エゴン・シーレ 死と乙女の作品情報・感想・評価

エゴン・シーレ 死と乙女2016年製作の映画)

Egon Schiele: Tod und Mädchen/Egon Schiele: Death and the Maiden

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:109分

3.5

あらすじ

20世紀の幕開けとともに彗星のごとく現れ、スキャンダラスな逸話と名画の数々を残して、わずか28歳で早逝した異端の天才画家エゴン・シーレ。数多くのモデルと浮名を流したシーレにとって、とりわけ大きな存在となった2人の女性―16歳でヌードモデルを務め、敬愛する兄を献身的に支え続けた妹ゲルティ、そしてクリムトのモデルを経て、シーレとは公私にわたるパートナーとなって彼の美のミューズであり続けたヴァリ。彼女…

20世紀の幕開けとともに彗星のごとく現れ、スキャンダラスな逸話と名画の数々を残して、わずか28歳で早逝した異端の天才画家エゴン・シーレ。数多くのモデルと浮名を流したシーレにとって、とりわけ大きな存在となった2人の女性―16歳でヌードモデルを務め、敬愛する兄を献身的に支え続けた妹ゲルティ、そしてクリムトのモデルを経て、シーレとは公私にわたるパートナーとなって彼の美のミューズであり続けたヴァリ。彼女たちとの濃密な愛の日々を通じて芸術を追求し続けるシーレの姿を赤裸々に炙り出す。

「エゴン・シーレ 死と乙女」に投稿された感想・評価

エゴンシーレは私の心の美形画家リストに入ってはいるけど、ちょっとこれはつるんと麗し過ぎてイメージと違う。こんな彫刻みたいな無臭無菌のイケメンではないだろうしクリムトが完全に引き立て役になってて切ない。素描シーンが多いせいもあるけど、あんなドロドロセンシティブな絵をハープでも撫でるかのように爽やかに描くかね。もっと気が狂わんばかりにカンバスにのめり込んで、絵具まみれになりながら寝食も忘れて身を削るように描いてるのを勝手に想像してた。(多分ゴッホの見過ぎ) 画家の伝記映画がいつも何処か物足りないのは、作品の印象から人柄や創作風景を先に思い描いてしまってるからなのか?

所謂ゲスの極み男子な訳だけど、彼にとっては絵を描くことが何より優先されてるだけであって、利用されて苦しむ女達については可哀想とは思わない。流石にヴァリへの仕打ちにはおいおいってなったけど。浮世離れした才能を愛したんだから誠実さを求めるのは野暮。でも求めてしまうのが女。モデルとして肉体を差し出してる間だけは自分だけを見てくれる、その恍惚に溺れてしまうのかな。実の妹でさえも。ただその女達を狂わせる魔力が、べらぼうに美しい役者の外見に依存してしまって、人間的魅力が浮かび上がってこないのが残念だった。
9638

9638の感想・評価

-
なんだか疲れてしまったね参ってしまったねシーレいつでも夢遊させてくれる映画でも画家たるやかくある
U

Uの感想・評価

3.6
劇場鑑賞したのにチェックもれのため思い出しレビュー

大好きな画家エゴン・シーレ
代表作の死と乙女のエピソードがとても悲しかった
何かに特別に秀でている人間は普通には生きにくいんだろうな
ろく

ろくの感想・評価

3.0
エゴン役の俳優がむちゃくちゃイケメンだったけどやってる事がクズオブクズだったので何も言えない…。
劇中の湿っぽい雰囲気は好き。
ザン

ザンの感想・評価

3.1
某バンドの歌詞に登場する名前だったので気になっていた。日本の春画も参考にエロスを描く短命画家だった。
Jasminne

Jasminneの感想・評価

2.9
小児性愛者の疑いをかけられて裁判になるところはハラハラしたけど、この人はその点は真っ黒なグレーだと思った。
亡くなってからの評価は大変高く絵も高い値段で売れているようだけど、人としてはかなり問題がある。自分以外は全て愚かな生き物だと思っていたのだろうか。その意識が芸術の源だったとしたら嫌な話である。
むうこ

むうこの感想・評価

3.3
ゲス…時代背景も相まって物悲しく美しくまとまっていた
Yuzu

Yuzuの感想・評価

3.6
ウィーンでクリムトの絵に感動して『黄金のアデーレ』を観て、ウィーンの世紀末美術に関心を持って、エゴンシーレの映画を見つけたので鑑賞してみた。
彼の半生を描いたこの映画は淡々としてるけど、この終始流れる暗い雰囲気が結構好き。
エゴンシーレのことをあまり知らないまま、ウィーンで「死と乙女」を観てしまったのが残念。この作品を観て改めてまた観に行きたくなった!!
そしてノアサーベトラが美しかった!
>|