ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 655ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

すったもんだでアカデミー賞最優秀作品賞になった一本
まぁ 昨年のスポットライトに通じるというか裏表になってますね
聖人=善人ではないという昨年がスポットライト
犯罪者=悪人ではないという今作ムーンライト
と 受賞も当然と感じます

ただ 人物描写が観客の善悪の価値観を考えさせられるので評価わは割れると思います
みきこ

みきこの感想・評価

3.7
印象に残った3つ
1.変わり過ぎ
2.それ外れるんだ
3.ここで終わるのか

ネグレクト、いじめ、性差別、麻薬といろんな問題がいっぱいだった。
青味がかった映像はとてもキレイで、題名とも相成り、穏やかな中でもいつ問題が起るのかとハラハラさせる雰囲気を出していたように感じた。

主人公のシャロンを少年〜成人まで3人の役者が演じていたのだが、みんな目がとても印象的で、台詞が少ないシャロンの心情を読み取るには充分だった。

映画を見た後に、もう一度ポスター見ると変わり過ぎのシャロンも、少年の頃と同じ目で変わってないなと思った。
b

bの感想・評価

-
主人公のドキュメンタリーを見てるようだけどちゃんと物語として成り立っている映画でした、間の取り方、色合い、芸術的映画とも思いました。
全体的には単調かもしれないけど終わり方に関してはスッとするような感じがします。
krn

krnの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます


わからんかった。
もっと読み取れるようになりたい、、、

ケヴィンとの邂逅?
アトランタで生まれ変わったシャロンと
地元で料理人してるケヴィン

ヤク中だった母親が売人の息子に1番愛が必要な時に与えてあげられなかったから、あなたは愛さなくていいけど私は愛してると伝えるところがいちばん記憶に残ってる

周りに流されるなよと最初にフアンが言って、最後に周りに流されたというケヴィンが出てくる。

普段自分が聞いてる洋楽でも邦楽と同様にファン層というものがあるのだろうと思った!

crushとdopeとcompton 見たくなった
sally

sallyの感想・評価

3.2
ま、毎度のようにアカデミー関連映画と相性が悪い私ですが、この「ムーンライト」には少々期待をしていたのですが、やはりその期待は裏切られました。
一体、アカデミー賞の基準ってなんだろうな・・・・
ま、つまらないと言う作品ではありませんが、しかし、本作品のメッセージとはなんだろうか、それも芸術性なんだろうか・・・
お話的には、主人公になる黒人の男の子が、小さい頃から成年になるまでのお話で、ある意味、それが淡々と進んでいくだけ・・・
また、本作品のカメラワークが好きになれず、見ていてイライラするかな・・・
まだ他の数本のノミネート作品を見ていないので、何とも言えませんが、一度、アカデミー賞の基準を知りたいな・・・
単館向けの作品と言ってもいいかな・・・
サカナ

サカナの感想・評価

3.0
ドキュメンタリーのような映画。役者の演技に魅かれるものはあったけれど。R15なのはなんでなのかな。テーマの問題?
夕夏

夕夏の感想・評価

3.0
日本人には少し遠い問題なのかも。
また違った形の愛についての物語って感じ
三日月

三日月の感想・評価

4.0
前情報の印象と違った。物語の起伏は無くて、静かに進むストーリー。
説明がないので、物語の解釈を色々調べる必要がありそうです。
なお

なおの感想・評価

3.7
いい映画には間違いない。

アカデミーを受賞しなければ、
見ていなかったかもしれない作品。
期待値も高かったが、予想以上に地味だった…

こういう低予算映画がアカデミーを取る事に夢はあるかもしれないが、
アカデミー作品として今後語られる作品になるのかどうか疑問。

余白や青色の使い方がとても印象に残る。
特に衝撃的な出来事も起こらないのだか、画面に惹きつけられる。それはやはり静けさの中にもある映像の力強さのおかげ、それこそまさに、この映画の持つ良さだと思う。黒人映画のわりには差別要素や暴力描写も少なく、私的に黒人映画のLGBT物は初めてだったので、新鮮でした。

でも正直…それだけだったなという印象。これなら、以前受賞した、それでも夜は明ける の方が今のところ、断然好みかな?
Kamsan

Kamsanの感想・評価

3.4
theアカデミー賞な映画でした。多様な世界があり、人間愛を感じた。ララランドはハッピーでちょっと哀しかった映画で、この映画は哀しくてちょっとハッピーは映画でした。