女神の見えざる手の作品情報・感想・評価

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

YUCHI

YUCHIの感想・評価

4.0
派手なアクションなどないが白熱する会話はそれに匹敵する迫力だった。
少し難しい内容の会話はついていくのがやっとな部分もあるがそれも良い緊張感で作品を盛り上げてる。
ただただ主人公の強さに驚いた。
敵にはしたくないとつくづく思った。
最後まで見て面白かった
口論中心だけど目が離せなくて
予想以上に楽しめたスカッとした
米澤

米澤の感想・評価

3.8
やっぱり女より男の方が脇は甘いと痛感する映画
irina

irinaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ロビイストなんて職業、初めて知った。
人の影響力ってすごいなぁ。

こういう人がいるということは、いい社会を作りたくて政治をするのか、勝つために政治をするのか、大切な部分がどんどん隠れてきて、なんだか訳わかんなくなりそうだなぁ、と、少し嫌な気持ちになりました。
とは言っても、どんでん返しはスマートで鮮やかだったし、とたも面白かったです。

仕事ができてあんなに威張ってる(いい意味で)んだから、男も自分でなんとかしろよ、と、正直思いましたが。
Barolo

Baroloの感想・評価

3.2
むおーん、残念。ワタクソ、決して、勘の良い方ではござらぬ。むしろ、鈍い方かも。女子の気持ちなんて、てーんで、1ミリも分かりまぺん。だから、未だにVirginでモテないんですなー、むほほー。でも、でもでもでも!!この作品は何故か奇跡的に序盤から、ネタが分かってしまったのですー( ・᷄ὢ・᷅ )なんでだー:(;゙゚'ω゚'):

大昔、厨房の頃に、1920年〜1930年代の探偵小説黄金期の推理小説にはまり、読みまくったことがありました。近所に住んでた伯父がそういう小説のファンで蔵書にたくさんあったこともあって、エラリー・クイーン、ディクスン・カー(=カーター・ディクスン)、アガサ・クリスティ、S.S.バンダインなんかの長編は全部読みまくった覚えがあります。筋なんて全然覚えてないんだけど、何故かトリックとかは、まだ鮮明に頭に残ってたりするんですわ。

そうすると、最近のトリック凄いと言われるのをたまに読んでも、あんまり感心しなくなっちゃうんですね。ワクチンで抗体が出来た、みたいな。それと同じ原理なのか、映画もどんでん返しもの何本も観てると、中々騙されにくくなってきますよねー。これなんか、最初から、絶対騙されないぞ、かかってこいや、うるぁ!!気分で観てたので尚更でした。

でも、テンポよく進んでいくし、とてもいいとは思ったんですが、これ、単なるどんでん返しだけなんでしょうか?主人公の生い立ちとかは分からんし、何故、彼女がそこまで勝ちにこだわるかも、よく分からないままだったし、なんか観終わって、うももももーん、な感じだったんですよねー(今日はいつにもまして、ボキャブラリー低いわー)

シンプルに楽しめばいいんでしょうけど、最近観た映画が割と面白過ぎたのも、比較対象として損だったのかも・・・。
toriton

toritonの感想・評価

3.0
救いがなかったかな、と。最後に彼女なりの正義を貫くけど、オンナの男社会での手を抜かないやりきりの最後は、やっぱりこうなるよね。。映画なだけに、もう少し情緒が全体に欲しかったかな、と思う。
シチュエーション的に感情移入できそうな話なのに、なかなかできずでした。残念。
mami

mamiの感想・評価

3.8
面白かった!
linyows

linyowsの感想・評価

-
最後までどうなるか読めなかった。天才と頭のおかしい人間は紙一重と言うが、頭のおかしい描写は精神的疾患を想像せざるを得なかった。勝利に取り憑かれた勝利のプロフェッショナルが、時折見せる死んだ魚の目は、彼女の見た目の美しさと反して、どんどんスクリーンに没入していく。緻密なストーリーと迫真の演技が、ありきたりの映画を面白くしている
MAL

MALの感想・評価

5.0
ロビイストがどんなことをしているのかこの作品で知ったけど、とても面白かった。
自分をあれだけ犠牲にしてまで勝とうとする主人公の根性と精神力、佇まいも話し方もなにもかもがかっこよすぎました。ジェシカチャステイン大好きになりました。まさかすぎるラストは鳥肌立ちまくりで...最初からそこまで考えていただと、、?嘘だ、、凄すぎる、、、って感じでした。笑
とにかく素晴らしかったです。
さばつ

さばつの感想・評価

4.8
勝ちに取り憑かれたロビイストの女神。
敵を欺き味方も欺き
彼女の作戦は誰にも明かさない。

二転も三転もするストーリーに
気づけば夢中。
130分あっという間だった。

止まらない展開に
何度も置いてかれて
その度内容整理して
せわしなかった笑笑

それでも面白い。
巧妙で読めない展開。
はぁこういうの求めてたよわし。
>|