女神の見えざる手の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

Koya

Koyaの感想・評価

3.6
専門用語が多く、分かりにくい部分が多かったが、なんとなくの流れと、先を読んで戦略を立てている様は掴めた。
なつ

なつの感想・評価

-
劇場公開当時、気になっていたもののタイミングが合わなくて見られなかった作品。最後の爽快感と、ラストシーンの寂寞感が記憶に残る。
じゅ

じゅの感想・評価

4.4
研究の一環で鑑賞。
ロビイングとはなんたるやとは程遠い日本では中々ピンと来ない部分が多いと思うが、それ抜きにしても評価が高いのは脚本が良いからなんだろうと。

もうすこしロビイストたちの動き方や考え方を淡々と描いてくれても良かったなぁと感じるところもあるけれど、そこは映画。主人公の痛烈なキャラクターやアメリカ民主主義に対しての風刺もしっかり盛り込んだ上で2時間によくまとめたなと感心。

あそこまで動ける主人公の根源的な動機とか、ロビイングのテクニカルな話がもっと盛り込まれていたらわかりやすく満点、、
Kaneyoshi

Kaneyoshiの感想・評価

4.0
会話も多く進展も早かったので、集中して見る必要があったが、面白い内容で最後まで楽しめました。
miyakkai

miyakkaiの感想・評価

3.6
賢い女は最強で最恐。

最初メンタリストのDAIGOかと思うくらい早口で専門用語をペラペラ話すから、全然内容が頭に入ってこなくて困ったけど、話が進むにつれて内容に引き込まれた。

パッと見が悪役っぽい主役だから、最後のところで正義の鉄槌を下すのがメチャクチャ気持ちいい。
勝つ能力以外に信じるものは…

皮肉という言葉を使う人ほど皮肉な人間
声が出るほどびっくりした!すごい!
ごめんなさいとか言わないスローンに心打たれる。今年の冬はあんなコートを買おう〜
りおか

りおかの感想・評価

4.2
面白かったです。
四面楚歌の中突っ張るリズに胸が締め付けれたけど、最後は信頼や理解に救われる。
民主主義の闇をこれだけストレートに描く映画を、アメリカ人はどう見て何を感じるんだろう??
yukar

yukarの感想・評価

3.8
ロビイストという日本人に馴染みのない職業がテーマな上、文字量が多すぎなのと展開が結構早くて追いつけなかった

完璧じゃない主人公が好きなので、薬や男に頼るこのスローンの脆い感じが良かった
主人公が大手を去る時に、相棒になげかけた死亡フラグを自分で引っこ抜くトリックには結構驚いた
銃社会への強いメッセージがこめられた金にも地位にも踊らされない信念の映画ですわ
VEL04

VEL04の感想・評価

4.0
セリフが早口すぎて字幕を読むのに苦労した。字幕を読まずにこの映画が理解できるくらいの英語力を身に付けたいな。TOEIC何点くらいの実力が必要なんだろう‥
最後のオチは何となく読めてしまったがそれでも面白かった。
リズの過去が一切語られなかったのは残念。何かを抱えて生きてきたんだろうとは思います。