女神の見えざる手の作品情報・感想・評価 - 99ページ目

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

あず

あずの感想・評価

3.9
あまり馴染みのない職業【ロビイスト】についてのお話。

そして日本人にはあまり馴染みのない【銃規制】についてのお話。

ラストの爽快感。
カ

カの感想・評価

3.5
「女神の見えざる手」

政治を裏で動かす、ロビイストの話。
日本では、馴染みの薄いロビイストですが、昨今ロビー活動を専門とする会社も日本に現れているとの事で、勉強になりました。

主人公は、手段を選ばす、信念を貫いていく、強い女性ロビイスト。

映画はスピーディーに、まったくダレずに展開されて行きます。
主人公役のジェシカ・ジャステインはすっかり強い女性の象徴になったな…と思いました。本当に綺麗で素敵でカッコいい!

映画がロビイスト、ロビー活動に特化し、彼女があそこまでやるエネルギーの根源の背景を明かさずに、観客に推測させる脚本はとても良かったです。

脚本家のジョナサン・ペレラは本作が映画処女作だとか!それが1番ビックリした。
kzsagami

kzsagamiの感想・評価

4.2
これはなかなかのサスペンス…。
かなりの緊張感がある劇的なドラマです。

すべては彼女の掌の上で転がされていたのか、はたまためぐり合わせなのか。
劇中いくつかのアクシデントが起きるが、大きな流れの中ではとるに足らないことだったということなのだろうか。僕はそうではない気がする。彼女は先の先を読み、いち早く手を打っているがだから勝った負けたというだけではない。彼女が実際に参っていたのは明らかで、そこをクリアできたのは劇中では語られることのない「信念」と「意地」が周りの人を動かしたからだと思う。
彼女が勝者になれたのは超優秀な仕事人だからというのは当然だが、彼女の根底にある何かが敗者にしなかったのだろうと感じた。
Rika

Rikaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ここまで仕事に打ち込む人っているんだっていうほど仕事一筋のスローン。モチベーションは勝つことって言ってたけど、そうなった理由はなんだろう。
しかも部下や同僚の信頼を得られず1人で戦ってる。すごすぎる。

時々悲しい表情見せるスローンが辛かった。でも本当に頭良くてかっこいい女性。



日本もアメリカもどこの国も政治はこんな感じなんだろうなと。

ラスベガス銃乱射事件かあっても銃規制が進まない、もっと規模大きくするの世界から戦争、貧困ががなくならないのってほんの数人の汚い欲望のせいだと。

日本語字幕でもう一回見たい。
colga

colgaの感想・評価

4.2
なにこれ、全部計画のうち???
あと一歩まで登りつめたら
雲行きが怪しくなってきたり…
一喜一憂してる暇もないくらい
テンポよく進んでいく。
中だるみも無く最後まで楽しめた。

美しい頭脳派とかズルイ!
結局仲間信じてるし
エスコートの男性もいい人すぎた
Tpgooner

Tpgoonerの感想・評価

3.6
男娼の真摯さから、アメリカ人の正義感というかヒロイズムを感じた。
菱沼

菱沼の感想・評価

4.0
自分にとっては尺が長めの作品だったが、最初から最後まで緊張感があり、途中でダレたりせずに鑑賞できた。

予想していなかったあのラストの驚きはよかった。
natsuki

natsukiの感想・評価

4.3
スローン、まじ、かっこいい。目が離せないとはこのことだー。やっぱり純粋に、聡明で強い女性に憧れる。
クスリと中華料理
エスコートサービス
闘う女の寂寥 哀切
表と裏 沁みた
邦題は微妙
ばんち

ばんちの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ラストの法廷シーンでのJessica Chastainの熱の入った演説と大反撃シーンは、それまで基本的にクール路線だった役柄と相反してカッコよく鳥肌モノ
それすらも彼女の演技の可能性もあると考えると、本当に凄いキャラだなと
巧みな脚本も相まって、2時間があっという間