女神の見えざる手の作品情報・感想・評価 - 278ページ目

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

muni

muniの感想・評価

4.1

邦題では特に惹かれず、予告を見て軽く気になってた作品。

一言で言うと、期待以上だった。
スローン役のジェシカがハマリ役。

脚本が凄い練られてるなと思ったし目を離す隙がないから常に頭フル回転で見てました。
最後の最後まで見逃せない、、、伏線回収が気持ちいい。
公開劇場が少ないけどぜひ映画館で見て欲しい作品。
takase

takaseの感想・評価

4.5
面白かった!ハウス・オブ・カード同様、セリフに付いていくのがやっとなくらい情報量の多い会話劇。最低な行為を働いているはずだけど感情移入してしまう主人公。ラスト伏線回収含め観ていてとても快感、な映画でした。
hrsw

hrswの感想・評価

3.5
最後まで観て、この映画はあんなスローンがどうやって二人(ないし3人)から信頼や仲間意識を得たのかって事を、新しいプロジェクトを通じて観る映画なんだと。ここが最後まで意識ないから面白いラストになる巧みさね。
KAORUKO

KAORUKOの感想・評価

3.8

エリザベス・スローン強い...
放出してるパワーが違うよなぁ~

GIRLS最近見ていたのでジェイク・レイシーおおお!ってなった。笑
人生はシネマティック!もみたいなぁ♪

ドリームに続き仕事関連の作品を見て、
実際今めちゃ忙しいから
どうせならもうワーカホリックになりたいと思えた...

プライベートあったってどうせ忙しいと
ゆっくりできないし、休めないし、
オンオフが下手だなと感じたなぁ...
まったくノーマークだったのに観てみたらとてもクオリティの高い良作。
「アイインザスカイ」を観た時と同じ嬉しい誤算。

題材が非常に面白いしエンタメとしても素晴らしい。色々と考えさせられるがウキウキで劇場を後にできる。

政治家や団体を抱き込み脅し、スカしてクライアントが望む世論を形成して法案を通して国を操作するロビイストという職業にまず興味がいくし凄腕ロビイスト エリザベス・スローンを演じたジェシカ・チャスティンが素晴らしい。
怖そうだが笑顔がキュート。

ロビイストの手法、政治家の信念と定見の無さなどは自らの国に置き換えるとゾッとする。
「至誠天に通ず」的な考え方が好きな日本人はロビー活動が苦手だと考えるが近年の政治を考えるとこういう職業は日本でもかなり活発なのだろう。
自らの考えがロビイストのコントロール下に無いと誰が言い切れるのか。

日本のTV局が天海祐希主演とかでパクってドラマ化しそう。
futa29

futa29の感想・評価

4.6
テンポがよくて緊張感があって面白い。思ったよりシリアスな社会派ドラマって感じだった。

最後の展開が爽快!
「ロビイスト」
それは特定の団体のために、議員、政党、政界に働きかけ、政治を有利に動かす人々の事を指す。この言葉を知っておくとストーリーがよりわかりやすくなると思う。自分は全く知らなかったです…

ストーリー前半は言葉が難しく、ちんぷんかんぷん。でも、後半になるに連れてのストーリーの展開と盛り上がりが良い。

勝つためには人を、時間を、全てを使う。そこには友情も優しさも無い。そんなジェスカ・チャスティンがカッコよくもあり、美しい。しかし、法廷でエズメと目が合うシーンでは彼女にした事をどこか後悔しているようなエリザベスがおり、とても印象的。

まるでエリザベスが女神に導かれてるのか、それとも彼女自身が女神の如く未来が見えるのか、、、そういった意味ではこの邦題は嫌いじゃない。
SOOOH

SOOOHの感想・評価

5.0
今期1番かもしれないくらいに良かった。
最後の最後、シビれました。
カッコいいしか出てこない。
あの役をやりきったジェシカチャステイン天晴れだし、脚本、監督、ただただ賞賛。
脇役一つ取っても、ピリッと味が効いてる。
これは、見る価値あり。
ロビー活動に隠された、リズの緻密かつ大胆な計画。
銃規制法案の票を動かす議員の取り合い、ライバル会社の潰し合い、騙し合い。
主人公リズの頭のキレがすごすぎて、裏の裏の裏読んでも読みきれない、騙される。
ため息が出るほどカッコよくてパワフルな女性像でした。
息つく暇もないほど、集中して見た作品。これは良い!
Iri17

Iri17の感想・評価

4.7
素晴らしい!

アメリカ政治の異常さを描いた政治ドラマとしても、問題を抱えているが決して信念を曲げない1人の女性を描いた人間ドラマとしても秀逸な作品で、ちょうど昨年の『マネーショート』を彷彿とさせる映画だった。

アメリカの政治や社会がわかってないと少し難しい部分もあるのだが、逆転に次ぐ逆転の展開で、最後までどちらが勝つのかわからない展開も素晴らしく、最初から最後まで一瞬足りともダレる事なく楽しめる。特にラストは普段の生活のモヤモヤを吹き飛ばしてくれる事間違えなし。

主人公は勝つためなら、裏切りや騙し、違法行為も厭わないイヤな奴だが、信念をしっかりと持っていて、決してブレないし、人間としての弱みや欠点もあるので、最後まで応援せずにはいられない。

ジェシカ・チャステインやアリソン・ピル、マーク・ストロングなど名優たちが相変わらず素晴らしい演技を見せてくれるし、久し振りに見たジョン・リズゴーもひふみんみたいになっていたがとても映画を引き立てていた。

今年ベスト10に入る作品。
y

yの感想・評価

3.6
魅せられた!!という感じ。あの展開にも、主人公の突き抜ける強さも、お芝居にも。

勝ちたいという気持ちだけではあそこまでできなかっただろうし、けれども正しいと思うことを貫くには莫大なパワーが必要で。それを何もかもを使ってやり遂げてみせる彼女の強さは純粋にかっこいいなと思うし、スカッとする。

そしてそれと同時に持ち合わす危うさというか彼女の人間的な部分を一番知っていた人が、なにも言わず彼女の味方になってくれたことが個人的にはすごくよかった