スウィート17モンスターの作品情報・感想・評価

スウィート17モンスター2016年製作の映画)

The Edge of Seventeen

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

「スウィート17モンスター」に投稿された感想・評価

主人公のこじらせ方が半端ない!笑
青春こじらせ物語
『虹色デイズ』を観た直後に観賞した為、非常にいいお口直しとなった。それにしても主演のヘイリー・スタインフェルドは素晴らしいな。ここ最近たくさん起用されるのも頷ける。完全にクロエ・グレースモレッツの席を奪ったな。いや、その席を受け継いだとも取れるな。どうやら芸能界に戻ってきたらしいけども…。

実は本作の主人公ネイディーンは『虹色デイズ』で恒松祐里ちゃんが演じていたマリというキャラクターと全く同じ種類の拗らせ女子で、観ている自分が1番驚いた。ただもちろん『虹色デイズ』では彼女のお話が中心ではないので、そこまで深く(むしろ浅すぎる)描かれず、不満だった点をこの作品が全て解消してくれた。

自分だけのものだと思っていた唯一の友達の変化に耐えられなくなり、後先考えずについ突き放してしまう不器用さ。自分の言いたい事したい事とは正反対の事をしてしまう自己制御も出来ない17歳。妄想だけが突っ走って現実が追いつかなくなっちゃう系女子。多感な時期だからこそありうる繊細で複雑な感情がこれでもかというくらいに描かれてあった。
t.t34

t.t34の感想・評価

4.1
青春時代を思い起こさせる話。
だれもが共感できるところがこの映画に含まれてる。
主人公の子のように素直になれない自分や男女関係が始まる時期だったり…。
全然違うけど耳をすませばのアメリカ版って感じで似てるのが良かった。
Misaki

Misakiの感想・評価

4.1
高校生の思春期のごちゃごちゃしちゃう女の子の気持ちとかを
すごく等身大に描いてて共感することが沢山あった!

アーウィンすごく好き!
hati

hatiの感想・評価

4.0
こじらせてるのは自分自身がよく分かってて、でもどうしようもなくて、またこじらせて、そんな自分が嫌いで、それに苦しんで、、、、
トイレで吐くシーンの自分が嫌いってところ、すごく共感できる
好きな映画の一本になった
面白かった。

17歳って高3の頃かあ。
yukko

yukkoの感想・評価

3.5
主人公は17歳だけど、
28歳の今にも同じようなことがあったり。
自己嫌悪になることなんて沢山あるけど
そこから抜け出すためには、
自分が前にすすんでいくことが
一番の近道で、
その後の幸せに繋がるんだなって
思った!
共感できるところがあって、
楽しかった!
アーウィンもかっこいいけど、
お兄ちゃんかっこよすぎたなあ。(´・_・`)
はな

はなの感想・評価

4.2
あぁ、なんか分かるなあって
たぶん自分の考えてる以上にぐさっときた(笑)大人には分からないこと、大人になっちゃったから分かること、いろいろあるよね、
>|