ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 655ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

ムーンライト。良いタイトルですね。

イジメ、孤独、庇護者、友情、裏切、母子家庭‥。なければ良いが、どこの社会にも必ずある影の部分。これが黒人社会ということで際立つのかもしれないが、リアリティを持って迫ってくる。

主人公の少年シャロンは無口。だが、庇護者となるファンの優しさは、それを無理にこじ開けないで受容する。この無口さと周囲の人間が投げかける悪意や善意が、より感情を想像させて、登場人物の関係性を心に残す。彼がシャロンに話す昔話が、この映画のタイトルとラストを彩るのだが、それは観てのお楽しみということで。

面白い映画とは思うし、大写しの多い画面や構成も迫力あるが、黒人社会や麻薬、LGBTなど、自分との世界が違いすぎて、さすがに感情移入のハードルが高かった。これでも大分ソフトに作られているのだろうが、文化的、社会的バックボーンが違うので、やはり醒めて観てしまう。そうしたギャップもあり、個人的にはオスカー作品賞は「ラ・ラ・ランド」だったかな。

ファン役のマハーシャラ・アリは、4400に出てたパイロットだった人でしたね。こちらの助演男優賞は納得でした。
yumiko

yumikoの感想・評価

3.5
黒人、ゲイ、ドラッグ、家庭崩壊。過酷な運命を抱えた主人公が少年から大人になる過程を3部構成で。3人の主人公が秀逸。特に青年から成人への変化は、描かれない苦労が透けて見えるよう。マイノリティの辛い末路に射し込む光は闇を照らす月夜のように暗く優しい
sae

saeの感想・評価

3.8
間が良かった。

演技がみんな良かった。
助演男優賞獲得した彼は言わずもがな。

でも1番驚いたのはシャロンを演じた3人の俳優たち。
え?ご兄弟か何かですか⁇ってくらいめちゃくちゃ自然に同一人物として観れた。

顔が似てるとかってことより目の表情がずーっと変わらなくて。
同じ空気。

しかもちらりと制作秘話的な記事を読んだらこの3人の俳優をあえて顔を合わさせず打ち合わせもさせなかったとか…嘘でしょ?
それで何であんなにリンクするの…。

3人ともシャロンという人間に同じ感覚を持ったってことなのかなぁ…凄いなぁ。

個人的には青年期を演じた彼。
ガチムチなのにあの目の奥のゆらぎ。

ガチムチメンズの切ない恋に軽く赤面しながら観ることになろうとは夢にも思わなかったです。

そして最後までどうなるのかなって思いながら観ててあの終わり方か。

“ムーンライト”
月明かりは彼等を青く照らす希望の光。

色の使い方も綺麗でした。

ただの黒人少年の成長記ではないとてもとても深い映画でした。

リトル、シャロン、ブラックの3つに分けたことによって観てる側も区切りが明白で気持ちを切り替えやすい。全くの別人なのに口開けっ放しの癖とか俯き加減とか統一されていてすごい。

子供は外部から受ける影響の大きさをすごく敏感に感じ取り、それを受けて成長していくんだなと感じました。

出演者のほとんどが黒人っていうことがまた新鮮で、今の時代とてもタイムリーですね。

音楽、カメラワーク共に映像とマッチしてたし、不思議な感覚になります。あのカメラワークは時々画面酔いしそう…

アカデミー賞っていうのも納得です。

ただ、なぜかものすごく眠くて途中ウトウトしてしまった部分も…
ちゃんと起きてる時間にもう一回ちゃんと観たいです。
kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.9
「ムーンライト」
原題「Spotlight」
2017/3/31公開 アメリカ作品2017-38
2017年第89回 アカデミー賞作品賞

1人の主人公の人生が、幼少期、少年期、青年期の3つの時代で描かれる本作。演じている俳優はそれぞれアレックス・ヒバート、アシュトン・サンダース、トレバンテ・ローズという別々の人物ですが、同じ内面を持つ同じ1人の人物にしか見せないようあらゆる手を尽くして、同じ光をたたえた目を持つ3人を探し抜いただけあって一人の人間の成長と葛藤をほのかな明かりで暖かく照らすように見事に描ききっています。
ジェンキンス監督は、本作で鬼才ウォン・カーウァイ監督の「ブエノスアイレス」にオマージュをささげたと語っています。同作で印象的に使用された楽曲「ククルクク・パロマ」が「ムーンライト」でも重要シーンで流れており、明確な意図が感じ取られますね。
音楽、そして映像美とアカデミー三部門を獲得したのも納得ですね!!

マイアミを舞台に自分の居場所とアイデンティティを模索する少年の成長を、少年期、ティーンエイジャー期、成人期の3つの時代構成で描き、第89回アカデミー賞で作品賞ほか、脚色賞、助演男優賞の3部門を受賞したヒューマンドラマ。母親ポーラ役に「007」シリーズのナオミ・ハリス、麻薬ディーラーのフアン役にテレビドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」のマハーシャラ・アリ。プロデューサーとしてアカデミー賞受賞作「それでも夜は明ける」も手がけたブラッド・ピットが製作総指揮。本作が長編2作目となるバリー・ジェンキンスがメガホンをとった。
daichi

daichiの感想・評価

3.6
純愛もの(笑)
シャロン乙女すぎ!
シャロンの乙女描写はうまい。
ケヴィンが少し薄っぺらい。
r

rの感想・評価

3.6
誰が何をどんな風に愛そうが、その形は愛でしかない。それ故に難しく生きにくい。

私は人を簡単に、ふとするときに好きになることがあるけれどそれは本当に薄っぺらく一時的です。それ以外は無、もしくは本物の愛です。現代の人は簡単に友達でも恋人でも好きだのなんだって言いますが、それは基本自分では気がつかないほどの自分を守るための嘘なんです。人は人を愛しにくい。本当に愛せるのはほんの一握り。

それを主人公が表しているようでじんわり温かい気持ちになります。ただ、ストーリーの持っていき方がざっくりとしすぎでは?
うめ

うめの感想・評価

4.0
めちゃくちゃいい。
純愛だし、描かれてないことが多いぶん、想像することも多く、いちいち泣けてくる。特にブラックの章では彼のそれまでを想像しつつ、リトルを世話してくれた“育ての父”の人生すらも思わせたりして。この父息子の流れは切なくも好きなやつです。
どんなになっても中身はリトルの頃のシャロンのままだった。
MissY

MissYの感想・評価

5.0
今日の本命映画はコレ。主人公が色々あった後に故郷に戻るという点は、今日先に見た「グッバイエレジー」と共通しますが、いやー全然違った!(比べるのも何なんですが!)
音や音楽の使い方が素敵でした。最後どう終わるのかドキドキだったけど、心が救われた感じのラストにホッとしました。
アカデミー賞も納得!!
azrn

azrnの感想・評価

4.0
不思議な映画だった。視界が広がった感じがする。そしてブルーが綺麗だった。

帰り道、雨が降って地面が光っているのがなんだか特別に見えました。