女神の見えざる手の作品情報・感想・評価 - 145ページ目

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

dude

dudeの感想・評価

3.5
騙しますよ〜と言っておいてミスリードを意識させてしまうのは果たして面白いのか...?それを織り込み済みということもなく。
ロビイストの仕事ぶりには『ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ』を思い出したが、“シニカル”か否かという点で一線を画す。しかしそこが微妙なところで、描かれていること自体には共感しつつも、それほど面白味は感じないのだった...。とはいえ展開も台詞も早く退屈する暇はないが。
カオリ

カオリの感想・評価

4.0
ジェシカチャスティンを好きになるきっかけ映画。彼女の強い視線というか眼光が好き
TKR

TKRの感想・評価

4.3
主人公・リズの「切り札」にまんまとハメられたわ! 脚本と演出と演技が異次元の完成度。彼女の切り札に弁護士が思わずにやついてたけど、まったく同じリアクションをしてしまった。作品のテーマと切り札が一致してるのも見事だけど、何より銃規制という圧倒的正しさでもって巨悪と闘う姿にしびれた。
じぇい

じぇいの感想・評価

4.5
こっこれは! (;゚∀゚)=3ムッハー シビれます!
今年見た中では1かも!

どんでん返しどころじゃなくて、さらに3回転ぐらいどんでん返る! ꜀(.௰. ꜆)꜄ なんとなく予想はついたけど、巧みな展開で敵か味方か分からなくなる所が最高です( ー̀дー́)و

ロビイストなんて職業は五輪招致の時に知った程度だったけど、こんなに戦略的なんだと思うと首を突っ込みたくなりますね!

どんな資質が必要なんだろう?

最低でも政治、経済、法律の知識が必要だし、それだけでなく高い社会性やそれを支える体力も必要だし、記憶力、話術、心理学、折衝術、洞察力、瞬発力も必要そうね。挙げてたらキリがなさそうだわ(๑⁺д⁺๑)

σ( ̄-  ̄ ) ンー もはや人間じゃないね。

意見を述べるのが苦手な私としては、ほんのひとかけでもこの能力が欲しい所です。地頭が悪いから、そもそもこの頭の回転に追いつかないんだけどね d(*´Д`*)

本作品、とにかく長台詞かつ早口でまくし立てるのですが、それを担ったのがジェシカ チャステイン。素晴らしいです(๑♡⌓♡๑) 彼女はインテリの役が合いますね。

あとマーリン(キングスマン: マーク ストロング)がここに。彼はちょっと陰が薄い、いつもの役回りだったなぁ( ˘• ₃ • ) マーリンが異色のハマり役だったとか?ここは残念な所。

スッキリ爽快!とは言えませんが、なにがしか、やられた感は味わえると思います ニヤ(≖͈́ㅂ≖͈̀ )ニヤ 前情報なしで見てください ( ー`дー´)キリッ

いやぁ〜超面白かった!
Shin

Shinの感想・評価

4.1
彼女の巧妙さに驚くはず!

敵を予見する…
敵の切り札の後に自分の切り札を…

ストーリーについて行くのが大変だったけれど、とても見応えがあった。

実際にこんな職業があるというのが驚き。
良い本です。
見事なアメリカを象徴する映画。
とにかく何も言えないので見ることオススメします。
あんま分かんなかったけど、音楽はリヒターでございます。
長い作品ではあるんだけど、テンポも物凄く良かった。
目黒シネマ『ザ・サークル』と二本立てにて。昨年の公開時に見逃していてとても悔やんでいた作品。主演のジェシカ・チャステイン演じるスローンはじめ、頭の回転が早い人物たちの間で次から次へと交わされる会話からの情報量がハンパなく、頭が慣れるまで前半は字幕を追っかけることに必死で結構しんどかった。が、才色兼備の誇り高き女性主人公が妥協なきプロフェッショナルな行動へ走り続ける姿に惚れ惚れし、ラストまで夢中にさせられる。脚本、演出ともに素晴らしく、しっかりガツンとヤラれるエンタメ性を含みつつ、最初から最後までカッチリ撮っている社会派ドラマに仕立てあげている。昨年は『エル ELLE』『ノクターナル・アニマルズ』そしてこの作品と、それぞれまったく異なる魅力を持った作品ではあるが、機知に富んだ知性と美貌を併せ持つ大人の女性を主人公にした秀逸なドラマ作品が多かった印象。
yui

yuiの感想・評価

3.5
かなり面白かった!

巧みな戦略の嵐で難しい言葉も多く
ついていけないと思ってるうちに、
おぉっと思わせるところばかりで
テンポもよく最後まで釘付けに。
特にラストはすごい。
やられた!ってなる。

勝つためには手段を選ばないスローンの
強い女だけどたまに見える弱い部分も
ぐっときました。
スローン、かっこよすぎます。
は

はの感想・評価

4.5
表立って描かれているのがロビイストについてなだけあって展開は速く、構成も複雑で難しかったです。あと数回は観直します。

銃規制に関する話…よりも男社会の中で闘っている女性の姿がとてもかっこよかったです。
ラストシーンで激震を起こし疲弊しきったような表情のスローン。
これは洋画にしか出来ない 言葉に言い表せない 粋な映画 だったと思います。
Diamante

Diamanteの感想・評価

3.0
ロビイスト同士、圧倒的な権力の違いにどう立ち向かっていくかを巧妙な構成を用いて描かれており、良く出来た作品でした。
飛躍している面もあるがそれほど相手が巨大であり、政治との繋がりが強い事が伺え、根本的な問題を考えた時に、献金の自由化や、根底として建国理念に問題があると思うので、ヒラリーのようなNRAに対して賛同しない意見を持った人間が増える事をこの映画を観ていて思いました。