女神の見えざる手の作品情報・感想・評価 - 8ページ目

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

4.1

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

これ、観る予定の人は、人のレビューで左右されないほうが百倍楽しいと思うかいます。とりあえず、もう、こんなの読まなくていいからさっさと今すぐ観て!
(…から、そのあとで、もしもレビューを読んでくれたらとても嬉しい)

あ、ひとつ。とにかくジェシカ・チャスティンが切れ者なんだけどとにかく早口で内容も難しいから、かなり集中力高めてから鑑賞することをおすすめします(笑)
.
.
.
.
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
.
.
.
ラストは予想通りなオチだったけど、それでもやっぱりあの瞬間は鳥肌立った。

チーム戦で相手を追い詰める様は『スポットライト』のようでありながら、味方さえも疑う裏切りの鎧をまとう『裏切りのサーカス』も思い出す。
騙し合い自体は反則技の応酬だけど、世論を巻き込む社会派映画ありがちなエピソードは、出し惜しみすることなく律義に並べてくれるような王道の展開で、面白くないわけがない。

張った伏線もお見事で、『相手が切り札を出してからとっておきの札を出す』という女神の名言が出てくる時点でマインドファックな匂いがぷんぷんするけど、これは文句なしのどんでん返し映画ですな。
だって冒頭に『負けオチ』を匂わす〖結起承転〗映画だと思ったもん。
それがまさか〖結(仮)起承転結(正)〗だとはね。

ジェシカ・チャスティンのキャラクターは見事ですよね。美人で、賢くて、女神そのものだけど、こんなにも憧れない捨て身の女神像はなかなかないなあ。この人には、決定的に何か足りないものがある。
アンチヒロイン(ヒーローと言っても過言じゃない)な主人公だが、表に見せない弱い素顔も、『薬に頼る』とか『男を買う』とか、とても感情移入できそうにないエピソード。ある意味、ここまで徹底したダークな設定はいっそ清々しいけど…

映画のなかの強い女性像って、私の中では『グロリア』とか『ファーゴ』のマージとか、見てくれとは違う美しさを持った女性なので、それとはまたズレている気がした。
ここまで見返りなく捨て身になれるっていうのは、恐らく本人の過去と関連があるんだろうけど、この女神がその過去を公表することはきっとないんだろうなー

脇役も知らん人ばっかやけどみんな光ってました。エズメとジェーン、すごくいい!素晴らしかった!
フォード役もかっこよかったし(マッチョ嫌いやったのに趣味変わったな、自分)
マーク・ストロングもタイプじゃないけどいい人そうだから顔が好き(理由がおかしい)
そして何よりアレックス!かっこよかった…!
終わったあとそっこう調べたの、何よりもそこね♡ダグラス・スミス♡カナダの方ですか〜。ほわ〜。出演作あんまないんだろうなって調べたら、夏に見逃したバイバイマンにでてたのかよぅ!観たかった!それにしても32歳なんや…あんま若くない…意外と…なんかちょっと残念(←そういうお前ももうそこそこ若くないですよ)

とか言いつつたぶん来週にはダグラス・スミスなんて名前きっとすっかり忘れ去ってる。
政治の世界をリードするロビイスト
頭の良いもの同士のやるかやられるかの駆け引きは面白かったが、字幕も文字数多くて付いて行くのに大変。

勝ちに拘る女が迎える結末はあれでよかったのか。
「何よりも」勝ちたいってことなのか。
masa36

masa36の感想・評価

4.3
おもしろかった。
同僚や上司と飛び交わす台詞のスピード感。
聴聞会で上院議員との対決。

動:聴聞会、テレビ討論
静:オフィスのトイレ、ホテルの自室

動↔️静のフレームワークが終盤まで効いていて。動で終わると思ったら…

原題「Miss Sloane」は聴聞会で主人公が呼ばれるラストネーム。嘘は言えないというその場の緊張感もまとっているようで、いい原題と思う
どんでんは鮮やかなんだが、意外と月並みです。
Washingtonの権謀術数のドラマはテレビでいやっと
言うほどみてるんで、あまり感じません。
むしろ彼女のバックグラウンド見たかった。

このレビューはネタバレを含みます

一瞬もダレる事なく没入できた。軽く疲労感を覚えつつも、ミススローンのバックグラウンドなど想像する余韻に浸りつつ…満足です。
エスコートサービスの彼はウザい奴かと思わせておいて良い奴じゃん、とか、彼女これからどうするんだろう…とか、こんな風に考えさせてくれるのは良い映画だと思います。キャラクターが生きてる感じです。
銃規制って実際今そこにある問題な訳で、フィクションなんかじゃない。銃を持つ権利を守る事が資金源になるんですかね?票が取れるなら何でも良いって事?全米ライフル協会だって当初は射撃技術の為の団体だったとか。難しい事は全然わからないけれど、利権がとぐろを巻いているって事ですよね。当選できれば良いのは日本の政治家も同じだなあ…。何処の国もこうなのか、とガッカリ。
こういうテーマをテンポよくスリリングにみせるって凄い事だと思います。キャスティングも良かった。役柄のイメージ通り。そう言えば、ジョン・リスゴーは昔からよく出てるなあ…って思いました。彼はどうしても悪役に見えてしまう。良い役者さんです。マーク・ストロングの強面は毎度津川雅彦と海老蔵に見えてしまうのでした。
テンポよくて面白かった。所詮映画だけど頭がいいってやっぱりいいね。
anakamori

anakamoriの感想・評価

4.1
味方ですら裏切り欺く。
勝つためなら手段を選ばず時に仲間を捨て駒にする冷酷な、




キャリアウーマンです。

が実は結構信頼されてる。

がラスト誰も迎えに来ない...笑
ナミ

ナミの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

台詞の応酬がすごく、序盤ついていくのとロビイストの仕事内容を理解するので精一杯だった。
あと味方側、敵側の顔を覚えるの!
どんどん引き込まれ、どこまでが計画でどこからがそうじゃないのか想定して観ていたが、うーん、いい映画でした!
この役はジェシカ・チャステインにしか出来ない気がする。
刑期5年の意味が当初分からなかったけれど、チームを巻き込みたくないのと、既に刑期を分かっていたのと、どちらの気持ちが強かったのだろうか。
家だと集中切れそうだから、映画館で観て良かった。
ただ、最後の「激震」が銃規制賛成派にどう働いたのかはちと不明瞭。(あの議長役の議員、元は賛成派だっただろうし)
結果良かったし後味スッキリ。けどわすがな?が残った。
最後の出所シーン、迎えに来たのはエスコートサービスの男性なのかなー。
Yui

Yuiの感想・評価

4.3
たっすに勧められて見たけど
面白かった!

かっこよすぎた主人公ある意味で
kohey

koheyの感想・評価

4.1
‪「女神の見えざる手」鑑賞。日本では馴染みが薄いけどアメリカでは職業とした確立しているロビイストの物語。鑑賞後の評価が高かったのも納得できる程、よく出来た作品の出来栄えだった。ビジネス映画だから一般受けは難しいけど、無駄なくテンポよく一気にクライマックスまで駆け抜けて爽快感があった‬