女神の見えざる手の作品情報・感想・評価 - 99ページ目

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

はまち

はまちの感想・評価

3.6
最初難しかったけど、どんどんこの人こわってなっておもしろくなってきて、もう最後にやられましたーー(*^^*)
かっけえええええ
あたり

あたりの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃ面白かった。ワンダーウーマンだ…。
オープニング、あっこれは絶対また出て来るしキーになるなと思ったセリフが案の定いちばんゾクゾクするシーンで出てきて快感だった。

ロビイストって日本であんまり馴染みがないし(多分…わたしは知らなかった)銃規制も他人事ではあるんだけど それでも充分楽しめた。
種明かしのシーン、それ自体もすごかったけど 彼女が自分の本当の気持ちを吐露していることに感動して泣いてしまった。もう一度観たい。
マーク・ストロングめちゃ好き…。
乾

乾の感想・評価

3.0
伏線が色々あった気がするけど、全部理解できなかった。彼女の過去が気になる
mayo

mayoの感想・評価

4.0
勝つために手段を選ばない、天才ロビイスト✨
敵が切り札を出した後に切り札を…
途中、中だるみしたけど、最後やられました👏
気づけば伏線だらけだった❗

実際、彼女の過去に何があったのかとかそういうのはでてこなかったけど、絶対何かあったんだろうなって思う。。
カッコいいし尊敬するけど、絶対こんな人とは関わりたくない(苦笑)
なんとなく、見終わって『ダメージ』を思い出したわ。
yumeayu

yumeayuの感想・評価

4.5
「切り札は先に見せるな」
「見せるならさらに奥の手をもて」

ロビイストって聞いたことはあるけど、実際何をどうしているのかよくわからない職業ですよね。
密かに暗躍して裏から政治を動かすようなイメージでしょうか。まるでスパイのよう。

今作はそんなロビイストの知られざる実態を描いているのですが、見る前は政治が絡む話だし、きっと小難しいんだろうなと思っていましたが、そんな事はいらぬ心配でした。

しかし正直に言いますと、登場人物たちの台詞が早口で専門用語も多いため、政治的な部分はおそらく理解できてません(笑)。
それでも脚本がいいのか、話の筋はわかりやすかったし、ダレるところもひとつもなく、全く障害はありませでした。
初めこそテンポの早さと慣れない会話の応酬に戸惑いましたが、知らず知らずのうちに物語に引き込まれてしまいました。

ジェシカ・チャステインが演じた敏腕ロビイストのエリザベスは、まるでダークヒーローのようでした。
目的の為なら手段を選ばず、時には味方をも欺く徹底ぶり。全ては勝つために。
まるで将棋やチェスのように、相手の一手先、二手先を読み、裏の裏のそのまた裏をかく。
ラストに待ち受ける驚愕の一手は、まさに"見えざる手"でした。
この展開はあまりにも出来過ぎだとも思いますが、全ては彼女の手のひらの上で踊らされていたということなのでしょう。

まったく事前情報なしで見たので、まさかこんな話だとは思ってもみませんでした。
銃規制問題というデリケートな話題を扱った社会派ドラマでありながら、伏線回収バッチリのサスペンスでもあり、ロビイストという知られざる職業を描くお仕事ムービーでもありましたね。
ほぼ会話劇なのに、ここまでエンターテイメント溢れる作品はそうそうお目にかかれません!
はり

はりの感想・評価

3.5
生放送討論をアテにお酒のんで、条文合唱したり、反証になってないぞ!って茶々入れたりするのを見て、弁護士ってそういうノリなのか!おもしろ!ってなった。
リンゴ

リンゴの感想・評価

3.8
最後まで見て面白かった
口論中心だけど目が離せなくて
予想以上に楽しめたスカッとした
irina

irinaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ロビイストなんて職業、初めて知った。
人の影響力ってすごいなぁ。

こういう人がいるということは、いい社会を作りたくて政治をするのか、勝つために政治をするのか、大切な部分がどんどん隠れてきて、なんだか訳わかんなくなりそうだなぁ、と、少し嫌な気持ちになりました。
とは言っても、どんでん返しはスマートで鮮やかだったし、とても面白かったです。

仕事ができてあんなに威張ってる(いい意味で)んだから、男も自分でなんとかしろよ、と、正直思いましたが。
それとも完璧じゃないところを残したかったのか。
toriton

toritonの感想・評価

3.0
救いがなかったかな、と。最後に彼女なりの正義を貫くけど、オンナの男社会での手を抜かないやりきりの最後は、やっぱりこうなるよね。。映画なだけに、もう少し情緒が全体に欲しかったかな、と思う。
シチュエーション的に感情移入できそうな話なのに、なかなかできずでした。残念。
linyows

linyowsの感想・評価

-
最後までどうなるか読めなかった。天才と頭のおかしい人間は紙一重と言うが、頭のおかしい描写は精神的疾患を想像せざるを得なかった。勝利に取り憑かれた勝利のプロフェッショナルが、時折見せる死んだ魚の目は、彼女の見た目の美しさと反して、どんどんスクリーンに没入していく。緻密なストーリーと迫真の演技が、ありきたりの映画を面白くしている