女神の見えざる手の作品情報・感想・評価

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

4.7
ロビイストっていうお仕事を最初知らなくて、どういうこと??ってなったけどだんだん話に入り込めた。

いや、これはすごい作品。
もちろん、今のこの時代だから観て欲しい作品でもある。
終盤の流れは秀逸!
そして、ジェシカ・チャスティンの演技の素晴らしさ、美しさ。
赤リップと、ピンヒールかっけぇ♡

このレビューはネタバレを含みます

これまた謎の邦題。
原題「MISS SLOANE」は主演ジェシカ・チャステインの役名。
真っ赤な口紅に折れそうなほどに鋭利なピンピール。細身の体をブランドスーツに収めるMsスローンの職業はロビィスト。「ロビー活動」って最近よく聞くけど、どれだけ切った張ったの世界なんでしょう。

元は大手ロビィ団体に所属していたが、そこが銃規制反対派のたぬきおやじらと組むことになったのでスローンは部下数人を引き連れて銃規制法案を通そうと奮闘する小規模なロビィ会社に移る。スローンをスカウトしたのがマーク・ストロング演じるシュミット氏なんだけど、この脇で悠然と見守ったり主人公の無鉄砲さに振り回されたりする役が似合います。マーリンか。

そのほかの脇をつとめる銃規制反対派=銃所持擁護派(圧倒的に金がある)の面々が、絵に描いたようなたぬきおやじヅラで…。学校での銃乱射事件の犠牲者の母たちを「銃を持て・こどもを守ろう」という宣伝活動の顔にしたりとか。…いやほんとに感情や道義を交えれば、まったくもってありえないことなんだけど。現実的に、いまだにこの法案はどうにも落ち着きどころがなく、それをスローン側が「正義の鉄鎚」と下せないのは重々承知のうえなんだけど、どっちも汚いこと後ろ暗いこと、法律ギリギリなことをものともしない「ロビィ活動」というお仕事の世界を垣間見たような気がします。

「007ごっこ」とはよく言ったものです。盗聴、間諜、潜入など、まるでスパイ映画のような設定。現実世界にこんなにあるものなの(わくわく)?!?!

チャステインねえさん大熱演。ちょっと前ならジョディ・フォスターあたりがやった役ではないでしょうか。男勝り、というか「男そのもの」というか、…いやそれも違うな、なぜか性別を感じさせない精神的にマッチョなMs.スローン。機械のような力強さをの一方で、いかにも脆く人間くさい面も感じさせる複雑な役でした。平常は薬の力を借りて眠らないようにし「エスコートサービス」を雇って性欲もコントロールする徹底ぶり(無駄に流されることないようになのかな?)

たぬきおやじたちが女性の存在、ひいては銃の被害者の存在を舐めてた冒頭があったからこそ、そのあとスローンをはじめ、いろんな女の強さしたたかさでばっさばっさ斬る後半が痛快。Msスローンの存在が強烈だけど、Msスローンを取り巻く脇の女性たちにも注目して見たい。あまり多くを書くとネタバレになる。法廷劇をはじめ、議員の票取り合戦のセリフや丁々発止の応酬で、集中が途切れそうになるけども、結末まで知らずに見たほうがラストに向けての高揚感、痛快度が増します。いや面白かったな。

ところで刑期を終えて出所したスローンを迎えでたのは誰だったのでしょうね。
嵐のような結末からのエンドロール、そしてその時の彼女の表情で、こちらもフッと肩の力が抜けた気がしました。
biblos

biblosの感想・評価

4.0
ちょっといじり過ぎちゃった感じがあるかも。
結局なんだかわからない伏線も多いし。
がく

がくの感想・評価

3.8
難しい…!けど、よくできている!
NAZUKIKAI

NAZUKIKAIの感想・評価

4.1
かっこよすぎ。

ジェシカ・チャスティンの演技然り、このスピード感にのまれる。
ここまで先を読んでいたのか…まさに激震!
ロビイストも票取り合戦も銃問題も全てがアメリカ的というか象徴そのもの。
そんな世界で彼女をここまで突き動かしたのは何なのか?
なかなか面白かったな。
emi

emiの感想・評価

1.7

長い。主人公がずーーっと喋ってる感じ。
また今度集中してみる。多分。
しこね

しこねの感想・評価

4.0
記録。かなり面白かった。演技が良かった。
natsuko

natsukoの感想・評価

-
2018/06/24DVD
拗らせ系が権力持ったらこうなるの例
>|