女神の見えざる手の作品情報・感想・評価

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

YUーCHI

YUーCHIの感想・評価

4.0
派手なアクションなどないが白熱する会話はそれに匹敵する迫力だった。
少し難しい内容の会話はついていくのがやっとな部分もあるがそれも良い緊張感で作品を盛り上げてる。
ただただ主人公の強さに驚いた。
敵にはしたくないとつくづく思った。
saito

saitoの感想・評価

2.0
なんかまくし立てた感あったけど退屈で仕方なかった。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.9
終始どっち?どうなる?最後は?という思いの連続でした。主人公の本当がどこにあるのか、終わった後まで考えた映画でした。
Kaitojj

Kaitojjの感想・評価

4.1
ジェシカチャステインに脱帽。
未来翔

未来翔の感想・評価

4.0
アメリカ合衆国において銃の規制強化に賛成派と反対派が互いに票集めるために作戦を立てて戦うシーンにすごい引き込まれたし、よく考えられた構成で面白かった。
ただ、一部展開の予想が当たってしまってオチの驚きが半減されてしまった。
o

oの感想・評価

3.6
仕掛けあいみたいなのが好きな人も楽しめるだろうし、興味深い世界だから観る価値あり。

このレビューはネタバレを含みます

2017年一番見たかった映画!
一人のキャリアウーマンの戦いを描いた作品

いやー最高に面白かった
こういう心理的な戦い系の作品はやっぱり好きやな
特に主人公が少し悪い感じの作品
スローンの策略が凄すぎる
観ながら考えていたけどジェーンの存在が鍵になるかなと最初は
でも途中から全然違うこと考えていて最後にはやっぱりかと!
全く予想にしない事がありながら当たり前の事を出すタイミングに重要性が感じた
切り札を出すタイミング!
ぽち

ぽちの感想・評価

3.4
ラストの一発が実に気持ちよく決まってスカッとする作品。
政治サスペンスかと思ったらエンターテイメントしていて小難しい事も無く楽しめる。

信じていたよ!と言いたくなるめがね娘のアリソン・ピルや娼夫のくせに男らしいジェイク・レイシー、狼狽演技が素晴らしいジョン・リスゴーなど脇キャラが光っていた。

ただ主役のキャラがストレートすぎて個人的に苦手。
こんなハイテンションな女が近くにいたら逃げ出したくなる。このキャラをもう一ひねり出来たらもっと感情移入できたのに残念。

邦題どおり主役の神のような先読みの凄さがまるでファンタジーなのだが、リアリティほっといてスーパーウーマンぶりを楽しむ作品だろう。
ks

ksの感想・評価

3.0
最後のどんでん返しが面白かったけど、話が難しかった。ネットで調べてやっと理解できた。所々に伏線張ってるから2回見ても楽しめると思う。
NaPi

NaPiの感想・評価

3.4
最後のどんでん返しに利用した会話を録音していることは読めたが、最初から全てが計画通りだったとは…
勝つための策略と先見性には敵わない。

しかし人としては、全く好まれなそう。
ジェシカ・チャスティンが美しく、スタイリッシュなファッションが目を引きます。

議場で嘘をついてまで守ってくれたフォードのその後が気になる…
>|