アロハ君

女神の見えざる手のアロハ君のレビュー・感想・評価

女神の見えざる手(2016年製作の映画)
4.0
最後の最後まで緊張が続き、口の中がからからになってしまう。
だれることがない、久々の緊張だ。二転三転する話に振り回されそうだ。
そして最後に激震。ロビイストという、非情な仕事でどんどん敵も味方も切り捨てて行く。

銃の恐怖にさらされたググバサ=ローの対面する場所が
だだっ広い空港なのが、なかなかいい雰囲気を出している。

典型的な法廷劇にロビーストという要素が重なった二重に楽しめる映画だ。