ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価・動画配信

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

前半部分は割と好きで、グロいけどこっからどうなっていくんやろって引き込まれたが何か思った感じと違うかった
悪魔とかの存在は良いんやけど、それでもありえん描写が多すぎてどういうことやねんってなっちゃった
heb

hebの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

舞台設定もキャラクターも作り込まれた感じで始まる導入。躊躇なく描写される解剖シーンも相まって否が上にも期待が高まります。
いよいよジェーン・ドゥの解剖が始まり、その体に隠された謎が次々と明らかになる序盤も見る側の推理をかき立てる様なフックがいっぱいでもう先が気になって仕方ありません。
ところがこれ以降、謎の超常現象が次々と起こり出し急にその辺のパニックホラーみたいな雰囲気に。あれだけ理屈を並べたのに結局呪いか魔女か、みたいなありがちなまとめ方をされてしまってひどく落胆しました。
男性

男性の感想・評価

3.8
若干グロめやけど面白かった
中々怖かった。
景

景の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ここまでしっかり解剖シーンを描いた作品を見たことがなかったので、親子が手際良く仕事をこなしていく前半は面白かった。胴体にメスを入れたり皮膚をペロンとめくったり心臓を取り出したり脳を調べたりとグロテスクなんだけど、二人が業務として淡々と切り刻んでいくから思ったより大丈夫だったし、むしろ「解剖はこんな感じでやってくのか」とお仕事映画を見ている時のような感じもあった。あとジェーン・ドウの遺体の造形もそうだけど、肌の白さがハッとするくらいに美しい。モルグやカーブミラーが設置された廊下が暗いから余計に。

ただ、怪奇現象が次々と起こる後半は雑な印象を受けてしまい、前半が丁寧に描かれていた分テンションが落ちた。セイラムの魔女裁判が関わってくるところは興味深かったけど、あくまでも親子の推察でしかないしそれ以上の掘り下げもないのが物足りない。
ishihara

ishiharaの感想・評価

4.0
有名タイトルだけどなんだかんだ観ていなかったので鑑賞。

普通に良作だった。
なにやらの指標を示す六角形とかのチャートがバランス良く綺麗な六角線になっている、みたいなイメージ。
大きなマイナス点もなかったし、むしろクラシカルかつ現代的なホラー演出をきちっとやってくれていた。

呪い・オカルトをメインホラーテーマに置きつつ、心霊体験的な演出も見せてくれる。
解剖の場面はわりとしっかり説明も描写もあり、グロがダメな人はダメかもしれないけど、大丈夫なら解剖に対する学びもありそこもなかなか良かった。

序盤で遺体であるジェーン・ドゥの瞼を開きグレーに濁った瞳があらわになる。
そこからジェーン・ドゥの顔を正面にとらえて画面のこちら側を見つめるような無機質な絵が何度も示唆的にはさまれる。
お顔は綺麗なんだけど、それがゆえにとても怖く、なかなか画面を直視できなかった。

程よい怖さのホラー映画に挑戦したい人に勧めるちょうど良い怖さの良作としてとてもおすすめ。
>|

あなたにおすすめの記事