女神の見えざる手の作品情報・感想・評価 - 99ページ目

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

4.1

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

ぱーぷ

ぱーぷの感想・評価

5.0
『女神の見えざる手』 議長席の前で体育座りで写真撮ってるカメラマンみたいに、身体をぎゅっとして食い入るように鑑賞してました。(正面のカメラマン2人は体育座り状態だし、後半は聴き入ってて撮ってないぞ…)
あー楽しかった、長いのに身体がすっと楽になる映画だった。
roro

roroの感想・評価

4.6
映画好きの友人からすすめられ鑑賞。
これは面白い!!

頭脳戦で依頼者のプロジェクトを遂行する。依頼は、銃規制の議員評を集めること。
アメリカの関ヶ原合戦!

主人公があそこまで執着して、依頼をこなそうとする理由は不明だが、
キャラクターとしては濃いので
次の作品もつくってほしい!
KM

KMの感想・評価

3.7
ジェシカ チャスティンの美しさと演技力が出色。
騙し合いからラストのカタルシスが心地よい。
はや爺

はや爺の感想・評価

4.2
「周到に準備を整える。常に相手の先を読み、相手がこちらの弱点を見抜いて切り札を切った後に、こちらの切り札を出す。」

国際政治とは“関係性の戦争”である。
そのことを知らしめつつエンタメとして完全に成立させている。見事!

....でも正直ヒロインに恋は出来ない映画 笑
YURI

YURIの感想・評価

2.7
ちょっと私には難しすぎた、、、
だいたいのストーリーは理解できたが
深いところまでは読み取れない低脳です、、、
字幕読むの大変ですー
字幕ばんばん変わって大変(難しい言葉も沢山)
吹き替えおすすめするー!
ネタバレ読んでた方が良いかも
ロビイストとか分からん言葉の意味を理解しとくのおすすめ!笑
ロビイストと銃規制を通して、本当の正義とは何か、社会が個人を殺しているのでは、私欲か真理か、"境界線"はどこ……?と終盤にかけて畳み掛けてくる。
ラスト、観客に激震が走る。

このレビューはネタバレを含みます

何枚もの切り札を持ってて、その時の状況により持ってるカードを切っていく、スリリングな映画でした。
これだけ裏の裏をかく彼女が、なぜエスコートボーイに甘いのかずっと気になっていたのだが、多分それも仕込んでいたんだろうね。
何処かの女性と銀行の頭取として会うのに、その女性は映らない。多分ワザと相手に自分の弱点の様に見せる為、彼を最初から選んで、女性も雇っていたんだと思う。
最後に関係を結ばず、金だけ渡して泣くのも最後に彼にウソをつかせる為だね。ズゲーな怖いね。
5年の刑期も全て計算のうち。
まぁある意味これが出来るのは、女性だけでしょね。
面白かったです。
まー

まーの感想・評価

3.2
正直なところ、ロビイストという存在をよく知らない状態で観に行きました。
そんなこともあって、何でここまで入れ込むのかいまいち理解できなかったものの、ジェシカ・チャスティンの演技には圧倒されました。
クリムゾン・ピークの役のイメージも強かったので、私の中で完全に怖い女優枠に。
ラストの演説も本当に圧巻。
あの彼女のことも含めて、衝撃の展開と一言で片付けるのにはもったいない、スカッとするシーンでした。

それにしても、あのエスコートボーイの人、色んな意味で男前すぎでしょ…。
久しぶりに「映画」をみた。
私の中で今年No.1の映画。
パワフルな女性のサクセスストーリーは
最近飽和状態だったけど、それではない

そしてこの映画の
皆んなのレビューが面白い!!
なるほど満載

#filmarks2017
いとJ

いとJの感想・評価

4.0
アメリカ人の投票率はたいへん低い。2016年の大統領選は、56%だった。これが議員選挙になるとさらに落ちこみ、わずか30%である。そしてその30%の人たちの多くが、ロビー団体と結びついている。

主人公エリザベス・スローン(ジェシカ・チャステイン)は、さながらアンチ・ヒーローで、銃規制擁護の側につきつつもそのロビー活動は法と人道に反するものである。自分のキャリアのことにしか目がない、したたかな現代的人間像を見事に演じている。

演出の特徴としては、圧倒的に会話のスピードが速い。アメリカの政治システムに関する事前知識なしに観ると、面食らうほどのスピード感かもしれない。しかしこのことは、時間と金が勝敗を決める、アメリカの腐敗した政治システムを浮き彫りにする。

民主主義はどこにあるのか。ロビイストの資金力によって政治が決まり、純粋に国民のためを思うような政治家は報われない。2016年は1万1000人が銃によって死亡した。アメリカの「自由」はひとり歩きしつづけたままだ。