スウィート17モンスターの作品情報・感想・評価

スウィート17モンスター2016年製作の映画)

The Edge of Seventeen

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何を…

まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何をしてもかなわないとコンプレックスを抱いていた人気者の兄ダリアン(ブレイク・ジェンナー)とクリスタが恋に落ちてしまう。疎外感から世界にたった一人取り残されたような気持ちになったネイディーンは、とんでもない行動に出るのだが…。

「スウィート17モンスター」に投稿された感想・評価

たった104分でネイディーンを大好きになってしまいました!最高に面白かったです!!
主演のヘイリースタインフェルド、何かで観た事あるなぁ〜なんだったっけなぁ〜と記憶の糸を手繰り寄せていたら、そうだ!ピッチパーフェクト2の新入部員の娘だ!と15分くらい観たところで思い出しました。
17歳って16歳でもなければ18歳でもないですよね。なーにを当たり前のことを言っとるんやとツッコまれそうですけど、ホントにそう思うんですよ。大人でも子供でも無いというか、子供でいたいし、大人でいたいし、子供扱いされたくないし、大人なんかなりたくないし、もうぐるぐるぐるぐる心の中が大観覧車状態なのが17歳ですよ。
ネイディーンの気持ちってイケイケな自信家には分からないんでしょうか。私には彼女の言ってること痛いほど分かってしまって何だか泣くような場面でも無いのに泣いてしまったりしました。自信に満ち溢れたバカは滅亡すれば良いってまさにその通りだと思いますもん笑
不器用で、友達も恋人もいない。弱い自分を晒すのが怖いから懸命に皮肉を効かせて喋り倒す。でもそんなネイディーンがとても可愛いんですよ。部屋でエイミーマンのSave Me流しながら、好きな男の子のフェイスブック眺めてるなんて最高ですよ。
"自分が世界で一番孤独"この島から抜け出すのは大変だと思います。でも彼女は沢山傷ついてようやく自分自身へ優しさを向ける事が出来る、自分を愛しても良いのだと前を向き始めるんですね。やっぱりネイディーンは凄い女の子ですよ。弱くて弱くて弱いけど、圧倒的に強い!
そして、教師役のウディハレルソン。これがまた良い先生なんですよ!熱血教師とかそういうんじゃなくて、なんていうのかなぁ、物凄くフェアに生徒を見てくれているというか。フェイスブックのくだりで「句読点が」なんて言ってくれるのホントに最高ですよ。
あらすじも全然知らない状態で観ましたが大好きな映画でしたし、ヘイリースタインフェルドの事も大好きになりました!これから彼女が出てる映画が上映される度に幸せな気持ちになると思います!人生が明るくなりました!
えみ

えみの感想・評価

3.8
こういう、不器用でもどかしい感じの青春映画、結構好き。
et03151

et03151の感想・評価

4.0
レイトシアターで友達と見るには最高だった
同じ17歳だからこその共感やウキウキ
AKANE

AKANEの感想・評価

4.2
私も少し大人になれた気がした。
ma

maの感想・評価

-
主人公の女の子がイヤミで嫌な子って思うんだけど、ひねくれ方に少なからず身に憶えがあるし、10代の未熟さ瑞々しさが眩しくて憎めない。最初から最後まで、「あー、もうっ」と思いながら応援してました。
ゐこ

ゐこの感想・評価

3.0
圧倒的にキャラもポジションも自分と違うから特に共感はないけど他人とは違うと自覚はあってもそこに酔ってない所が良かった
MINA

MINAの感想・評価

3.7
17歳の繊細さがリアルで良かった。
17歳の時って虚無感に包まれる時が多々ある。
もう17歳でなくなってから随分経つけど、共感できた。
懐かしいような感じ。
主役のヘイリーかわいかった。
先生もユーモアあってよかったなぁ。
maverick

maverickの感想・評価

4.0
予告観た限りだと、痛いティーンの女の子の行動に笑ってしまうお気楽コメディ映画って感じだけど、かなり感動的で泣けたので驚いた。基本は前述したお気楽コメディで重苦しくもなく楽しく軽快なんだけど、主人公の成長物語になっており、10代の女の子ならではの甘酸っぱさだけでなく、社会や家族と上手くやっていけない人間が抱える苦悩が描かれ、そこからどう向き合っていけばよいかが物語に盛り込まれている。痛々しい自虐的なヒロインを『トゥルー・グリット』のヘイリー・スタインフェルドが演じているが、元は可愛らしい彼女があそこまで適役と思えるほどダメな女の子を好演しているのが凄かった。ティーンの女の子だけでなく年齢性別問わずに観てほしい。色んな人に向けてメッセージが込められてる。笑って楽しんでいっぱい泣いて、すがすがしい気持ちで一歩を踏み出そう!自分はもっと自分に自信を持っていいんだと思える作品です。
タイトルそのもの、モンスター級にイタくて、青春で、恥ずかしくてめちゃくちゃだけど、何故だか愛おしい。

自意識過剰、止まらぬ妄想、そんな自分に自己嫌悪、それでも止まらない…青春を拗らせたことのある人間からするとこちらまで恥ずかしくって、抱きしめたくなる。
字幕の表現が絶妙に面白いし、ツボをついてきますわ
>|