女神の見えざる手の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

物凄い負けず嫌い。

仕事とはいえ負けず嫌いの最上級を観た。

勝つために手段は選ばないとはこうゆうことを言うのですね…

そこまで勝ちにこだわる彼女の本音を知りたかった。

主人公の無情さがちょっと怖い。
だけど、強くてキレ者。魅力的。



ロビイストという職業を初めて知ったし、アメリカの政治について少し知ることができた気がする。すごい社会だなぁ。


マークストロングが「キングスマン」でも良かったけれど、本作でも落ち着いた雰囲気でとても良かった✨


負ける?勝つ?次の手は?
となる途中経過が個人的には面白かったですね。



主人公は本当に凄い人だった。凄すぎてただただ口あんぐり笑!
ジョンウィックにも感じた、この人を敵に回してはいけない感…。
ak

akの感想・評価

3.7
期待通り面白かった!頭いいって羨ましい。
ロビイストっていう仕事を初めて知りました。
SeikiOdani

SeikiOdaniの感想・評価

4.4
大変良い作品でした!
それほどメディア露出されてなかったので見落とすところでした。
最初は主人公の業界用語⁈満載のマシンガンのようなセリフにたじろいでしまいますがそれも主人公のキャラを引き立ててますので我慢しましょうw
のん

のんの感想・評価

4.0
進まぬ銃規制の裏側


相変わらず銃乱射事件がばんばん起きるアメリカをみていると、タイムリーな作品としか言いようがないが、むしろこれだけ問題が常態化しているのなら、本作で描かれることは普遍的な要素を含むのかもしれないと感じた。



銃規制が進まない理由を、政治のロビイストサイドから描く「女神の見えざる手」は、銃を持つことそのものの是非よりも、政治家や業界団体の圧力、そして投票率といった観点を通して描く。


イデオロギーの対立を超えた「政治生命の延命」をかけて政治家が駆け引きをしているのは、先日の全米の番組で共和党のルビオ議員が「銃規制があっても事件を防げなかった」という発言からしても、かなり事実に近い部分があるのだなと感じた。


とはいえ、映画的な脚色はかなり強く特にラストの展開は現実ではまずあり得ないからこそカタルシスがある。ジェシカ・チャンスティンが熱演。
mar88

mar88の感想・評価

4.5
反道徳的に見えるけど間違いなくヒーローの物語でした。(女性だけど、敢えて)
最高に格好良かった。
とり

とりの感想・評価

5.0
最後のどんでん返し、素晴らしい!
主人公の自分の主張を曲げない姿勢は、もちろん周囲との亀裂をつくりはするけれど、彼女なりの筋が通っていてモヤモヤ感はない。
スッキリと観賞できる。
しゅう

しゅうの感想・評価

3.8
リズが美しい。
あまりにも俗物で、中盤までムカつきっぱなしだったけど、対照的にその美貌とスタイルが美しすぎて‥これは狙いデスね。

ある意味、女神が辣腕を発揮して、男社会に乗り込んでいく様は、気持ちが良かった!
その根底に心の安らぎはないんだけど。

頭の悪い私は、どこでどうなったか、もう一回見ないと分からなかったけど、最後はスカッとしましたね!
この映画は凄くメッセージ性が高い映画ように感じました。
ただ単に手段を選ばない頭キレキレのかっこよくて美人なロビイストが相手を負かす映画ではないと思うんです。
これは自分の信念をここまで強く貫く女性を描いていると思うし、だけど、彼女自身もその信念のせいで手にできなかった幸せ、人との温もりに未練がある弱さがあることを描いているのが、馬鹿みたいに主人公がキラキラしてるアメコミ映画見たいじゃなくていいと思いました。
2018年45作目

始めはテンポ良く、グイグイと伏線、情報を撒き散らし、
後半はじっくりと回収。

良いですね、目的を達成するためには
手段を選ばない女性。魅力的です。
ただ、この人はさらに目的の先に
目標があるから負けない。将棋と同じ。
そしてやっぱり極めつけは、
使われる側と使う側の差。
使う側には揺るがない意志があります。
すごい
2回目の鑑賞決定です これは

アホな疑問だけど、どうやったらこんな人になれるの