女神の見えざる手の作品情報・感想・評価

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

なんとなくショーシャンク思い出した。
大分オススメ
nanaki

nanakiの感想・評価

-
これまた知識なく、それも仕事をしながら観てしまったので、観直す必要有り。
はる

はるの感想・評価

3.8
最初は理解するのが大変だった。
ラストは凄かった。
まさかの展開。
天狗

天狗の感想・評価

4.0
序盤はロビー活動って何ぞや?から始まり、最後でピンチかと思いきやどんでん返し。全て主人公の巧みな戦略によって成り立った映画。この映画凄い。確かに聞き慣れない用語で序盤は理解出来ない部分もあるが、中盤から一気に楽しくなるから是非観てください!
いわし

いわしの感想・評価

4.5
最初と最後の繋がりはやっぱり凄い力を持つ

スローンの常に自信に満ち溢れた言動は観ていてスカッとするし、時折見せる弱さは彼女の芯の強さをより引き立てている
先を予見し、何を犠牲にし、最大の武器にするか
彼女の勝利への執着が生み出す物に勝てる者はいないだろうと思う

もっと早く観ればよかったと思う作品
堀の字

堀の字の感想・評価

3.3
■総合評価■
33/50

【好み点】7/15
◇好み◇------◆7/15

【評価点】26/35
◇企画◇------◆4/5
◇テ-マ◇----◆4/5
◇構成◇------◆3/5
◇脚本◇------◆4/5
◇演技◇------◆4/5
◇音楽◇------◆4/5
◇技術◇------◆3/5
磔刑

磔刑の感想・評価

3.2
「社会を変えるのは信念ではなく金」

ロビー活動自体は興味のある題材なんだけど、何か自分の期待してたのと違った。

法案を通すために飴と鞭を使って自分達にとって有利な方向に支持させるとか、それに巨額の金がかかるとか、圧力をかける為なら個人攻撃を厭わないとか。大体「多分ロビー活動ってこんなんじゃね?」と予想する記号的やり取りの範疇を出ないので教養を深めにくい。それに意外性も乏しく、全然ドラマティックじゃないので物語として盛り上がりに欠けてる点が映画の魅力不足に繋がっている。

職人気質の人物像は嫌いではないが、扱い方を間違えれば人間性が欠如した人物に見えかねない。そしてエリザベス(ジェシカ・チャステイン)の不自然なまでのストイックさはそれに当てはまる。勝負の行方も人が増えた、減ったの数字で表されるだけでドラマを更に淡白にしてしまっている。
『スポットライト』の時に感じた人間ドラマの希薄さに拍車をかけた超絶ドライな作品で、作業の工程を淡々と見せられてるだけで、多少なりとも人間ドラマを期待した者としては物足りないように感じた。

銃規制の無有やロビー活動のあれこれもいつのまにか法廷でのワチャワチャ変わってて、題材の軸がブレてる様に感じた。オープニングから「オチ用意してまっせー」感ぷんぷんに匂わせてたけど、結局ロビー活動がどうのこうのじゃなくて、ドンデン返しからのドヤ顔がやりたかっただけなんだなと感じた。
つーかリモートで操作するゴキブリって念能力かよ。冨樫仕事しろ。
>|