ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 575ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

ナゼ

ナゼの感想・評価

3.3
シャロンの成長ぶりを咀嚼するのに時間がかかった。
あれこれ説明しようとしないところが好ましい。
あとテレサが最高。まさにマザー・テレサ。

私がシャロンならあのレゲエ野郎をもっと固いもので殴るだろうな。
mkrsw114

mkrsw114の感想・評価

3.0
うとうとしてしまい見逃してしまったところが多々あるのでもう一度見ないといけないかもしれない…
ジェンダーレスの人が自分の周りにはいないから、あまり物語りに入っていけなかった。

ていうか、ゲイは日本人にはあんま認められてないからみんなそこまで入り込めない気がする。

あと、大人になった主人公が急にいかつなり過ぎて焦った

それにしても、アカデミー賞のに選ばれた作品は静かなやつが多いですなぁ
舞茸

舞茸の感想・評価

3.5
なかなか考えさせられた作品
見たあとだからポスターの意味がわかる

まあ、強くなっても乙女なんかなー?

映画の作り方は好きでした。
Merie55

Merie55の感想・評価

4.3
オスカー作品ということで、前情報を極力入れず、かなり身構えて見に行った

結果としてまず、想像していたよりもかなり見やすい映画だった。
カメラワークや編集が優れているので、かなりテンポよく進み、3世代の切り替わりのシーン等はすんなり没入できた

一人の人生を静かに追っているので、それだけヘビーで、見応えのある映画だった

個々で感じることは当然にあったが、見終えたばかりだとまだ整理がつかない
眠たい時に見てはいけないものでした…。
でも、見終わってからポスター気づいた。かっこいい。
type00den

type00denの感想・評価

4.0
何だか泣けてしまった。主人公が、どんな気持ちなのかなとずっと思いながら観てたら泣けてしまった。正直言うとこの映画が伝えたかったことが良くわからない。最初はプルーライト、肌の色に関係なく生き方は選べるよ的な前振りしといて、主人公は何も選べてないと思う。結局なってしまった職業刑務所での出会いもそうだけどおそらく自身のモデルとなりえるのが彼しかいなかったことが原因だ思う。親友は自分の道を選べたが主人公は選べなかった。さらに親友はあの夜のことをなかったことにしようとしているように思えて悲しかった。ラストシーンも救いのあるシーンには私には思えなくて結局この映画が伝えたかったが何かわからなかった。
m

mの感想・評価

4.7
アメリカ映画、しかも黒人コミュニティを描いた映画で、こういう繊細な艶っぽさが全編に満ちているのがとても新鮮。ウォン・カーウァイへのオマージュはもちろんあるけど、こういう艶はオマージュだけでは出せない。やはりこの監督らスタッフ独自のセンスと技術が光っている。

繊細さはアーティスティックな作風だけでなく物語や人物造形にも活きていて、過剰なドラマチックさを排し淡々と進む物語、主人公シャロンが抱えるこれまで映画で描かれた事のない黒人社会で(いやきっとアメリカ社会全体から)浮く繊細さ、フアン・母親ら登場人物達の善悪を簡単に分けられない複雑な人物造形も魅力的。

何よりこの監督の役者から最上の芝居を引き出す手腕とキャスティングの選択眼が見事。時を経て役者が変わっても、あの眼はずっと変わらず、見た目は全く違うのに同じ人間にしか見えないシャロン3人の素晴らしさ。

映像面のこだわりも功を奏していて、時に大胆・時にどっしり腰を据えるカメラワークも、DIの段階で細やかに色味をいじったルックも素晴らしい。役者の肌を常に最適な具合で光を反射させる為に、全てのロケ地の気候・時間に合わせて肌に塗るオイルを調整したという逸話を聞いていたが、昼間の日光の下で今まで観たことのない光を宿した黒人達の肌を観てその狂気じみた努力に納得した。
m

mの感想・評価

-
面白かったはずなのにラスト寝てしまったのでとりあえずスコア無し
乾

乾の感想・評価

-
ちょっと分からなかったな。バードマンを観た時は自分が若すぎるからまた歳をとってから観ようと思ったけど、これは受動的ではダメなんだろうな。