女神の見えざる手の作品情報・感想・評価

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

4.1

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

YUCHI

YUCHIの感想・評価

4.0
派手なアクションなどないが白熱する会話はそれに匹敵する迫力だった。
少し難しい内容の会話はついていくのがやっとな部分もあるがそれも良い緊張感で作品を盛り上げてる。
ただただ主人公の強さに驚いた。
敵にはしたくないとつくづく思った。
はるき

はるきの感想・評価

3.6
薬を飲み続けながら、嫌われ者になりながら、自分を傷つけながら、スローンがなぜそこまでして勝つことに執着するのか、彼女を突き動かす動機が分からなかったー。
脚本は面白かったけど、ストーリーが読めてしまって不完全燃焼でした。
でも、へたなスパイものよりリアルでいい。
とても良く出来ている面白い映画だった。
ロビイストという日本では少し縁遠い職業である主人公が銃規制の法案を可決するために奔走する今作。
法案可決にプラスになりそうなものは、仲間だろうが利用できる物は全て利用するという姿勢で勝利を勝ち取ろうとする姿勢は凄いとしか言い様がない。
自分の周りには、絶対いてほしくないような人ではあるが、世の中を変えて行くにはこのような人がいなければ、変えられないのかもと感じた。
ほぼ自身の弱い部分を見せることは無いが、弱さを見せる部分も描かれていて、人間らしい部分も描かれているが、やや完璧人間すぎるようにも感じた。
もう一度見返してみたくなる映画だった。
皆さん高評価のとおり、おもしれ〜♫

原題が「ミス・スローン」であるとおり、ジェシカ・チャスティン様様の作品。テーマは社会派だけど、キアヌ・リーヴスの「ジョン・ウィック」とかと同じですね、まごうことなき(ダーク)ヒーローもの。ヒロインだけど。

ジェシカ・チャスティンは銃を規制する側で戦いつつも、その戦い方は手段を選ばない。いわば「正義を執行する悪魔」と言えばよいのか。それはある意味、「銃があるから正義を守れるんだぞ⁈」と理由づけをしている銃支持派と同類ではないのか…?

…みたいに考えてたけど、ジェシカ・チャスティンはめっちゃ好きなのに最近は平野ノラの上位互換にしか見えなくて、いかんなオイラ疲れてるのかな…(OKバブリー♡)
DD

DDの感想・評価

4.5
年も明けたばかりだと言うのに、早くも本年度最高と言っても過言ではないほどの、社会派サスペンス映画でした❗
兎に角、観客の期待を裏切らない脚本に脱帽。主演のジェシカチャンスティンは今までそこまで興味はなかったが、本作品でマイフェイバリットアクトレスの一員に、マークストロングの心地よい声も堪りません(笑)
サスペンスが好きな人は兎に角観てください。観れば分かります✨
予習した方がいいかなと思ったが心配無用だった。登場人物を通して、それとなく解説や捕捉がされるから分かりやすい。

俯瞰して先読みするもよし、同僚目線でただ目の前の展開を見るだけもよし、色々な楽しみ方ができそう。
Satoko

Satokoの感想・評価

-
@ココマルシアター
すな

すなの感想・評価

3.8
頭フル回転しながら観てた
女がお金払ってナイスガイとえっちするの素敵
もう一回観たい!!
情報量多かったよ。それはそうとかなり面白かった。
>|