女神の見えざる手の作品情報・感想・評価 - 162ページ目

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

菱沼

菱沼の感想・評価

4.0
自分にとっては尺が長めの作品だったが、最初から最後まで緊張感があり、途中でダレたりせずに鑑賞できた。

予想していなかったあのラストの驚きはよかった。
natsuki

natsukiの感想・評価

4.3
スローン、まじ、かっこいい。目が離せないとはこのことだー。やっぱり純粋に、聡明で強い女性に憧れる。
クスリと中華料理
エスコートサービス
闘う女の寂寥 哀切
表と裏 沁みた
邦題は微妙
ばんち

ばんちの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ラストの法廷シーンでのJessica Chastainの熱の入った演説と大反撃シーンは、それまで基本的にクール路線だった役柄と相反してカッコよく鳥肌モノ
それすらも彼女の演技の可能性もあると考えると、本当に凄いキャラだなと
巧みな脚本も相まって、2時間があっという間
仕事帰りの三十代くらいのカップルを横目に鑑賞。ひそひそ話したりと中学生カップルか!とツッコミたくなったけど、そんな事どーでもよくなるくらい作品に没入した。というよりついて行くのに必死だった。エンドロール中に女の方は目覚めた模様。(寝ちゃった!テヘペロ!)でしょうね。このレベルの女とのデートでこれをセレクトする男もどうかしてるけど。

冒頭、中盤、ラストでも言ってた「予見」のくだりもそうなのか!ってかんじだけど、「名前を覚える」。その子息の大学まで覚えるっていうのも印象的。こちらの方がテクニカルなかんじだけど。この名前を覚えるっていう処世術はドラマのブラックリストでレッドも同じようなこと言ったなー。

相手が切り札を使い切ったときにこちらが切り札を出す。クライマックスをみたときあーそういうことなのかと思って納得。頭でわかってても中々できないしね。

使えるものはなんでも使ったりとエリザベスは覚悟が違う。そのために犠牲にしてきたものは数知れずってかんじだけど。ボーイフレンドとの関係もまさに合理的ってかんじだし。覚悟を決めた人は強いね。本筋とは関係ないかもだけど、エリザベスは黒か白を基調に服装を組み立ててるんだね。強そうに見える。

この作品に対して不満はまったくないんだけど、疑問というかわからないのはボーイフレンドが証言台に立ったこと、そして、エリザベスを庇ったことはどこまで織り込み済みだったのかなーってところ。あと、なぜ5年なのかな。単純に休みたいとか。いや、それはないか。ほとぼりが冷めるまで隠れるため?でも、アメリカの刑務所危ないっいうしな。うーん、またみたい!笑。

個人的に2017年公開作のトップ5に入るくらいの傑作。この手の作品は大好物っていうのもあるけど。
yuri

yuriの感想・評価

4.0
評判良かったから見たけど、すごく面白かった!
個人プレーのエリザベスは絶対一緒に仕事したくないけど、ここまで徹底されると気持ちいい!
途中でロマンスとか出てくるかと思ったけど、一貫して強い一匹狼な女性を魅せてくれました!

久しぶりに当たりの映画観れた!
Hotten

Hottenの感想・評価

4.3
ロビー活動、というキーワードくらいしか事前インプットは無く鑑賞

とにかく、セリフが多いけどやはり人を丸め込む仕事の話なので、わかりやすく整理された情報がジャブジャブと流れ込んでくる。
とにかく、主人公にスキが無さすぎる。無敵ですね。
喋りを生業とする人間としてはもうなんか圧倒され、劣等感しかありませんでした、、、、
最後は「うわーーー」っとなってしまいました。脱帽です
skysoi

skysoiの感想・評価

4.3
孤独な女戦士スローンの策略は、観客をも騙し、1ミリの隙も見せずに展開していく。
アメリカの政治のシステムを理解していれば、そして、英語力があれば、もっと楽しめること間違いなし。
スローンの人間味というか、いわゆる一般的な人の感覚を描いていない?ところに好感。
柊

柊の感想・評価

4.0
セリフがとにかく早口で、登場人物が全員畳み掛けるようにセリフを重ねていくので、字幕を追いかけるのも大変。
ロビイスト嫌いだし、こんな世界が大手を振って成り立つ社会に辟易するけど、とりあえず、あらゆる手を使って一歩前を行くエリザベスの豪気に感服。最後ちょっと言葉が悪いけど生き残る自爆テロだし。
途中から、ジェシカ・チャスティンが平野ノラに見えるシーンが何度もあった。
いかにもな風貌のエスコートサービスの男優のキャスティングに笑った。他の出演者と明らかに毛色が違う。笑ナイスキャスティング。
Sonomi

Sonomiの感想・評価

3.5
かっこいい。
ストーリーもテンポもラストも好き。

格好もいちいちお洒落で洗練されてて、最後の衣装までかっこよく見えた(笑)
ピンヒールかつかつ言わせながら歩きたくなりました。