みーこ

ジェーン・ドウの解剖のみーこのレビュー・感想・評価

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)
4.0
美しい花には棘がある…

ならば美しい遺体にもー??!


フィルマ評価も良く『トロール・ハンター』のアンドレ・ウーヴレダル監督作品だけに期待はしていましたが、その期待を軽く超えてくる良作でした(*゚∀゚*)


閉鎖的な空間に親子と生々しい遺体。
両手両足の骨は砕け、切り開いた傷口からは鮮血が流れ、内臓には切り刻んだような傷跡が…

そして始まる怪奇現象に怯えながらも解決策を模索する親子の運命やいかにー



驚くほどリアルな解剖描写が楽しくて!
少しずつ明らかになる“彼女”の秘密や、ラジオから流れる音楽は陽気なのに不気味だし、Jホラー的な雰囲気で恐怖演出するような見せ方もとても面白かったです☆


父と息子が主人公なのも良かったかも。
それだけに終盤の展開は辛くて…
もし違う方法をとっていたら?と思えてならない(ノД`)
あと、にゃんこのスタンリー!泣


それにしても最後の運転手の台詞はなんなの??
ジェーン・ドゥに語りかけてるとしたら…
((((;゚Д゚)))