mei

女神の見えざる手のmeiのレビュー・感想・評価

女神の見えざる手(2016年製作の映画)
3.9
\ 孤高の天才戦略家 vs アメリカの銃社会 /

ロビー活動と言えば『ジャッジ!』のちくわCMと東京オリンピック招致!!

『ジャッジ!』とは、超ダサいちくわのCMを国際広告祭で入賞させるためにロビー活動に奔走するコメディ映画なんだけど、私はこれで【ロビー活動】を知りました!ありがとう、妻夫木聡!(←主演だった)

ちなみに【ロビー活動】とは、、
個人や団体が政治的影響を及ぼすことを目的として行う私的活動こと。

『ジャッジ!』風に説明すると、
ちくわCMに一票入れてもらうために審査員と仲良くなったり、裏でお互いに利益が出るように取引したり、ちくわの良さをプレゼンしたりすること。

東京オリンピック決定の時に「積極的な【ロビー活動】が招致成功への鍵となった」という報道を観て、あ…ロビー活動って悪いことじゃないんだと知りました。

↑それまでは勝つためには手段を選ばないことを裏でコソコソする【バレたらやばい活動】だと思った。

しかしロビー活動を職業としている【ロビイスト】の存在はこれで初めて知りました!よく考えればその道のスペシャリストがいるのも納得。政治家の心や世論を動かし、時にマスコミまで操作するらしい。すごいなロビイスト…。

でもジェシカ・チャステインみたいな美女がロビイストだなんてターゲットはみんな惑わされちゃいそう♡

っと思ってたんだけど、、
いやいや、ロビイストって…ロビー活動って真っ黒じゃないですか!!スローン怖っ!ジェシカ・チャステイン怖っ!!!(けど声は可愛いんだよね。)

そんな冷徹完璧人間の彼女にびびりつつも、焦りや脆さ、愚かさなど人間らしいもあるのでなんだか応援したくなっちゃいます。

スローンだけではなく彼女の部下も優秀な人達ばかりなので観ていて楽しかったです。そんな人達を率いるスローンってカッコよすぎる(*¨*)ポッ

アリソン・ピルの『ミッド・ナイト・イン・パリ』で演じた天真爛漫な小説家とは真逆なタイプのスローンの元右腕役も良かったです!マークストロングは本作でも魅力的な英国紳士でした♡

ただ、なぜここまでしてまで勝ちにこだわるのか。 という理由にはある意味ちょっと驚いたけど、最後の一言で一気に目の前が涙で霞みました。それはあかん…。そんなんあかん…。

単純に作品として面白いです。
もし今日友達に「TSUTAYA行くから最近のオススメ映画教えて?」と言われたらコレを薦めます。そして私も一緒にもう一度観ます!

週末に何観ようか迷っている人
社会派サスペンスを探してる人はぜひ(*ˊᵕˋ*)੭ ੈ♥︎




【学んだこと】
チャンスを掴むためには知らなくてもいいことなんて無い。チャンスの神様は待ってはくれない。切り札は最後に残しておく。