ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 753ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

こーき

こーきの感想・評価

3.3
情報量が少ないため、映画の中に気づいたら入り込んでいる。
主人公の情報はほとんどない。だんだんと明らかにはなってくるものの、最後まで完全には明らかにされない。そのことで映画の中に入り込む。自分たちも友人や知人のことをそこまで深くは知らない。その情報量はムーンライトの映画の情報量と変わらない。わかりにくい、というよりはより自分たちを映画の世界に近づけているのではないだろうか。


そして、シャロンの人生に大きく、深く関わってくる3人の人物の存在感。彼らを演じた3人の役者の演技力。深く心に突き刺さって抜けない。


シャロンの心情を言葉を使わずに説明する演出やカメラにも圧巻だった。音楽で、カメラでここまで心情を表現できるのかと思い、驚かされた。



シャロンは、母親の愛が必要な時に与えられず、他に愛を探した。愛はシャロンの中に満たされたようで満たされていない。大人になり、完全に生まれ変わったようだったが、幼少期の心の傷もなくなったのだろうか。
ケヴィンとのまっすぐで、純粋な愛の物語であり、ここまでまっすぐな愛に感心する。しかし、それだけではなく、人生そのものについて考えさせられるものだったのではないか。

私が読み取れたのはほんの一部であり、とてつもなく深い傑作だった。
カサ

カサの感想・評価

3.8
‪理由だったり切っ掛けだったり、ビジュアル的な解りやすさを一切やらない事で、「自然発生的な事で全然特別じゃないんだよな」と感じることができた。その解釈の仕方が正解かどうかは知らんけども。‬
erika

erikaの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

さすがはアカデミー賞受賞作品。カメラワークが他とは全然違った。特に前半。そして観る前から夜のシーンの映像が綺麗っていう噂を聞いてたけど本当に綺麗だった。バカっぽい言い方だけど「夜」とか「闇」っていう感じがとても伝わって来た。
ストーリーに関してはちょっと私には呑み込めなかったので評価は低めで…。いじめ、ジェンダー、ドラッグ、更生など色々な問題をありのままに映し出していて、私にとってはそのまま投げられた感じでした。もうすこし思慮深い人間だったら理解できたのかな。なんかいろいろモヤっと考えてしまいました。
2013年度のアカデミー作品賞受賞作品「それでも夜は明ける」を見た時と同じ感覚。
作品内で描かれるメッセージや内容が素晴らしいのは確かなんだけれども、アカデミー作品賞!という肩書きの似合う性格の作品かと言われるとちょっとうーんとはなる。
例えば、省略表現や実験的な作り(砕けた表現をすれば「変わった」作り)を持つ作品でもあるため、作品賞を取った名作というほど万人に開かれてはなくアート映画的なエッジの効いた作品というのが、個人的な印象。
別にダメだとかつまらないとかではなく、むしろ非常に質の高い素晴らしい映画ではあるのだが。

揺れ動くカメラワークや人物たちの顔のアップの多用は、主人公シャロンの圧迫感や緊張感に苛まれ逃げ場のない日々に対する辛い心情を表していたり、
色彩の鮮やかさや終盤での「音楽の歌詞」で全てを物語る処理などは、確かに素晴らしい点だと思った。

主人公シャロンがマイノリティであるがゆえに傷つけられてきた人生の果てに掴む「愛」と「赦し」の物語としては、(ここがさっきから言ってる通り)ドガジャーン!と感動させるようなカロリーのあるものではなく、終始淡々としたテンポを維持したまま終わっていく。
そのため、面食らったり戸惑う人も確かにいると思う。

しかし決して難解な作品ではないというのもポイント。
別にストーリー的にわかりづらい点は一つもないです。
ただ、全員がど直球で号泣メーン!となる作品でもないというのも確か。

僕自身はどうかというと、先述の通り映画としての質の高さには唸らされましたが、この淡々としたムードに「こんなものか」感がないわけではなかったです。
もう少し大人になって見返してみたらまた印象変わるかも。
momoco

momocoの感想・評価

-
言葉が少ない、突然の長回しとBGMなど不思議?な演出が多かった。
何回観ても理解できないところがありそうだけど何回も観たいような。
映画じゃないと成り立たない作品。
ky

kyの感想・評価

3.3
館内超満員。
さすがは、アカデミー賞作品賞。

素直な感想。
自分には、はまらなかった。

万人受けするような作品ではなく、一捻りある作品が選ばれるアカデミー賞(あくまで独断と偏見です)。
そう考えればLALALANDではなく、今作が受賞したのも納得。

ただ、今まで見たことのないカメラワークもチラホラ。
思わず見入ってしまうほど。

最近、満員の映画館で見る事が多いせいか、極限に落ち着いた状態で映画を見ていない。
自分の極度の人混み嫌いを再確認した……
観終わったあとにあのポスターの意味がわかった
終始暗かったけど余韻がある
KUBO

KUBOの感想・評価

3.8
今日はアカデミー賞作品賞受賞作「ムーンライト」を見てきました。

良い作品でした。ただ「アカデミー賞作品賞」って言われると、私だったら「LA LA LAND」にしていたな。やっぱり前年度のアカデミーが「Oscars So White」と呼ばれた反動だったんじゃないかと思わざるを得ない。いい作品だったんですけどね。

ドラッグ中毒の母親、学校でのいじめ、LGBTなどなど、ありとあらゆる問題が詰め込まれている作品だが、これらは原案のタレル・アルバン・マクレイニーと監督のバリー・ジェンキンスらの経験から書かれたらしい。だからリアルなのだ。

リトル→シャローン→ブラックと呼び方は変わるが同一人物の主人公を、小学生→高校生→大人の3人の俳優がリレー形式で演じる。この3人の「目」がいっしょなのに驚く。三章仕立ての構成で、章が変わるとドラゴンボールの悟空のように突然大きくなった姿で現れるのだが、全く違和感がない。助演男優賞を受賞したマハーシャラ・アリももちろん素晴らしいが、本作の成功はこの3人のキャスティングと彼らの演技によるところが大きいだろう。

私は昨年、たまたまこの作品の舞台になったフロリダとアトランタに行ったのだが、そこで(特にアトランタで)感じたことは、空港などでも体を使う仕事は全て黒人で、受付などは白人だということ。また電車に乗ってふと気づいたら、乗客が私たち以外全員黒人だったのにも驚いた。白人はみんな車なのだ。貧困には少なからず人種的な境界が存在する。

フアン役のマハーシャラ・アリが「この映画を、声の無い人に声を与える映画だと思っている。それに、保守派とリベラルの間にいる人たちに考える要素を与える映画かもしれない」と言っている。映画ファンはもちろん必見の作品です。
亮

亮の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

BL(?)の話。途中男同志でそーゆーシーンがあってキツかった。。。女性と見に行ったのはミス。。。つかれた。。。最近のわかりやすいというか、これを伝えたいってことを大きく出す映画に対してに淡々とストーリーを進めてた。ストーリーが淡々と進むのに対して内容は重く深く考えさせられる映画だった。ただ、あの恋愛感情はオレには理解出来なかった。
r

rの感想・評価

3.6

色とカメラワークがとても良かった。

3人の俳優さんも、素晴らしかった。

何て言えば分からない、自分の言葉では表せないモヤモヤ感。

外見を変えても、体を強くしても、結局は自分は何なのかを見つめてそこに素直になること、そして何にも流されず自分自身で生きる道を決めること
、その大切さを改めて感じた。

何度か観て、ゆっくり味わっていきたい。