ゆっきー

ジェーン・ドウの解剖のゆっきーのレビュー・感想・評価

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)
4.0
『死霊伝説』の感想で吸血鬼映画は棺桶を開くシーンが一番怖い。と呟いたが、本作は遺体を解剖=開く運動の映画であり、そのせいで終始怖い…
いやマジで怖いっす!

地下の検死場の使い方はあんまりうまくなく、エレベーターは、その特性を全く生かされない。
ただ直角の廊下、視界の外に立つ影を鏡で見せたりするのはよかったかな。

主人公と父親がわーきゃー騒がないのも素晴らしい。
ホラーの場合、騒がれるとノイズになりがちだし。