女神の見えざる手の作品情報・感想・評価

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

YUCHI

YUCHIの感想・評価

4.0
派手なアクションなどないが白熱する会話はそれに匹敵する迫力だった。
少し難しい内容の会話はついていくのがやっとな部分もあるがそれも良い緊張感で作品を盛り上げてる。
ただただ主人公の強さに驚いた。
敵にはしたくないとつくづく思った。
げじお

げじおの感想・評価

4.0
世の中にはまだまだ知らない職業が存在している。
J

Jの感想・評価

4.1
後ほど。
せな

せなの感想・評価

4.0
話がむじいけど引き込まれるおもろい
スムーズ過ぎて、なんだか。
最近こういった権力や富や名声を操作したり翻弄したりする内容がバカバカしく思えてしまう。
かつふ

かつふの感想・評価

3.7
予測できない展開と衝撃的なラスト10分というコメントほどでは無いなと思った。

ロビイストっていう職業を知れたいい機会。

全体として話は難しかったけど、分かりやすく、結構ドキドキする展開もあったりなかったり。

主人公はロビーに人生を捧げる生き様はかっこよく、敵にしてやったりの場面は爽快感があり、スカッとした。

主人公のプライベートも描かれてて、なんだか悲しいかな、仕事に人生捧げるのはいいけどこんな虚しいのは嫌だなって思う。
yummy

yummyの感想・評価

3.3
最初から最後まで格好良い女性。
ラスト、どんでん返しに天晴。
Gatt

Gattの感想・評価

4.1
実に面白い!
鑑賞前は、難しいかなという印象もありましたが、全くそんなことはなく、銃規制法反対派か賛成派かという事だけに焦点を絞っているので、非常にわかり易かった。

ジェシカ・チャスティンが格好いい!彼女の過去はほとんど謎めいてる。でも何でこういう人なのか、観て行く中で、それが興味を掻き立てられたまま、グッと惹きつけられていくのが、この映画の肝なんでしょうね。原題は本人の名前だし。
正直、引き続き連作などで活躍して欲しい人物像なんだけど、過去がわかったら、この緊張感がなくなっちゃうのかもなー(笑)
YuyaAraKi

YuyaAraKiの感想・評価

3.6
かっこよすぎやろ…。
最後鳥肌たったで…
Lily

Lilyの感想・評価

4.0
ファッション目当てで見たんやけど、会話が多く、話もサクサク進んでいく。
ロビイストというのを知らずに観てちんぷんかんぷんやったから途中で止めて調べたよね。そんな職業があるのねー!

オチは読めちゃいましたが、エリザベスが何故あそこまで仕事熱心なのか、銃規制に賛成なのかが最後までよくわからなかった。
とりあえず眠ろうよ。

うちも銃規制に賛成やけどたくさんの闇が隠れてるんだなって。
でもやっぱり銃規制にしようよ。
>|