サリー

女神の見えざる手のサリーのレビュー・感想・評価

女神の見えざる手(2016年製作の映画)
4.0
民間で政治活動をする”ロビイスト”。銃規制問題や民主政治の裏側に切り込む。主人公の猛烈な仕事ぶりも凄い。刺激的で見応えあり!!
説得力ある骨太なテーマとガツガツした温度の高い展開に終始圧倒され、終盤は痺れた。。彼女を突き動かすものを想像させられる。

”ロビイスト”による”ロビー活動”って…凄い業界。政治不信に陥りそうな話だったけど、本当、自分の1票はちゃんとした政治家に投じたい😅
ジェシカ・チャステインが熱演!ドラマはもちろん、やっぱり主人公のキャラクターは大事だな。