ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

え?遺体の解剖って民間がやるの?!なんて思った本作
(アイムノットシリアルキラーでも思った)

まぁそれはさておき、面白かったです!

やっぱ謎解きって面白いですよね
この映画も基本的には謎解きなんですけど、謎が遺体なんですよね
解剖していくと謎が少しずつ解明されるって、ありそうでなかったですよね
(いや、あったのかな?)

なんにせよ、解剖のプロが、「ムムム...本来はこうあるはずなのに...」って悩んでるの見てるだけでワクワクします

ラストも素晴らしいですね
この手のラストは好きですし、納得いきます
(情なんていらねーんだ!)

あの軽快な音楽がもう怖くて仕方ないです笑
mittsko

mittskoの感想・評価

-
【書きかけ】劇場で観のがしたやつ(。・ω・。) 死体を描く、というのが全コンセプトなのだろう、と邪推、そして好感。ただし、死体を死体として凝視することにはリスクがともなう。それはあっという間に、ただの肉塊へと変わってしまうからだ。死体が当初まとっていたはずの不穏なるもの、あちら側への扉性、恐怖… 見慣れないものを見慣れてしまうとき、それらは一挙に消えてしまう。窃視はつづけると、もはや窃視ではなくなるというジレンマ。そこをどうクリアするかが、映画的努力というものだろうが、さて本作は…
taka

takaの感想・評価

3.4
何となく気になってた映画、パッケージからは当たりかハズレか判断が難しい、解剖してる女が動いてただのワァーキャーホラーか?シチュエーションをいかしてのインテリ系ホラーか?期待せずに観賞❗️
面白いやん❗️場所は自宅の地下にある解剖室のみ、登場人物も必要最低限であり死体の謎のみに焦点をあてている。医学的な見解から徐々に説明がつかなくなり宗教的になり、オカルトに行きつくあたりかなりゾクゾクした。ホラー映画としてはお約束の死体が動いて襲うあたりは必要やったかもしれんが無くても十分成り立ってた気がする、むしろ無いほうが良かった気が(笑)
なんにせよ、なかなか完成度高かった!
310

310の感想・評価

-
【メモ】WOWOWにて字幕で鑑賞
Hana

Hanaの感想・評価

3.3
観た方がいいホラーと
紹介されてたので鑑賞。

中盤ちょっとグダグダするけど
鈴とラジオがラストにいきる。

面白い。
くしくも似たテーマのモノをみていたのでなんか呼ばれてる気がして真昼間なのに肝が冷えた…

死体解剖が生業の家族なので
遺体や解剖シーンなど多くてその辺りグロテスクかもしれません。
私はその辺りは全然平気なんですけど
今作は想定外で説明のつかない、対処できない現象が起きたので怖かった。


蛇足
地下室がゲットアウトのデザインと似ていた気がする。
でもこっちの映画の方が先ですね。

エミールハーシュって
基本切ない感じの結末を迎える役が多いなあ。
nowadays

nowadaysの感想・評価

3.8
死体と顔で恐怖を持続させている凄さが、中盤以降の普通過ぎる驚かせ演出の連打でトーンダウンするのが惜しい
ここぞという場面で欧米的ロジックがしゃしゃり出てこないのは正解
Poi

Poiの感想・評価

5.0
うん
hirosick

hirosickの感想・評価

3.0
ともすれば陳腐、ありきたりになりがちな展開を、検死解剖の現場というシチュエーションで回避。終わり方も好きだった。
riko

rikoの感想・評価

3.9
鈴の音とラジオ。
ジェーン・ドウは動かない

君に読む物語
>|