女神の見えざる手の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

4.1

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

yui

yuiの感想・評価

3.8
ジェシカチャステインの
あの溢れ出る知性に
終始圧倒されました

また最後の敵の切り札からの逆転は
最高にスカッとしました!
necococo

necococoの感想・評価

4.3
冒頭から、ジェシカチャスティンのドアップに長セリフでスタートする本作。
息を吸い込みながら、一気に吐き出す。

ロビー活動は、予見すること。
敵の動きを予測し、対策を考えること。
敵の不意を突くこと。
勝者は敵の一歩先を読んで計画し、
敵が切り札を使ったあと、自分の札を出す。

このセリフ回しが劇中何度も繰り返され、ストーリーもこの通り互いの懐を探り合う消耗戦がキリキリと続く。
先の読めないスピーディーな展開にハラハラ、最後にドカンとくる「激震」に完全ノックアウト!!!

すっごいスカッとした!!!!最高、、、、、(*´ω`*)

味方を欺き、自分自信も武器にし、心の叫びにも覆いをかけて戦う、絶対的強者エリザベス・スローン。
彼女は戦い続ける、自分自身と、心に決めた正義のために。
圧倒的に強い雄姿に畏怖すら感じるうち、「我々は、絶対的な強者になるのです。」という聖書のフレーズを思わず思い浮かべてしまった。

神がかった強さの陰にある弱さや虚しさが露呈するたび、スローンが持つ魅力にずぶずぶと嵌められて見終わる頃には彼女のことが大好きになっている。
もう、ジェシカチャスティンが最高にカッコよくて、可愛いくて、、、
心の中でチャスティン様!と叫びたくなること請け合い。

エンディングにかけての余韻もいい。私は「マリーゴールド」が大好きだけど、テイストが180度変わっても、しみじみするような余韻を残してくれるところはやはりジョンマッデンならでは。

ネタバレ厳禁だけど、ネタバレたあとに敢えてもう一度観に行きたい映画。面白すぎて余韻が半端ない。
高い期待をはるかに超えてきた傑作中の傑作。チャスティン様ありがとう。
かおり

かおりの感想・評価

4.2
シネマクレールにて鑑賞。最後まで目が離せない、見応えのある映画だった。スローンの衣装も、仕事に対する姿勢も、ストーリーの展開(ラストは鳥肌モノ)も素晴らしい作品でした。次は自宅で、字幕ではなく吹き替え版で鑑賞したい。
kiyo

kiyoの感想・評価

4.5
アメリカの銃規制法案を巡る政治サスペンス映画の傑作。
計算し尽くされた脚本、一つ一つの動作や視線の攻防を捉えた的確なカット割りが見事。シネスコサイズの画面に適したカメラワークと動線の調和が美しく、ヒキのシンメトリックなフィックスショットや俯瞰ショットも効果的に使用されていた。
スピーディーな台詞回しと回想を交えた編集のリズムに圧倒されつつも、ロビイストの仕事の実態やジェシカ・チャステインの繊細な芝居の“間”を確実に捉えていく配慮の仕方なども巧い。
社会派的なテーマを題材としながらもエンターテイメントな作品に仕上がっているのが素晴らしい。おそらく2017年のベスト。

@TOHOシネマズ シャンテ
50

50の感想・評価

3.5
広島は公開が遅れていたのか、公開2日目土曜日の18:55からの回にて鑑賞。
前評判が高かったのか、観客はほぼ満員。

多くの人にとって、ロビイストという名前は聞いたことあるが、どんな仕事なのか実態がよく分からない仕事/業界を、1人の敏腕女性に焦点を当てて描いた作品。

パンフレットにも書かれているように、なりふり構わず仕事に没頭する主人公は、男性として描かれることが多い。今回は、女性を主人公にしたことにより、他の映画とは異なる。

逆転に次ぐ逆転で最後まで物語の行方が分からない展開。序盤、セリフが多く物語がややこしくなる場面もあったが、ラストに向けてドライブしていく展開はよかった。

でも、どうしても完璧な人間の物語を観ると、もっと弱い部分や何かを境に完璧な人間が崩れていく様がみたい。そこにこそ人間が描かれているように思えるから。。

そういえば一部そのような場面があった。
そうか、人間らしさは予測ができないから、面白いのか。完璧な仕事をすることと、人間らしくあること。予測可能性と不可能性。

多分、序盤に人間らしさの伏線が張り巡らされていたのかもしれないが、あまり理解できていなかった。

あれ、、?やっぱりこの映画もっと面白いのかも…

劇場で、もう一度観たい。
yokoaoko

yokoaokoの感想・評価

4.5
君が観たいと言った映画の中で一番良かったと彼氏に言われた笑。それはさておき最後までどうなるんだろうとドキドキして観られる映画。Happy endとは言い難いし私はこういう生き方はできないけど、面白かった。
YTANAKA

YTANAKAの感想・評価

4.2

最初のセリフから引き込まれる

勝つために手段を選ばない。勝つためなら、自分もツールでしかない。
過程ではなく、結果がすべて。

会話に出てくる例えまでかっこいい
アメリカの銃規制の困難さを実感する。政治は利権。金と権力で動く。その強大な敵に対して、ロビイストのエリザベス・スローンは、綿密な計画を立てて闘いを挑む。使えるものは何でも使う。例外はない。自分自身でさえも…。その潔さは、中途半端な正義感や感情論を撥ねつける強さがある。女神というよりは、孤独な戦士のようだ。
小林

小林の感想・評価

3.8
2017/12/16 94本目 シネマシャンテ

ロビイストという、日本人に馴染みのない仕事なのにここまで入り込めたのは、主演の徹底した嫌われるキャリアウーマンの演技によるものだと思う。ただ、まぁラストの展開は読める。
kou

kouの感想・評価

4.5
《》
「恋におちたシェイクスピア」のジョン・マッデン監督。ジェシカ・チャステイン演じるエリザベス・スローンはクライアントの要望のために戦略を立て、一切妥協しないロビイスト。彼女のプロフェッショナルぶりは観ていて清々しいほど。

銃規制に賛成の立場を取るロビー会社へエリザベス・スローンは数人の部下とともに移り、かつての同僚と駆け引きを繰り広げる。今作で特徴的なのは情報量の多さ、そして登場人物の早口の語り口だろう。主人公スローンが薬を使って精神を刺激するように、今作は観ている側の精神を刺激する。

二転三転する展開。急降下からの逆転を見せる演出に痺れる。今作で秀逸なのは、決して騙し合い、裏切りということだけが魅力ではないということだ。裏切り、騙し合いと見せながら関係が修復するドラマがある。また、ヒロインの信念、確固たる意志が見えるところが今作の素晴らしき点だろう。

「ELLE」「ワンダーウーマン」「ドリーム」、どれも素晴らしい女性が主人公の映画だったが、今作もジェシカ・チャステインの素晴らしさに満ち溢れている。圧倒的な情報量と物語の展開の面白さ、そしてラストの清々しさ、とても素晴らしい映画だった。