瀧日みゆ

ジェーン・ドウの解剖の瀧日みゆのレビュー・感想・評価

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)
3.2
民間の遺体安置所に到着した身元不明の女性遺体。父子2人の検死官の手によって検分と解剖が始まります……

解剖がメインなんで相当グロいシーンがいっぱいあります。でも彼女のカラダが綺麗すぎて、不思議と見入っちゃうんですよ(´ー`)
息をのむ美しさって こういうことを言うんですよねぇ~。

父子2人が解剖しながら死因を解明していく様子もサスペンスホラーな雰囲気で好きでした。

ただ、そのまま話は進んでいくと思いきや、話は一転オカルトな展開へ変わっていきます。

この変化には好みが分かれるかも。
正直私はテンション下がりました(´^ω^`;)

最後もそう来たかぁ~って終わり方(´ヮ`;)
これ解決してないから続編作れそうじゃんって感じで冷めちゃいました。

でもホラー要素のドキドキ感が凄かったのは確か。映画館で見てたら印象はまた違ったかも?

なんかスッキリしない映画でした(´-д-`)