ゴン

女神の見えざる手のゴンのレビュー・感想・評価

女神の見えざる手(2016年製作の映画)
4.3
この映画を見るまでロビイストという職業を知らなかった。
あまり日本ではメジャーではないらしいが、アメリカなどでは割とあるらしい。
ロビー活動とは特定の主張を有する個人または団体が政府の政策に影響を及ぼすことを目的として行う私的な政治活動を表す。
定義を見るとよく理解できんがあの手この手で工作して選挙とかで勝つのをサポートする的な。
そして今回のテーマは銃規制についての法案で現代アメリカらしい話。
巨額資金だけでなく政界にも強い影響力を持つライフル協会との間で繰り広げられる票集めバトル。
主演のジェシカチャステインがめっちゃくちゃハマってて個人的に主演女優賞ノミネートされても良いレベルだと思う。
なりふり構わないビジネスパーソンぶりが凄まじい。ここまで徹底したキャリアウーマンはそう見れない。ナイトクローラーのジェイクギレンホールを少し思い出させたな。
また、効率的な仕事ぶりのせいか作品全体のテンポが非常に早く感じる。
作中名セリフ「先の展開を予見し、敵が切り札を使った時に自分のカードを切るのがロビイスト」が象徴するように優勢劣勢を繰り返しながら最終的には....といったところがとてもハラハラできるし大きな見所。

珍しくセンスある邦題だとも思うし内容が専門的すぎる以外は特に欠点が見当たらない。