エゴン・シーレ 死と乙女の作品情報・感想・評価

エゴン・シーレ 死と乙女2016年製作の映画)

Egon Schiele: Tod und Mädchen/Egon Schiele: Death and the Maiden

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:109分

3.6

あらすじ

20世紀の幕開けとともに彗星のごとく現れ、スキャンダラスな逸話と名画の数々を残して、わずか28歳で早逝した異端の天才画家エゴン・シーレ。数多くのモデルと浮名を流したシーレにとって、とりわけ大きな存在となった2人の女性―16歳でヌードモデルを務め、敬愛する兄を献身的に支え続けた妹ゲルティ、そしてクリムトのモデルを経て、シーレとは公私にわたるパートナーとなって彼の美のミューズであり続けたヴァリ。彼女…

20世紀の幕開けとともに彗星のごとく現れ、スキャンダラスな逸話と名画の数々を残して、わずか28歳で早逝した異端の天才画家エゴン・シーレ。数多くのモデルと浮名を流したシーレにとって、とりわけ大きな存在となった2人の女性―16歳でヌードモデルを務め、敬愛する兄を献身的に支え続けた妹ゲルティ、そしてクリムトのモデルを経て、シーレとは公私にわたるパートナーとなって彼の美のミューズであり続けたヴァリ。彼女たちとの濃密な愛の日々を通じて芸術を追求し続けるシーレの姿を赤裸々に炙り出す。

「エゴン・シーレ 死と乙女」に投稿された感想・評価

megさん

megさんの感想・評価

2.5
エゴンシーレを知りたくて観た。
彼を演じた若い俳優は大変な美少年で、これではこんなにモテるのも無理はないなと納得だし、味方したくなるし、この映画を上質なものにしている。
ヴァリを演じた女優も表情がよく、ウィーン の雪の日のシーンは良かった。
昨日アマデウスを観たので、芸術家は大変だ、とか支える女性が必ずいるなどいろいろ 思った。

この映画自体はそうでもないと言った流れだけど、主役が美しいのでスコアは上がったかな。

黄金のアデーレ、第三の男、アマデウス、エゴンシーレ、ウィーン の勉強になった。
sato

satoの感想・評価

3.5
エゴンシーレという画家を知らなかった。
この映画を観て初めて作品をみた。
先に絵画を知っていたらもっと違う感想があるのかも。
いかにも芸術家らしい一生。
でもあまりに短い人生。
なむ

なむの感想・評価

3.5
芸術家に限らずとも、人って複雑な関係性が絡み合った世界で生きてるもんだと思う。

怒りとか哀しみの表情とか、美青年が演じるだけでこんなにも強く感じるもんだ〜...なんていうか傷ついた美しい獣って感じで良かった 笑
だぶ

だぶの感想・評価

2.8
エゴン・シーレってこんな人生でした映画

画家あるある“女たらし”
かずー

かずーの感想・評価

3.2
アルバトロスが配給する「ガチなやつな方」の映画

ヴァリのための映画。
終始「うおー!男ってやつは!脳みそちんこ野郎!」って感じだったけど、中盤からはヴァリの献身さに胸が痛く……
正直女優さんがそんなに可愛くなく、むしろちょっとババくさくない?って思ったんですが、コロコロと変わる表情の無邪気さと、シーレや芸術と向き合う厳しい表情の相対が魅力的だった。
「ウィーンでの雪が忘れられない。」そりゃあ泥棒猫とその姉(貫通済)と恋人と見た雪なんてなあ!忘れられっかよ!!バカにしてんのか殺すぞワレェ!って私ならなるけど、ヴァリはそうじゃない。本当に叶うならば戻りたいんだな。
シーレは妻に「嫉妬するな」とキレてたけど、ヴァリはたしかに一度も嫉妬することなかった。ただ、最後の結婚だけは許せなかったんだろうな。

序盤に出てきた、ステージ?演劇場?で絵画のワンシーンを全裸で演じるやつ面白い。今でもどこかでああいうのやってるのかな?
この人ってサイコパス入ってる?というくらい普通の道徳観から外れてて、だからああいう作品を残せたの?というベタすぎる芸術家像そのまま。スキャンダラスではあるけど、波乱万丈ではないというか。
山桃

山桃の感想・評価

-
エゴン・シーレはこういう人生だった、という映画。特段ドラマもなく感動する台詞があるわけではありません。
maki

makiの感想・評価

3.3
いつの世も芸術家に振り回される
人達という
関係は変わらないのかもね。

エゴンシーレの一生を描いた今作
すみません存知上げませんで
絵は有名なのしか知りませんでした

エゴンを演じた俳優さんが美男子過ぎて
美しいものを描く美しい人という構図が一粒で二度美味しい現象でした。

妹との関係性危うくてエロいなと
思ったし
女性への描く執念が本当に凄い
実際の絵を見て見たくなりました

芸術に命を燃やす男、を支える女達

絵のためにどこまでも利用してしまうエゴンの身勝手さに
それでも女達が湧いては離れないのは
それだけ彼の絵と才能に(あと彼自身のルックス)に魅力があり惹きつけて止まなかっただろうなぁ
って

現代のアーティストとかもそうだけど
酷い男だと分かっていても
他の男にはない非凡な魅力に
私が支えなくちゃとなってしまうのかな

愛より芸術なんだなぁ
>|