こんろ

ジェーン・ドウの解剖のこんろのレビュー・感想・評価

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)
4.0
あれ、アンドレ監督ってどこかで見たような...と思ったら、あのトロールハンターの監督でした。モキュメンタリーを捨てて、本格ホラーサスペンスに挑んでいます。

いやー怖かった!メインテーマから逸れない展開なので、ずっとピークが続く緊張感。前半はミステリー的に進むので、謎が謎を呼んで釘付けです。
どんどんミステリーとしての風呂敷が広がってからのブラックアウト。一気にホラー全開で、緊張が恐怖に転じる感覚が面白いです。

広がった謎が全然回収されないのは少し残念ですが、ホラーに振り切ったのでまあそれはそれで。ラストも意味深に収束しますので、続編を大いに期待してしまいます。

しかしなんと理不尽で悲しい展開でしょう。救いのなさはホラーで随一です。しかし感情移入するかギリギリのキャラ設定なので、不思議とカラッと観られます。ホラーとして良し。

解剖なもんでちょっとグロテスクですが、カット毎の絵と構図の綺麗さと、俺のグロは最高だろーって監督でもないので、程良いスパイスとなっていて好感触。

アンドレ監督の次作に期待。トロールハンターもジェーンドゥもいつか続編作って欲しい。良かったです。