守りましたが。
母親は更正し、念願のケヴィンとも再会できて。
優しい着地点でしたね。
バリー・ジェキンズ監督。静かで美しい作品をつくりましたね。
シャロンのあの眼差し。白目の部分がブルーがかってて。
まさにあれこそムーンライトのようでした。
秤

秤の感想・評価

4.7
静かさがとても心地よかった。それを退屈と捉える人もいるかもしれないが、僕は好きだった。きっとこれから、ふとした瞬間に思い出すであろう場面がいくつかある。中でもとびきり好きなのが、シャロンが母親のために煙草をくわえて火をつけるところ。そして涙を指で拭う。いつだって自分たちは存在として変わらないのに、どうして理解できないときがあるのだろう。かなしいね。テレサも好きだったな。冒頭から結末まで、良い映画だった。
Kittens

Kittensの感想・評価

2.9
マハーシャラ・アリ あんだけしか出てないのに助演男優賞取るのすごいな

昔飛行機で英語で観たけど全然理解できなくて
もっかい字幕で観たけど、やっぱりすごい繊細な映画やったなー
LIONを観てから、有名作品を見たい欲が増したため連続鑑賞。
LALALANDと同じ年の作品で、アカデミー賞を受賞したとゆうことで、ずっと見てみたかった作品。

第2章で、みんなが口を揃えて「映像が美しい、肌の色が美しい」と言っている意味がようやくわかった。

私には3部ともに展開があまり読めなかったし、目が離せなかったので、いい意味で期待はずれではあったけれど、映画として好きかと聞かれると、そうではないかもしれない。