スウィート17モンスターの作品情報・感想・評価

スウィート17モンスター2016年製作の映画)

The Edge of Seventeen

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何を…

まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何をしてもかなわないとコンプレックスを抱いていた人気者の兄ダリアン(ブレイク・ジェンナー)とクリスタが恋に落ちてしまう。疎外感から世界にたった一人取り残されたような気持ちになったネイディーンは、とんでもない行動に出るのだが…。

「スウィート17モンスター」に投稿された感想・評価

この子どっかで観たことあると思ったら、マーク・ラファロの娘の、エモいギター弾いてた子だった
SOR

SORの感想・評価

5.0
ネイディーンの一挙一動にヒリヒリした。自分にも心当たりがありすぎて。
ほんの少し素直になるだけで人生はほんの少しずつ楽しくなるんだということを教えてくれた映画。オススメです。ぜんっぜん実践出来てないけどな!!!!!

あとこれを見てからアーウィン役のヘイデン・ゼトー氏のファンになりました。高校生を演じた彼は実年齢32歳だそうで驚きました。すげえ。
いずも

いずもの感想・評価

3.9
不完全なものほど愛おしい、って思えた作品。
GUMI

GUMIの感想・評価

4.0
大好物。この痛々しさがたまらない


1軍男子の兄に対する劣等感etcから卑屈に育ってしまった17才女子のネイディーンが恋と友人関係でグチャグチャになって更に拗らせるけど一皮剥けるお話。
青春映画好きであり拗らせてた自分にとって観るほかない題材。実際、すごく気に入った。


ヘイリーちゃんって誰もが認める美人顔!ってわけではないのに惹き付けられますね。ラストのあの表情よ…!
「どうせワタシなんか〜」って言ってる割に自分大好きな主人公の演じっぷり見事。
彼女の人間性を正すためのショック療法の数々に心配になりましたが、いい感じの救いがあって安心。
ユーモアあって真面目で一途、そして金持ち。アーウィンくん彼氏にしたすぎるな…

彼女だけでなく家族みんなも一歩進めたのがまた良し。影響を与えて影響を受けるのが家族だな。
叱りつつも悩む母、弱みを見せない兄、慈悲深い親友、憧れの男の子、不器用ながら見守ってくれる先生…みんな愛らしい青春の欠片になりますなぁ。


ウディ·ハレルソンの適当に見えて適当じゃない先生たまらないです。
図らずも先生萌えまでできました。
maki

makiの感想・評価

3.8
気持ちが分かりすぎるくらい
分かって見てて辛い
共感度マックスで
もぉ、止めて、思春期にグサリだよ!(29歳。)

ネィディーンのコンプレックスの塊で、青春を謳歌できない
はみ出し者感が本当に良く分かる。

先生が冒頭で言う、休憩時間にやって来る生徒は
奇抜な服装した奴らばかりって
ここがもぉ絶妙!細かいけどよく当たってます!笑
美人じゃない子は個性で勝負するの!w

また太ってないけどむっちりした太ももが、ティーンらしくて良い。

同じような兄がいるから
兄と比較されて余計に惨めに感じる気持ちも痛いほどよく分かります。

身内だからこそ遠慮なしに
お互いの欠点など言い合えるし
鋭いところ突かれて、それがまた腹が立つんだよね。

でもお兄さん10代にしては大人だ
立派だけど彼も彼で甘えられない立場で辛いなぁ。

私には主人公をこいつ痛いよなーって
引いた目ではとても見れなくて
共感と思春期を思い出して
涙が出たよ。

自分のことが大嫌いでも
側にいてくれる人が何人もいることに気付けるかどうか。
捻くれた10代じゃ難しいよね
捻くれた大人でも難しいよ。笑

先生がいい味出してる。
一見無責任そうに見えて
説教や説得もなく、虫のいい夢を見させない、ただ聞いてあげるだけってのが良かった。
なんやかんや面倒見いいし。

もぉいい大人だけど、勉強させられる事が多いです
人生に通じるテーマがあるし
純粋に沁みます。
ティーンも大人にもおススメです。

アジア系の男の子普通にイケメンですけどー。w
面白かったです。
アメリカのティーンの
友情、家族 、恋の悩み、
こういう青春映画好きです。
LAGUNA

LAGUNAの感想・評価

3.9
何気に見始めたら、引き込まれて最後までみてしまいました。
17歳あるあるで面白かった!
自分だけが不幸だと思いついつい人にあたってしまう。嫌みな口をきいてしまう。そんな自分が嫌いでもある主人公。
ウデイハレルソン演じる先生、凄くいい~。
アジア系のボーイフレンドの作ったアニメ映画よかった。
ラストには気持ちよくなっていた。
たま

たまの感想・評価

4.0
幼少の頃から要領が悪く偏屈。その上気難しい年頃の17才。不機嫌さを全面に出して生きている。
彼女と彼女を取り巻く人々の話。
誰もが孤独で不安だけどそれを隠して生きてるんだなと思う。
お母さんは夫の死を乗り越えられてなく情緒不安定、気難しい娘とどう向き合うべきか悩んでいる。
兄は父の死に傷ついてそして家族を支えなくてはと密かに思っていたイケメンだけでなく良い奴!兄の言葉に思わず涙した。
ウディ・ハレルソンはいい味出てたな。決して綺麗事は言わない。
だから信頼出来る。
アジア系の男子も良かったね。
登場人物の心情が丁寧に描かれていて皆に共感できるとても良い映画でした。
SODA03

SODA03の感想・評価

4.0
ヘイリーが性格最悪な拗らせ女子を熱演。
口の悪さは天下一で、嫌味な言い回しはクスッくる。

捻くれた女の子の話なのに、見終わった後はスッキリする気持ちの良い映画。
coco

cocoの感想・評価

4.5
世界で一番頼りにしていた父が亡くなり、唯一の友達は大嫌いな兄の彼女になって勢いで絶交しちゃった。
そんな女の子の数週間を描いた青春ムービーでした。
観終わって改めて思うんですが、10代の内にこの作品を観ることができてめちゃくちゃ幸せです!!
共感の嵐でした!!笑

ずーーーーーーっと観たくて観たくて、待ちに待ってやっとwowowで放送されたので鑑賞。
ヘイリー主演という時点ではやく観たい!と思っていた本作。
やはり彼女の演技がすごくて、特にイライラやモヤモヤを表現する的確さ?は観ていて『そうそう!わかるよ!』ってなるばかりでした。

もちろん演技だけでなく、ファッションや曲もよかったです。
靴やアウターといった一部分はいい感じのを選んでるけど、おしゃれとは言えないコーディネート。
同世代には全くドンピシャじゃないけど、めちゃくちゃ素敵な音楽。
細かい要素1つ1つにネイディーンの人となりが見える気がして、そのピース1つ1つを見逃さずに観なきゃ!聞かなきゃ!ってなってました笑

基本的にネイディーンが暴走していく過程とその結果の繰り返しなんですが、同年代なので人ごとでは済まされない何かを感じて、ドキドキしたりしてました笑笑

思春期後期の17才ならではだと思うんですが、
世界や社会に絶望→思いもよらないところから生じたわずかな希望にすがって変に挑戦する→玉砕→絶望
このサイクルが全てでどの1つをとっても自分にとっては一大事で。
でもそのほとんどが振り返ってみると、しょうもなくて時間の無駄みたいなもんなんですが、当時は自分の人生に関わる一大事なんですよね笑

でも、この映画が伝えたいのはそこだけじゃなくて、終盤のシーンみたいな家族や友達、もしくはそれに近しい存在が誰にでもいるはずっていうメッセージ。

当時は、みんながみんな世界の中心で、自分を軸に世界が回ってて、不幸は自分にばかり降り注ぎ、その他大勢の人生は自分のよりだいぶマシ。
なんて考えてしまいがちだけど、みんな何かに苦しんでて必ずしも幸せとは限らない。
このことと自分を支えてくれる存在に気づけたら勝ち笑

今までで多分一番長いレビューになっちゃいましたけど、10代を過ごした人なら誰でも共感できる良質な映画です。
是非是非是非!✨
>|