スウィート17モンスターの作品情報・感想・評価

スウィート17モンスター2016年製作の映画)

The Edge of Seventeen

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何を…

まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何をしてもかなわないとコンプレックスを抱いていた人気者の兄ダリアン(ブレイク・ジェンナー)とクリスタが恋に落ちてしまう。疎外感から世界にたった一人取り残されたような気持ちになったネイディーンは、とんでもない行動に出るのだが…。

「スウィート17モンスター」に投稿された感想・評価

この子どっかで観たことあると思ったら、マーク・ラファロの娘の、エモいギター弾いてた子だった
87

87の感想・評価

3.4
気持ちわかりすぎて、昔の自分の一面を見ているようで、一つ一つのセリフがグサグサ刺さった…。
しかも、お兄ちゃんの気持ちも殴られたように染みた…。

ウディ・ハレルソンみたいな教師に出会いたい人生だったな
saysea

sayseaの感想・評価

-
完全にネイディーンの親の世代ではありますが、好きになった一作。「13の理由」とかみたくギスギスしていなく、作品まるごと愛らしい。

音楽にハンス・ジマーの名前があって驚いた。Score Producerって立場みたいではあるけれど。
きの

きのの感想・評価

4.5
この主人公に共感できる人は、きっと拗らせた経験がある人だと思う。
17歳という思春期真っ只中、自意識過剰で世界の主人公は自分だと思っている頃。自分だけが特別だと、不幸だと思い込んでいる。時々突発的な行動を取り周囲を困らせる。

この映画を観て、主人公にむかついた人。理解できなかった人。その人たちは、すごく真っ直ぐ育ってきた人。拗れなかった人。輪の中にいた人。沢山の人に愛され、それを理解していた人。

私は前者だった。感情移入して、もうやめてくれとも思った。コメディ要素も含み、笑ってしまう場面もあるのに、苦しい。17歳を過ぎて大人になってしまったからこそ、過去と照らし合わせて観てしまう。

そして主人公の母も。「誰もがこじらせて大人になった。」大人になるタイミングには個人差がある。自分の人生は自分が主役だと個人的には思う。しかし、世界から見たときにそうではないと気付かなければ、拗らせているままなのだと。

という風に拗らせた感想ですが、ザ・アメリカといったようなカフェや部屋、洋服も。全て可愛くて、暗すぎない、コメディなのになぜか切ない。フライヤーを見てなんとなく惹かれた映画でしたが、観て良かったです。
ウイ

ウイの感想・評価

-
あーあ、やってくれちゃったな。16歳の私には痛い痛い、身に覚えがありすぎるよ。殴られたみたいに痛い。

私は彼女ほど感情的じゃないけど、同じところがありすぎたなあ。母とは対立してばかりで父は味方。兄弟に対するコンプレックスに、友達に依存してしまうこと。私にもあんな先生がいたらなー!


こんな感じだったのは中学生の時だった。中2がピーク。悔しいから、自分は特別なんだって思い込もうとしてた。今でもまだ言葉にしたくない事ばっかりだ、大人になったら黒歴史みたいに話してるかな。


なんだかなー、言葉にしたくないけど、まだ笑い話にはできないけど、誰かに話したい気持ちでいっぱいだ。
このタイミングでこの映画を見たのは、良いのか悪いのかわからないなー。変われないのが怖い。みんなみたいになれないのが怖い。このまま大人になるのかなって漠然とした恐怖。ヘタクソなまま生きていくのかなって絶望。仲間だと思っていた友達が、どんどん上手に生きていくようになっている。自分の性格を変えるのはそう簡単に行かないし、ずっと信じてきたものは容易く変えられない。でも、ね、変わらないといけないのも知ってるのよ。この映画のせいで、これからが変わっていきそうなのよ。私は彼女ほどボロボロになった事はないし、なる予定もないし、なったとしてあんなに明るく生きられる気はしないけど、反面教師としてこれからもよろしくお願いします。1年先を生きているんだから、これから先1年どうやって生きれば良いのか教えてくれよ〜。先生、私にもアイス代くださーい!
ほし

ほしの感想・評価

1.5
『(500)日のサマー』100回観ろ。
『誰もがこじらせて大人になった。』

ジャケに惹かれて気になってた作品を鑑賞。

所々、私の精神まだ17歳のまま止まってる気がして焦る。

ネイディーンみたいに自分が1番不幸っていう風には思ってないんだよね。むしろ、自分より不幸な人はたくさんいるのになんでこんなモヤモヤするんだろ、的な自己嫌悪感がある。そー、その自己嫌悪のとこは凄い共感する。ずっとこのままの自分は嫌だ、とかね。自分もネイディーンのように''こじらせ女子''要素はあるからこそ、始終涙がボロボロでてたんだろーな。

最近迷走してて、自分の事を客観視できてたのはずなのにできなくなってるんだよね。それが今自分の課題でそして他の部分でも早く殻を破りたい。改めて思った。ラストのネイディーンの笑顔を見てね。
句読点の使い方がイマイチ
フローズンヨーグルト代
釣りは返せよ

パーティとは対照的に
輪の中に入れてくれるアーウィン。最後輪の中にはいった笑顔も最高だった。
おたき

おたきの感想・評価

3.6
良かったですが、期待を越えてこなかった( ; ; )
もう少しカタルシスがあれば。

ただこの年代って『イケてる人たちと友達の自分』とか『イケてる人と恋人の自分』とか自分の存在を他人に頼っちゃうとこある気がします。
あと他人と比べて、他人が輝いているからこそ自分の影が濃くなっていくとこ。
変われない自分に対して変わっていく他人を許せないとこ。

もう自分の青春そのものです笑
そんな気持ちを思い出させてくれた作品です。
9/26 松竹でうめさんと
>|