ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 575ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

Nene

Neneの感想・評価

4.2
主題、ストーリー構成、カメラワーク全体的にとても気に入った。特に主人公3人の俳優さんたちの演技力。違う人物が1人の主人公を演じているのに、見事に調和。馴染むだけじゃなくてちゃんとその時期によっての表情の違いなんかも見事に表現していてただただすごいと感じた。あと個人的にナオミ・ハリスの演技力にも注目。
Little
Chiron
Black
の三部構成
LGBTではない自分でもとても切なくなるシーンが多かった。
Blueってのは要するに心が映し出されるってことなのかな?
Hicca

Hiccaの感想・評価

4.1
確かにいい映画だった。
でもLalalandを抜いてのアカデミー作品賞ということで期待値が上がりすぎてたのか。。。ちょっと不完全燃焼感が。

こういうエモーショナルな映画って邦画の方がうまく描けてる気がする....そして邦画の方がさらに引っ張られる気がする。なんだろう... 自分が日本で育ったからなのかな。。日本のコミュニティは良くも悪くも皆常識人で、スクリーンの中の出来事が明日にも我が身に起こるのではってくらい身近にありふれてて尚且つって感じだけど、北米人は普段からたまに自分の常識をはるかに超える行動をいきなりしたりするからやっぱりちょっと距離がある感じがする。同じクラス内の出来事か隣の学校での出来事かくらいの差だと思うけど。

そして昨今のディベートトピックを詰め込みすぎて、第3章で一部さらっと結に持ってったって感じで少し残念。

でもシャロンだけが過去に縛られ、踠いて、何かを求めている間、やっと自分を守るための鎧が完成した頃には、世の中は容赦なく彼を置いてきぼりにしていた感じとかは1、2章で観てるのが辛いくらいだったからこそ切なかった。
ところどころ救いがあって、だからこそ縛られてる感じも切なかったな。

主人公の3人は皆目ヂカラというか、無言の語りかけが凄くて良かった。

カメラワークとか選曲とかは素晴らしかった。

最後にアリさんの助演男優賞は文句なし👏第1章にしか登場していないにもかかわらず最後まで存在感を放っていたのが凄い。

一度は見るべき映画だと思います🎬
coral

coralの感想・評価

3.3
映画の撮影の仕方と映像はとても好き。

リアルな内容でした。
アメリカではドラッグとか、
同性愛とかかなりよくあること。
アメリカに住んでみて余計感じることはある。
リアルなアメリカをよく表現できてたと思う!

ただ、予想とはちょっと違う
内容で、ちょっとがっかりしてしまった。

でも、この、リアルさがあっての
アカデミー賞とかオスカー賞を
受賞出来たのだろうなとおもう。
『ムーンライト』映像も、音楽も、人の心も、とにかく美しい。作り手たちの心の美しさを感じずにはいられない。この作品のおかげで、映画は芸術たり得るのだということを信じられるようになった。素晴らしい映画。
Marlus

Marlusの感想・評価

3.7
今年のアカデミー賞受賞した映画、なかなか重たい映画でした。日本ではまで上映してないですけど、恐らく厳しいと思います。。。日本と真逆の映画で、人種の中の種類の区別の問題や、セクシュアリティの問題、家庭の問題、麻薬取引などを取り上げる映画で、結構皮肉なところもあります。
黒人しか出演してなかったような気がします!まさに黒人の世界でしたねー、ドナルドトランプが言うような(^^;
何かと比べられるようだけどララランドとは正反対のような映画。
歌でぐんぐんストーリーが進んでいくララランドに対してムーンライトは、会話がとてもリアル。演技もすごく生々しい。
テーマは重いけど、ショックバリューを狙ったりとか、お涙頂戴では全くなく、とても静かに繊細に時間は流れていく。
正直、人種やセクシャリティ、劣悪な家庭環境とか、自分のバックグラウンドと重ね合わさるところがないと入り込むのが難しいのではないかと思う。
ah

ahの感想・評価

-
これは、期待値が上がり過ぎて
いけない傾向
トークショーが勉強になってじわじわ来る
若干アカデミー狙ったテーマであることは否定できないが全力で狙いに行ったララランドよりまし
籠

籠の感想・評価

-
2017年99本目 新作外国映画34本目 0/85,400

一般試写@ユーロライブ

某社の試写は全く当たらなくなってW枠で当選したら某社がメインだった。
今月当たらなかったら某社は永久ログアウトします。
数年はお世話になりました。

最近の低予算の若手日本映画みたいな半径の狭い範囲内での話で白人がほとんど登場しない世界は「フルートベール駅で」ともちょっと違う。間が悪い人生を送っている人にはこの経緯を観ることで救われる。ジュークボックスの音楽含めてサントラは買いです。目を見張るカメラがあるが少々とっつき悪いのでこの作品に関しては予備知識を入れて観た方がよいかと。

アカデミー賞は「ラ・ラ・ランド」でないのならこっちとも思えず「ラ・ラ・ランド」圧勝でなければバラバラか?知名度が多少あるのはナオミ・ハリスだけだから日本での興収増にはハクが必要だが果たして?

以上のように2/26時点では観てすぐにそんなにピンとくるものではなかったと正直に記しておきます。

20170331
TOHOシネマズ新宿
フリーパスポート16本目

じわじわ込み上げるものはあるがスコアはまだ確定しない。

20170406
TOHOシネマズ日本橋
フリーパスポート18本目

確認したいところをまたしても欠落…
ひょっとして欠落していないのか?