女神の見えざる手の作品情報・感想・評価・動画配信

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

ワーカーホリックであり、凄腕のロビイストの
“エリザベス・スローン”(ジェシカ・チェステイン)は、自分が務めている会社が銃規制法案反対派の要請を受け、その担当としてエリザベスが
任命されたのだが、その要請を断り
銃規制法案賛成派の会社に仲間を連れて移籍。
実際、賛成派は不利な状況にあるため
まだ賛成、反対を決めかねている議員を
賛成派にすべくあるとあらゆる手段を使い
議員達を説得させる工作が行われる。。


冒頭部分は正直、政治用語だったりと
難しい言葉が飛び交い
「この映画、最後まで見れるのか?笑」と
凄く不安になりました。
ただ自分でもよくわからないんですけど、
気がついたら夢中になって見ていて
そしてエンディングを迎えていた作品です。
本当、時間を忘れて見ていた映画です。

自分が勝つためにはどんな手段を選ばない
エリザベスの姿は冷たい部分がある様に
感じられるのですが、自分の中での
芯をしっかりと持って行動している人間であり
その姿は素直にかっこよかったです。
ラストシーンの聴聞会での結末は、
めちゃくちゃシビレたのを覚えています。

またちゃんと勉強した後に、もう一度
この映画を見たら、違った楽しみ方が
出来るんじゃないかと感じました。
とても良い作品に巡り会えました!!!
salwa

salwaの感想・評価

5.0
2020年1月21日。
ジョーカーが流行った頃、「レイプされた憎しみから奇行に走る女版ジョーカーが見たい!」という、女性によるツイートを見てから、わたしは「女ってフィクションでさえも虐げられなきゃめちゃくちゃなことしちゃいけねぇのか。世知辛ぇー(笑)」と思っていたんだけど、そのもやもやを打破してくれた作品。

しかもスローンは、ただめちゃくちゃなことをするだけじゃない。
めちゃくちゃな手法で「正義」を勝ち取る。
彼女は別に銃で誰かを亡くした訳でもない。ただ勝ちたい。それだけが彼女を突き動かしている。
勝利のために恋愛もしない。
ただ性欲を満たすためだけにセックスをするだけ。

最高です。

ジェシカチャスティン、芯のある強い女性の役がすごいハマってる。
大人べバリー(IT)も良かった。
とりあえず記録
本当

本当の感想・評価

4.0
よかったとしかいえないな
Ringabell

Ringabellの感想・評価

3.9
見応えあった…!
残り15分でのメガンテ炸裂。

目的達成のために身を削ぎ合うような人間関係。
そして最後に和解してハグ…とかしないところが非常によい。

厳しい眼差しの一瞥。
あえて合わせない視線。
一度も振り返らずに去る姿。

そういうことで表現される心のつながりもあるんだな。
俺たちのチャステインfeat.ストロング
Ning

Ningの感想・評価

3.0
日本の政治にも疎く、ロビー活動は知っていたものの、ロビー会社なるものまであるとはつゆしらず。畑違いも良いとこの内容で、私には難しかった…

数歩先をよみ、何パターンも展開を予測して動ける能力と、自分の人生を犠牲にしちゃう潔さ。
モチベーションは勝利への欲、だけだったのかな?

果たして誠実に活動している政治家っているのかなぁって思ってしまう。
KEI

KEIの感想・評価

4.1
ロビー活動がなんたるか若干わかった
>|