スウィート17モンスターの作品情報・感想・評価

スウィート17モンスター2016年製作の映画)

The Edge of Seventeen

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何を…

まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何をしてもかなわないとコンプレックスを抱いていた人気者の兄ダリアン(ブレイク・ジェンナー)とクリスタが恋に落ちてしまう。疎外感から世界にたった一人取り残されたような気持ちになったネイディーンは、とんでもない行動に出るのだが…。

「スウィート17モンスター」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

3.4
ティーンのエネルギー溢れる何でも出来るぜポップなだけじゃなくて『小悪魔はなぜモテる!?』的な、冷静に自己内面の熱を訴えて、何故世間の光景と違うのかと照らし合わせて気付いていける様が良いです。あの世界での、若さの熱。あとウディ・ハレルソン。
ジュナ

ジュナの感想・評価

4.7
家族や恋愛や友達に悩んだ、こんな時があったな〜って、その時に戻りたくなりました😢😢
痛々しくて甘酸っぱい。
テキニ

テキニの感想・評価

4.2
アーウィンいい👍友達も兄貴もお母さんも先生もお父さんも👍笑

わかるわかるってなり過ぎて首取れそう
久々にいいのみれた!!

セブンティーン最高
度★★★★★
キョウ

キョウの感想・評価

4.2
「17歳」ってやっぱり全国共通なのかな。

私は男なのでネイディーンとはちょっと違うところもありますが、色々とこじらせてしまう気持ちはよく分かります。


とにかく色んな事に悩んでしまったり、
嫉妬してみたり、
自分が一番不幸だと思ってみたり。


自分で自分が分からなくなってる様子が、
やけにリアルに見えました。


ヒロインのネイディーンの周りには母や兄、
親友のクリスタや学校の先生がいて、
それぞれがとても良い存在感を持っていて魅力的です。

中でも、ウディ・ハレルソン演じる先生が好きでしたね。いつも愛想悪いし、話も片手間にしか聞いていないように見えるけど、ちゃんと生徒のことをみている。こんな先生に習ってみたいな。

青春真っ只中のネイディーンは、映画序盤では周りが全然見えていませんでしたが、次第に自分に対して素直になったように、
我々もたまには周りを見渡す事が必要かもしれませんね。そうしたら身近な幸せに気付くことができるかも。


そんなことを思わされる、
後味すっきりな
レモンスカッシュ感覚な映画でした。
Junko

Junkoの感想・評価

3.5
青春時代はこんなやったなって、改めて感じた作品
主役の女の子が自然で感情移入できた
もう大変、あんなメールを送ってしまったら、私なら引きこもりになるしかない!
17歳って まぶしいお年頃だよね
何にあせって、自己嫌悪して、変なライバル意識もあったりして当人は
毎日クタクタだったりするんだよね

落ち着いてみたら、自然にステキな人はそばに いたりするよね
杉11号

杉11号の感想・評価

3.9
17歳ってなんでも出来るようで何にも出来ない年頃 。

拗らせた高校生活を送りたかった。先生には恵まれた気がする。

自分のことあんまり好きじゃないけど
自分のこと少しでも認めてあげられるようになりたいな。
吉岡渉

吉岡渉の感想・評価

4.5
スイートセブンティーンモンスター

そうそう、あるある、こんなことあったなー。
見てからそう思った人も少なくないのでは。なんならいまでもこんな気持ちになることがある?



隣の畑がよく見えるとき。
隣の車線がやけに進むように見えるとき。
自分にないものを相手が持っているように思うとき。

コミュニティの構成人数が多くなるにつれて多くの個と関わるようになる。世界が広がり始めた17歳にとっては深刻な問題だ。
数が増えるたびに周りにあって自分にはないもの。
それをたくさん見せつけられる。

わたしだけ。

同じ世代の若者が皆思い皆悩む個性という名の独自性。
特別でありたいという思い。


家族にとって、身近な友人にとってすでにあなたは大切な一人。ということがなかなか理解できず、自身からの視線でしか物事を図ることができない。

ぶつかり砕け、受け入れる。
そうすることで人は成長し、前に進むことができる。
見えない壁を自分で作っていた少女が問題は自分の中にあったのだと気づく姿を見て、
捩れた見方をせずにまっすぐ向き合う事を教えてくれる作品。



お気に入り。
>|