ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

え?遺体の解剖って民間がやるの?!なんて思った本作
(アイムノットシリアルキラーでも思った)

まぁそれはさておき、面白かったです!

やっぱ謎解きって面白いですよね
この映画も基本的には謎解きなんですけど、謎が遺体なんですよね
解剖していくと謎が少しずつ解明されるって、ありそうでなかったですよね
(いや、あったのかな?)

なんにせよ、解剖のプロが、「ムムム...本来はこうあるはずなのに...」って悩んでるの見てるだけでワクワクします

ラストも素晴らしいですね
この手のラストは好きですし、納得いきます
(情なんていらねーんだ!)

あの軽快な音楽がもう怖くて仕方ないです笑
グロいのが苦手な人にはオススメできないですが、個人的には好きです。
途中まではサスペンス要素強めでしたが、後半は完全なホラー。なるほどなーという終わり方。
なめ

なめの感想・評価

4.2
不思議とグロよりも美しさばかり感じる映画だった。無音の美も緊張感があって、かなりいい。
西洋の物理的な恐怖に日本的な不気味さもあって、笑ってホラーを見る僕がちょっと身を固くした。とにかく良い作品。
これ、怖かったです( ;∀;)
本当に怖かったです。
にしても、美しい死体でした。
それが余計に怖いのですが…。
ジャンル:ホラー
 
 
ストーリー:
ベテラン検死官【トミー】は、
同じく検死官の息子【オースティン】と
遺体安置所を営んでいた。
 
ある夜、警察から、謎の惨殺事件の
現場で見つかった全裸死体の
【ジェーン・ドウ(「身元不明女性」の
通称)】の検死解剖の依頼が入る。
 
解剖を進めるにつれ、
体内が焼かれ切断されているなど、
異常な状態が判明し、それと同時に、
怪奇現象が次々と発生。
 
外は暴風雨、通信も途絶え、
隔絶され、遺体安置所という
閉ざされた空間で、
逃げ場のない恐怖が始まろう
としていた・・・。
 
(amazonより改変)
 
 
コメント:
これは、終始、薄気味悪い映画で、
かなりの傑作ホラーだね。
 
話の進め方とか、
昔ながらなのかもしれないけど、
上手い。
 
恐怖の存在が「見えそうで見えない」
ところがいいね。
 
地下が意外と広くて、
廊下の角を曲がった先が見えなくて、
それが凄く怖い。
 
「バイオハザードの廊下の角」
っていうと、分かる人には伝わるかな。
 
 
死体の内臓が傷だらけなのに、
外見は綺麗なところとか
謎がありすぎで、
 
トミーがオースティンに言う
 
『結論を急ぐな』
『一つずつ解決していけばいい』
 
というセリフがあるんだけど、
観客も同じで、早く知りたいのに
教えてくれない【ドS】の演出。
 
 
解剖シーンがリアルで、内臓を切ったり、
血が出たりするので、
その辺が苦手な人は【要注意】!!
 
 
ところで、ラジオから流れてくる、
あの歌って、有名が歌なのかな?
 
あと、天気予報にも
意味があるんだな。
 
 
なべ

なべの感想・評価

3.7
〜心を開いて明るく照らしましょう ♬ ニコッと笑うの ♪ 笑顔は無敵よ 🎶〜

遺体安置所で繰り広げられる密室オカルト・ホラー映画。変死体として見つかった女性を解剖するに連れて徐々に異変が起き始める。不安を煽る演出の数々に恐怖に恐れ慄いた事はここだけの話に。

「なんと恐ろしい事でしょう。見て下さい、解剖した身体の内側に変な呪術式の紋様が刻まれているではありませんか。傷一つ無い綺麗な身体からは全く想像できない奇々怪界な紋様が現れました。~劇的before・after ~」

別にそこまでグロくも無いし、トラウマになるほどの衝撃映像は無い(人にもよるけど)。どちらかと言えばじっくり怖がらせる感じで、BGM然り不気味で不吉な恐怖色が強かった印象。ド直球のホラーは終盤のみ。

●ラジオから流れるコーラスがただただ不気味だった。
「〜心を開いて明るく照らしましょう ♬ ニコッと笑うの ♪ 笑顔は無敵よ 🎶〜」


死体を演じたのは《オルウェン・キャサリン・ケリー》と言うモデルさん。美乳。

このレビューはネタバレを含みます

<ザックリ評価>
死体解剖描写に一見の価値あるB級ホラー。

<魅力>
死体解剖描写

<不満>
設定が雑

<詳しい感想>
生きてるか死んでるか解らない死体をどんどん解剖していくシーンがなんか詳細で痛々しくて、演出方法としては巧みだった。「有り得ない状態の死体」のネタバレが、結局のところ「有り得ない超常現象」が理由になってるところが致命的に残念。脚本は決して巧くはない。父親がヒロイン殺害するシーンは衝撃的だったけど主人公の切り替えの速さで上書きされて不発感。
硝華

硝華の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

想像以上の怖さ。そう来るか、という気持ちになった。新鮮
要素のベクトルが徐々にとっ散らかっていくものの、ワンロケーションという力技で無理やり収斂されているからボケっとした状態で観るには楽しい。ただビックリ演出に頼りすぎでホラー演出を楽しむには物足りなすぎる。グロいのに目が慣れてくる自分に一番恐怖。
>|