女神の見えざる手の作品情報・感想・評価

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

セロリ

セロリの感想・評価

4.5
私が大好きなスパイ映画よりも刺激的な社会派映画。真っ赤なルージュとフォーマルな服で闘うジェシカ・チャステインがカッコ良すぎる。思わずそのヒールで踏んでくれと身を差し出す。久しぶりに目を見開かせてセリフを追わないといけない映画を観て集中できた。
人情派上司ではないけど合理的で仕事のできる彼女について行きたくなる部下もいる。ロビイストという職業について初めて知ったけど目が覚めたよね。スローン役としてジェシカが着る服もキャリアウーマンとして武装されている。
エスコートの彼が人らしさを見せるの良かった。5年の刑期を受けてまで証拠を提示した彼女、勝つという能力を見せたのとせめての罰として受けたのかも知れない。
「半沢直樹」以来、久々にスカッとしたー!(≧∀≦)
anya

anyaの感想・評価

4.3
銃規制強化法案を担当するロビイストのミススローンが主人公。専門用語が飛び交う知的レベルの高度な会話劇に少し疲れながらも、初めから最後まで練られた脚本に引き込まれた。結末には鳥肌がたつ。何度も観たくなる作品。
アーロソーキン風の脚本で面白かったけど
ちょっとスッキリしないのは
あからさまに創作の部分が杜撰な作りだったからだろう
ゴキブリはどうにかならなかったのだろうか
Haruki

Harukiの感想・評価

4.7
冷酷で大胆な手を使うスローンというキャラクターがまずこの作品を魅力的にしている。
今までにない新たなヒーロー像を作り出している。

ストーリーも、ロビイストという仕事にスポットを当て、読み合いや騙し合いの畳み掛けで飽きさせない。
先の読めない展開で鑑賞者まで騙し、最後まで楽しめる。

ジェシカ・チャステインの演技は見事。
maki

makiの感想・評価

3.8
ロビイストとは?
圧力団体の利益を政治に反映させるために、政党・議員・官僚などに働きかけることを専門とする人々。

米国議会のロビーなどで議員と話し合うという慣行からできた

らしいっす。

この初めて聞いたロビイストという職業

いやぁ面白かった!!!
ずーっと気になってた作品で
予備知識なく観て正解でした。

最初から伏線が地理ばまれており
最後にキレイに回収されるオチは
おぉーと胸が高鳴りました!!
切り札にやられたー!

美しくかっこよく頭が誰よりもキレて
感情に振り回されないスローン

勝つために一歩先を行く
その行動に常人には理解できない
倫理観の欠如に傷つく人もいるけど

アメリカの銃社会と腐敗した政治の前では
甘えや情け容赦なんてしてられない

世の中を変える力、正しさと信念
興奮冷めやらぬ面白い映画を観れました!
カッコいい!
jaysword

jayswordの感想・評価

3.7
記録
(2018/10/22)
sora

soraの感想・評価

3.9
前半は早口で専門用語がたくさん出てきたので頭が追いつくのに時間がかかった。
ロビイストという職業自体初めて知りこういう仕事が会社として成り立っているのがすごいと感じた
あそこまでする執念が凄まじかったし、主人公の背景について多くは語られてなかったけど何故ああまでなったのか気になった。
ラストは本当にスカッと!!
まろん

まろんの感想・評価

4.0
ニュースルームを見てる気分になったりもする。
>|