スウィート17モンスターの作品情報・感想・評価

スウィート17モンスター2016年製作の映画)

The Edge of Seventeen

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何を…

まだ恋より友情が大切な17歳。キスも未経験、妄想だけが空まわり。 ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)や情緒不安定な母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタ(ヘイリー・ル・リチャードソン)だけが自分のすべてだと思っていたのに、何をしてもかなわないとコンプレックスを抱いていた人気者の兄ダリアン(ブレイク・ジェンナー)とクリスタが恋に落ちてしまう。疎外感から世界にたった一人取り残されたような気持ちになったネイディーンは、とんでもない行動に出るのだが…。

「スウィート17モンスター」に投稿された感想・評価

Masa

Masaの感想・評価

4.0
主演の女の子が,「おい!おい!」と突っ込みたくなるくらい嫌味や皮肉をいいながら落ち込んでいく,自己肯定感の低い思春期の女子高生を見事に演じている。最後は別人のようで,とても上手な女優さんだと感じた。ウディ・ハレルソンの生徒思いで心暖かい先生もよかった。
本当はみんな辛いんだけど隠すのが上手なだけで、その事に気づいた時自分は思っていたより恵まれていることに気づく。
自分は正しいのに誰も共感してくれなくて可哀想!と決めつけ、捻くれたり周りを否定したりする主人公にグサリと来た。
自分だけでなく周りの子にもネイディーンを重ねられるので10代女子はそういうものなのだろう。
画としては、ネイディーンのミニスカ姿が可愛かった。
私今年27歳だけど、ずーんとなった時エイミーマンのsave me 聴いちゃう17歳と同じ精神年齢だと思った、ああでも成長ができる10代擦れて凝り固まったアラサーの私。捻くれてるようで誰よりも純粋。取り戻したくなった。
演技が素晴らしい。ポツンといる寡黙なウディ・ハレルソンが良い。
はすお

はすおの感想・評価

4.0
主人公が成長する良い映画。
兄貴かっこいい。
吉見

吉見の感想・評価

4.3
共感できる、かわいい思春期映画。
パーティーの1人になるところとか、お母さん無駄に召喚してまうところとか、17歳。
ゆり

ゆりの感想・評価

3.5
アーウィンかっこいい😍
あまり共感できなかったけど、一つの話として楽しめる作品だった。
あまり、見てなかった笑
KeBabuun

KeBabuunの感想・評価

4.5
ウディハレルソンはなんだかんだでええ奴
Eirik

Eirikの感想・評価

4.5
この作品を人生の教科書にしたい。
単純にそう思った。

10代の女子はみんな共感できるんじゃないかな。自己投影できるネイディーンの一面があると思う。
大人になっても懐かしい思いで観れると思う。

私は一人っ子だから、兄と親友が交際するっていう感覚がイマイチ分からなくて、そこが残念…。

ネイディーンのファッション、アメリカの街並みも素敵。

毎度思うのだけれど、付き合うための告白の文化がないアメリカは、何をキッカケに一線を越えたと判断していいの…教えて下さい…
>|