スウィート17モンスターの作品情報・感想・評価

スウィート17モンスター2016年製作の映画)

The Edge of Seventeen

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

「スウィート17モンスター」に投稿された感想・評価

17歳は人生のふち(Edge)だ。
この世に「世界」はひとつしかなくて、ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)はそのへりでひっそりと生きている。
ひとに好かれる方法が彼女にはわからないし、好きなひととどう接したらいいかなんて、もっとわからない。ブスで口も悪い自分は最低の人間で、大嫌い。自分自身の愛し方もわからない。
「世界」の中心では、バカだけどうまくやっていける、兄貴(ブレイク・ジェンナー)みたいな「勝ち組」の連中が幅を利かせている。
こんな不公平な世界ははやく滅亡してほしい、と彼女は願っているけれど、そんな願いが聞き入れられることはもちろんない(彼女は神にすら愛されていない)。
どころか、勝ち組の連中が世界を押し広げる圧力は、ネイディーンのささやかな世界にまで押し入ってきて、彼女を崖っぷちへと追いやる。17歳の女の子の小さな世界が、他人の世界と衝突する。

ふちに立たされて、ネイディーンははじめて気づく。「世界」はひとつではないということを。
いまいる場所が境界である、ということは、その外側にも世界が広がっている、ということを意味する。
そとに別の世界が広がっているからこそ、そこがへり(Edge)だとわかるのだ。
だれかの世界と衝突する、ということは、他人にも「世界」がある、ということを意味する。
悩みなんてなにもない、無敵の「勝ち組」だと思っていた兄貴にも、兄貴の世界があって、そこで苦しみながら生きている。
苦しんでいるのはわたしだけじゃない、と気づくとき、彼女の世界は相対化される。
唯一絶対だと信じていた世界が、じつは無数にあるということが、他者と対峙してはじめてわかる。
相手の世界を知ることで、そのひとのことが好きになる。
相手の世界を知ることは、自分の世界を知ることでもある。
自分の世界を知ることで、自分のことがちょっとだけ好きになる。
この世界がいままでと違ってみえてくる。

映画とは相対化である。
ネイディーンの悩みが、苦しみが、わたしたちの中にもあるからこそ、ひとは映画に共感し、心を動かされる。
映画の世界が、わたしの世界にぴたりと重なり、わたしの世界まで相対化される。映画を観るまえとあとでは、世界が違ってみえてくる。
わたしが変化したことで、この世界まで変化する。
映画は世界を変える。
原題は、The Edge of Seventeen。この映画をみて、人生のふち(Edge)を軽やかに乗り越えよう!


補遺。
ネイディーンの良き理解者であり、友でもある教師ブルーナー(ウディ・ハレルソン)に助演男優賞を。あの先生なら、ネイディーンもきっと大丈夫だ!笑
たは

たはの感想・評価

3.4
そのままでも大人にはなるけれど、間近で「気付かせてくれる人」が見離さず向き合ってくれること自体、とっても幸せで、恵まれていることなんだよ。17歳で気づくことができたネイディーンは、子供のようだけれど、素直でとってもスマートです!
Hiraly

Hiralyの感想・評価

3.7
思春期のこじらせのあるあるが詰まってた

もぅこんな時期には戻れないけど
何してもダメで
私以外がおかしい!きーー!!!

ってなってたなってた

今思うと、当時の悩みなんて鼻くそだけど
でもそれが自分の世界の全てだった
柴田

柴田の感想・評価

4.0
ヘイリーが可愛い。
面白かった、自分はなにやってんだろって思うことばっかりだよね。お母さんとの掘り下げがもっと見たかった。
たま

たまの感想・評価

3.5
主役のヘイリーが魅力的。
綿矢りさの『蹴りたい背中』や『勝手にふるえてろ』を思い出した。これにもネイディーンみたいなこじらせモンスターがでてくる。

自分にもネイディーンみたいな痛い時期があったから観てて辛いとこもあった。

主役のヘイリー・スタインフェルドは『はじまりのうた』で初めて知ったけど、あいかわらず憎めない魅力があるなとおもった。ほんとかわいい。
いのれ

いのれの感想・評価

3.5
ずっとみれる空気感シリーズ
kf

kfの感想・評価

3.7
記録
>|