女神の見えざる手の作品情報・感想・評価

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

4.1

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

みん

みんの感想・評価

3.8
面白い!爽快!カッコいい……カリスマロビイストの裏の裏の裏をかく巧妙なやり口が圧巻

仲間さえも欺く鉄壁の女性スローンが孤独と戦うシーンはグッと来ました

スローンの心の闇に詳しく触れていなかったのは続編の可能性として期待したい!
最後の15分がべらぼーに面白ければそれで許されるんでしょうか…。
それがサスペンスもの、どんでん返しものの限界なのではないかと思いました。
一度結末を知ってしまったら、わざわざ2回目見たいと思わない。

最後のどんでんの面白さはいいとして、それまでの話の内容でもっと主人公の葛藤とか挫折とか成長を描いてほしかった。(男娼に「やっぱりできない!」って、悩んでる場面はちょっとだけありましたが)

その場で瞬間的にスカッとしたり変に後を引きずらない映画っていうのもいいのかもしれないですが、一度見たら終わりの使い捨てのトイレットペーパー映画より、見れば見るほど味の出るスルメ映画のほうが好みかも。もちろん世の中にはトイレットペーパーも必要ですが。

みんながみんな、いい!ってレビューなので気が引けますけど、そう思っちゃったんだから仕方ない。
shima56

shima56の感想・評価

3.8
@TOHOシネマズみゆき座 17.12.14
17'劇場鑑賞68本目
フミ

フミの感想・評価

4.1
セリフ回しが早い早い、早い!とにかく早い。
初めの30分は馴染みのない単語が多いのもあって字幕を視覚で捉えるのに必死!

スローンの仕事の仕方は完全に男性的で、あれだけ頭回れば、心配ごとだらけで寝てる場合じゃないっ、となるよなあ。と思ったり。
一生懸命、自分で決めた使命を全うしてるけど、なんだか切なくて。

熱心なロビー活動やスローンの生き方がアメリカらしく、とても面白かった。

ひとつ悔しいのは、自身の知識不足、頭の回転不足により、意味がとれないセリフがいくつかあったことでしょうか。
きよこ

きよこの感想・評価

4.8
みなさーん。これ、あんまり情報は入れないで必ず観て!

あーー( ☆∀☆)めっちゃ面白かったよ\(^o^)/かなり興奮してます。。。

いや…実はロビイストも知らなかったけどね。見る前に調べたレベル。

そう。天才ロビイストのスローン。かっこいいーー!敵味方構わず容赦なく毒を放つ。ピンヒールに真っ赤な口紅。主役は女で正解だった。その答えが映画の中にたっぷりちりばめられている。

そして、この脚本最高!伏線たんまり。132分なんてあっという間。全く無駄がない。隙がない。あの早口な傑作映画『シンゴジラ』好きには絶対オススメ(笑)


スピーディーな頭脳戦だから台詞を追うのに必死(^^ゞでも楽しい!頭フル回転よ。余計な解説がないから見終わって色々と想像するのもまた良し。

はい!もう一回観たいレベル。音楽が好みだと書いている人もいるけど、集中し過ぎて全く覚えていない(笑)英語に長けていたら…細かい表情とか観れたはず( ̄∇ ̄*)ゞ

と、稚拙に妄想しています。
ロビイストとは、特定の団体のために政党や議員に働きかけて、政治的決定に影響を与える団体。
その業界で恐れられる女性、一目置かれている女神がスローン、連戦連勝で貪欲。
勝利、正義、善、言葉としての意味は辞書を引けばわかるが、誰にも定義出来ず、その時の状況、空気で変わりうる、まあそして大抵は人の為を第一とする。
しかし、スローンのそれは請け負った仕事であり、勝つことに全て依る。冷酷にもみえるが、プロフェッショナルとも言える、彼女のあらゆる振舞いは全て勝利のために費やさられる、それ以上でもそれ以下でもない。
べに

べにの感想・評価

4.2
テンポも早く、どこまでが仲間でどこまでが策で全く分からない。ミステリーのようでした。面白かった!
細かい事はともかくスピード感があり面白い!
銃社会アメリカ。銃乱射事件が起きるたびに議論される銃規制法案だが、全米ライフル協会はこれを許さない。会員数400万人に登るこの協会の力(金)には誰も敵わないのだ。アメリカの大統領になるためにはまず始めにこのライフル協会に銃規制法案に反対する意思を示さなければいけない。じゃないと選挙に勝てないから笑。そんな大きな力に挑むのが今回の主人公エリザベス・スローン。知的でクレイジーな強く美しい女性。

映画の感想
つくづく英語という言語はスピーチや議論に向いているなと感じた。日本語ではここまで言葉に力を載せることができないのではないか(もちろん、他の点で優れているのは承知)。しかし、筆者は英語ができない。置いていかれないように必死に字幕を追った。それでも伝わる巧みな言葉の掛け合い、裏の取り合い。人を動かすテクニックと策略に終始息を飲んだ。息つく暇のない展開に登場人物だけでなく、観客もラストまで主人公の手腕に翻弄される。


手段は問わない。目的は勝利の二文字、それだけ。切り札を先に出すな、相手が出すまで取っておけ。

最高だぜ。
>|