女神の見えざる手の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

このみ

このみの感想・評価

3.6
専門用語が多く難しく感じる場面もありましたが、ラストの爽快感はたまりません!抜け目なし!!
なんとなくゴシップガールを思い出しました。
会話のテンポ、展開が早く、2時間あっというまです!
yneko

ynekoの感想・評価

4.5
ロビー活動って、手弁当の市民運動くらいに思っていたら、大金が動くビジネスで重要法案の成否を左右するって…なんとまあ、露骨な駆け引きだこと。
五輪誘致なんかも、えげつないことするのかしら。


最強のロビイスト「ミス・スローン」。勝つためには手段を選ばない。徹底的に実力主義、部下は道具、眠らない、ご飯は中華料理屋で、恋はいらない、オトコは買う…
なんだか清々しいほどです。
chakotts

chakottsの感想・評価

4.3
面白かった!
試写会で鑑賞。

全体的に冷たい空気に支配されていて、観ているわたしは、なんだか鉄仮面のような表情になりつつも観入ってしまいました。

ジェシカ・チャスティンのまるで血の通っていないような、芯しかないような女性、目的のために突進していく姿に恐ろしささえ感じたけれど、それでも人が付いてくるのはそこに血が通っているからなんだろうな…と想像させる。圧巻の主人公でした。

クライマックスの、ジワーっと心臓から温かい血が溢れ出るような、何か湧き上がるような痛快感は必見です。
pon

ponの感想・評価

3.5
最後の最後の最後までラストの札を見せないストーリー展開に、見事やられた…。

泥仕合のようなやり合い…持てる者たちの執着は呆れるほどだが、きっとジェシカ・チャステイン演じる彼女もその醜さに辟易としていたのかもしれない。

凛とした姿とくずおれる寸前の姿、そして笑顔のジェシカ・チャステインは美しく哀しかった。

顧客の情報を漏らさないある人にも拍手!迎えにきて欲しい人第1号〜です。
(Filmarks試写会にて)
海外ドラマ スーツが好きなら絶対ハマる!
知的大逆転のカタルシスに鳥肌!

審問会ラストのスローンの表情は何を語っていたのだろうか。
常人の理解を超えた存在たるスローンにしか分からない寂しさだったのかもしれない。きっとラストシーンの目線の先には彼が待っていたと思う。
試写会にて。

前半は大量の専門用語の圧にやられ、ついていくのに精一杯だったけど、物語が進むほど本作の魅力にハマっていき、ラストは誰もが「やられた!」と思うはず。

いろいろ書きたいことはあるんですけど、内容を深堀してしまうとネタバレしかねないので、抽象的な感想しか述べることができないんですよね。

・会話のテンポ
・主演を演じたジェシカ・チャステインの迫真の叫び

この2つを見れるだけでもお金を払う価値はあります。

銃社会のアメリカをテーマにしたタイムリーな作品でもあるので、少しでも気になる方は、是非映画館に足を運んでみてください。

素晴らしい映画でした。
130分以上の長編。集中力が切れてくる2時間弱くらいからが一瞬も見逃せない展開なので長過ぎると感じさせなかった。

銃規制法案をめぐる賛成派と反対派のバトル。信条による議論などではなく、ロビイストによる策によって世論を動かし、票集めをするパワーゲーム。ロビイストの活動が時には大物政治家の政治生命まで脅かす。
ロビイストの存在くらいは知っていても、ここまで影響力が大きい(もちろん映画ほどでないにしても)とか、高収入の職業として成り立ち、ロビイストの会社が山ほどあるというのに驚きました。
味方をも欺き、先を読んで策を巡らせるわけだけど、どの時点からそれを読んで、その行動だったの?というのが知りたいところ。結末を知ってからもう一度見ると更に面白いかもしれない。
shunsukeb

shunsukebの感想・評価

4.1
狂疾的にも関わらず憧れを抱かせるヒーロー的ロビイストを演じきっていたジェシカ・チャステインがとにかくお見事。
ワーカホリックて言葉ではもはや形容しきれないスローンの仕事、勝利、に対する矜持は鬼気迫るものがありシビれます。

ストーリーとしても、銃規制という現実世界でとっても重要な問題に対して、大箱組織から移籍して一大PJに臨んでいくという観客を武者震いさせる良質さ。
その中で人が大いなる目的を背負った時に問われる倫理の線引きをも展開に加えて、重厚感たっぷりの作品でした。
全体的に硬度高めの映像音楽演出も良くマッチしてて特にラストカットは良かった。

どんでん返しはSo-soって印象だったものの笑、上質なミステリーを一足早く味わえて幸せでした。Filmarksさんキノフィルムさんありがとうございました!
ちぃ

ちぃの感想・評価

4.5
Filmarks試写会にて鑑賞。

圧巻の一言。

あと邦題GJ👍🏼

緻密な脚本、ジェシカ・チャスティンの凄味、専門用語を多用した早口の会話劇。
ボンヤリ見てたら置いてかれるぞ!
必死にしがみついて行き着く先に待つカタルシスに痺れる!

“銃規制法案反対派の票を集める”仕事を依頼されるも、規制賛成派のロビー会社からの移籍オファーをあっさり受け、勤めていた最大手ロビー会社を去ったエリザベス・スローン。

劣勢の賛成派を勝利に導けば、キャリアに更なる箔がつく。
勝つためには違法な利益供与でも脅迫でも、使える手は何でも使うのが信条の彼女。
仲間にすら真意を見せず、反感を買いながらも着実に議員達の票を掌握していく。

一方、反対派のロビー活動を請け負ったのはエリザベスの元同僚。
手の内を知る彼らは賛成派の勢いを止めるため、エリザベスのキャリアを潰す作戦に出るが…。

身も心も削って闘う彼女を突き動かす信念と、抱える闇を表現したチャスティンが見事。
先週観た映画(ドリームじゃない方)が脇役全員死んでたので、今作の小さい役に至るまで計算し尽くされた配置にはことさら感心した。

濃密な132分。
ラストシーン、彼女を待っていたのは誰だろう?
harami

haramiの感想・評価

4.0
人を犠牲にし、人を欺き、私生活0。特定の団体の為に勝つことだけに意欲を燃やす生き方には、感銘はしないが自分の意思を貫く生き方には、尊敬に値するものです。最終的に刑務所に入ってでも、ロイビストとしての使命を全うした姿には、拍手喝采です。