ムーンライト(2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:111分
    監督
    バリー・ジェンキンス
    脚本
    バリー・ジェンキンス
    タレル・マクレイニー
    キャスト
    マハーシャラ・アリ
    シャリーフ・アープ
    デュアン・"サンディ"・サンダーソン
    アレックス・R・ヒバート
    ジャネール・モネイ
    ナオミ・ハリス
    あらすじ
    名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

    「ムーンライト」に投稿された感想・レビュー

    こと
    ことの感想・レビュー
    13時間
    2.2

    このレビューはネタバレを含みます

     テレサとフアンめっちゃいい人だったな。フアンかっこよかった。

     大人になってマッチョになったシャロンがケヴィンと話すときは細かった少年時代のような伏し目がちの姿になって、面影がすごくあって小さかったシャロンにしか見えなくて感動した。

     全体的に暗かったけど、たぶんシャロンとケヴィンは幸せになれたのかな。終わり方はそんな悲惨な感じはしなくて良かった。
    ぐち
    ぐちの感想・レビュー
    13時間
    3.2
    観た直後の正直な感想としては「物足りない」っていうのと、私はやっぱり繊細な恋愛映画に向いてないんだな…っていう実感。監督の意図通り、同性や社会問題だけに囚われない普遍的な愛の物語を描くことに成功してるからこそ思った。キャロルの時も思ったけど。

    キャストがすっごい良かった。特に目が。
    3人役者が違っても同一人物に見える演技もすごい。特に大人のシャロンなんて外見が全く変わって同じ要素なんて一つもないよえに見えるのに、ケヴィンと話すと目線を合わせないオドオドした態度になったり、演技でちゃんと同一人物を理解させるのすごい。
    役者の力もあるけど、監督が この3人は一度も会わせず演技も見せなかったって言ってたので、キャスティングと監督の演出の手腕も凄かったんだなって思った。

    監督が言うようにこの映画に盛り込まれる全ての問題を主人公を取り巻くただの事象ととらえてて、意外にも観る前に散々身構えてたほど映画の雰囲気は重苦しくなくて観やすい。
    主人公の心の機微を主眼に据えて、この物語を『特殊な』ものにせず普遍的な物語にしたいって狙いは的確に表現されてる。繊細でうつくしいものがたり。
    ただそれが個人的には物足りなかったかな。

    黒人の中のゲイセクシャルの立場、アフリカ系アメリカ人の多い黒人コミュニティで、アフロ・キューバンのフアンが中の人曰く「アフリカ系アメリカ人に擬態」していたり、麻薬ディーラーが麻薬中毒者を母親に持つ子供を助けたり、性自認をする前から社会にセクシャリティを決定づけられる子供のシャロン、シャロンに惹かれつつも思春期を抜けて女性と子を成した後再びシャロンと再会するケヴィン、
    社会の繊細なグラデーションを描くのがとても上手い。

    「社会に自分を決めさせるな。自分で生き方を決めろ」って言うのが1つの解になる映画だけど、否応無く社会に社会に自分を定義づけられ、それによって変質したり抗ったりするシャロンの成長が、社会と個人の対話のようで興味深かった。
    外部からの影響を受けない個人なんていない。けどラストで、筋骨隆々なシャロンの中から月光でうつくしい青に染まったリトルがこちらを見ているのは、フアンの言葉とともに監督の希望なのかなって思った。

    監督はロマンチストなんだろうなって感じる映画だった。映像も音楽も繊細で美しくてセリフは詩的。
    その辺が私にはちょっと合わなかったかも…
    特にセリフの詩的さが。会話のテンポやリアルさよりもうつくしさを重視してる感じで、個人的に会話はテンポの良いリアル志向なものが好きなので…そのせいで肝心のケヴィンとシャロンの愛の物語に入って行けなかった。

    キャロルの時も思ったけど、セクシャルマイノリティーとかそういうの抜きで人と人との愛の物語だっていう映画、本当にその通りで 同性同士とか関係ないって思わせるんだけど、だからこそ私には恋愛映画向いてないんだな…って思わせられる…
    恋愛映画を解する心の機微が鈍いのかも…って観てて思った。ごめん。

    でもケヴィンとシャロンの再会シーンの、お互いを探り合うじれったい感じとかケヴィンの誠実さとズルさとか、あとカーステレオのボリュームを上げるのは結構グッときた
    ShunsukeTaura
    ShunsukeTauraの感想・レビュー
    13時間
    4.2
    アメリカの根深い問題をリアルに紡ぎだしつつ、製作者たちが考えるその問題に対する理解を、3世代に渡るパネル的手法で描き出している傑作。社会派作品としてはClash以来という感想。
    こういう作品がきちんと選ばれるあたり、アカデミー賞もまだまだ機能してる。
    まいてぃ
    まいてぃの感想・レビュー
    16時間
    4.0
    シンプルなストーリーだが、世界は複雑だなぁという感想。映画なんかで貧乏な子が出ると、反射的に耳たぶを見てしまうが、主役の少年は見事なぐらい耳たぶがゼロで妙に感心した。
    アメ
    アメの感想・レビュー
    20時間
    3.9
    記録
    Adachi
    Adachiの感想・レビュー
    21時間
    4.1
    鑑賞前は、LGBT、人種差別、貧困、それらのマイノリティーの視点から問題提起するような映画のトランプ政策への反動か?といった印象を抱えていましたが、実際はタイトル通り繊細な色彩と質感を持った、非常に美しいこの映画は、まさに「自分のための映画」と観客が感じてしまう、実はとても普遍的な映画だったと思います。

    二人が生きる「世界」は、二人の純粋な愛情を見守ってくれるような寛容な世界ではない。シャロンが幸せを感じる事の出来る瞬間は、いつも太陽の下ではなく、誰もいない静かで微かな月明かりの下だけに訪れる。
    シャロンがいつも”うつむいている”のはきっと「世界」が彼にそうしているように求めたから。

    シャロンを廃墟から連れ出したファンは、彼に料理を振る舞う。本当は親がしてあげなければいけないファンの行動の一つ一つが、「受ける」事を切望する者と、「与える」事を急いている者のようで、なんだか胸が締め付けられました。

    過酷な環境下で、自分らしくいる事は極めて困難であり、そこに自由なんて存在しないわけで、僕も含めて、多様性を認めず、偏見が多い社会全体において、マイアミだけでなく、多くの人間が既存の社会通念に沿った「個々の役割」を引き受け、自分らしく生きる権利を部分的に放棄しているのも事実。
    そんな不寛容な状況でも、自分自身をどこまで好きでいられるか、そしてどれだけ自己を尊重してやれるかの本作が示す葛藤に、まさに「自分の映画」といった普遍性というものを僕は感じた次第です。

    確かに派手な映画では決してないのですが、まるで月明かりのように、世界中にある「黒」い日常を、この映画はほんの少しだけ照らしているようにも思えた。
    マッサージ屋
    マッサージ屋の感想・レビュー
    23時間
    3.0
    第89回アカデミー賞作品賞等受賞作品。

    見終わって思った事がひと昔前の単館系邦画っぽいな〜と。
    分かりやすい描写ではなく、抽象的に描いて見る側に色々想像させるスタイルと言ったらいいのかな。

    黒人シャロンがイジメられっ子とかゲイとかはともかく、ある意味純真な愛に飢えていたという終盤の描写は切ない。
    あのゴリマッチョ黒人が乙女みたいな様になる姿はちょっと呆然としましたが(笑)

    でも分かりやすい描写ではないし、個人的にゲイものは腰が引けてしまう私としてはイマイチ感情が入れづらい。
    月明かりを使った絵面の美しさは良いのですが、正直そんなに面白い映画とは思えませんでした。

    【TOHOシネマズ モレラ岐阜】
    calico
    calicoの感想・レビュー
    1日
    3.5
    「実際のゲイライフと随分かけ離れた脚本だなぁ」と思いつつ観ていたものの「そう言えば、こういう子を見たことがないわけではない」と思い直すに至った。
    社会の中で、セクシュアルマイノリティというハードルに加え、さまざまな重荷(本作では崩壊家庭と人種問題)を背負う子供が、成長過程で備えた『頑なさ』を、繊細に表現している作品と言えそうだ。
    とは言え僕自身もゲイなので、(大人になった)主人公の固いバリアで閉ざされた心を単純に「美しい」と賛美することはできない。『オールドミスの純粋さ』に似た、どこかいびつなロマンチシズムとして憐れんでしまうのだ。
    わかりやすく言うと、本作は『隠れゲイ』の心理と行動を緻密に描いた映画なのである。「暗い」と感じる人がいても当然だろう。何しろ『ゲイ』とは本来、陽気という意味の形容詞なのだから。
    作品全体を流れるリズムの中に、どこかウォン・カーウァイからの影響が漂っているように感じられたのだが、カエターノ・ヴェローゾが流れてきたりしたので、あながち間違っていないかもしれない。
    テレーサ役の女優はどこかで観た顔だと思っていたら、ジャネール・モネイだった。
    Wakana
    Wakanaの感想・レビュー
    1日
    4.1

    このレビューはネタバレを含みます

    ムーンライトが彼らを青く見せるのは、彼らが海のような人だからなのだろうか。太陽の光に浴びることを許されない人だからだろうか。
    アップで撮られるシーンが多かったからか、空気感にのめり込んだし、光や海をはじめとした自然の使い方で夏の空気感や夜の空気を上手く表現していて、一人一人にとても感情移入出来るようになっていた。「風が吹くと時間が一瞬止まるように感じて、そこで聞こえるのは自分の心臓の音だけ。」ってセリフで勝手に涙が出てきたことでそれが分かった。
    とにかく、純愛の映画だった。昔から、タイタニックやロミオとジュリエットのような身分の差を持った人達が障害を乗り越えて結ばれる物語が多かったんだな〜って思っていたがそれがとても現代風にアレンジされていた。しかし、完全に結ばれた訳でなく、それでも消えない責任や環境に胸がとても痛み、そのことで残った自分の心の蟠りがアカデミー賞を受賞した理由なのかな、という感じだし、その点では全員ムーンライトの下にいるんだね。
    あと、個人的には好きな人の前だとピヨピヨしちゃう感じとか微妙に甘えたがりだしちゃう雰囲気、好きな人をとりまく絶妙な空気感の見え方にクソ共感してたWWWWW 私も「私に触れたのはあなただけ」と言おうと思ったWWW
    yosukomeul
    yosukomeulの感想・レビュー
    1日
    3.5
    ふと流れる音楽で誰かのことを思い出したり、たまにある素晴らしい夜を思い出した。
    全体的には暗い映画。