ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 101ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

遺体安置所で起こるワンシチュエーションホラー。

これはなかなか良かった。
解剖とホラーがうまく融合されてる。
ただのグロ系になるところをうまくホラーに寄せてるね。
そんなにグロくないし。
後半、そっちに繋がるのもなかなか良かったと思う。

で、ジェーン・ドウの遺体役がすごくキレイ。
美人でスタイル良し。
乳首も陰毛も丸出しやのにエロくなくてキレイなのよね。
エロ目線じゃなく見とれてしまうわ。
スペース・バンパイアのマチルダ・メイ以来の美死体。
この死体相手じゃ、遺体愛好家の気持ちがわからんでもない。
新たな扉を開いてしまいそう。
TATSUYA

TATSUYAの感想・評価

3.0
ゴリゴリの科学系かと思ったらそこら辺にありそうなアメリカっぽい展開で期待外れ。

小道具とか映像技術は凄い。めちゃくちゃリアルに解剖シーンが描かれてて、そこは非常に面白い。
というか、解剖とホラーを混ぜる発想が良かった。

展開はもう一ひねり加えて欲しかった。
hiron

hironの感想・評価

3.5
解剖ホラーは初めての体験。
なかなかのスリルありの、グロいのありの、ドキドキ止まらず。
遺体安置所の中だけで起こるホラーなので、全く逃げ場もなく、恐怖が迫る迫る…
続編があるのかな。
こんな死体はイヤだ!

一家惨殺事件の現場から出て来た身元不明の女性死体‟ジェーン・ドゥ”が検死官の親子の元に運ばれてきた。
ジェーン・ドゥとは身元不明死体の隠語。女性だとジェーン・ドゥ、男性だとジョン・ドゥになるそうな( ..)φメモメモ!

体温は室温以下、だが表面に弾力が残っている。
眼の濁り具合は死後数日、だが死斑は出ておらず死後硬直もない。
初検から かなり異常!
そして、検死を進めれば勧めるほど普通じゃない...ありえない奇妙な状態。

この死体、美しすぎてマジ怖い…🔔チリンチリン♪

介護の仕事がら遺体を扱うことには慣れている私め、正直 死体は恐くない...むしろ、怖いのは生きている人間!

でも、もっと怖いのは、死んだ人が目の前で生き返ること。
経験は無いが想像するだけでトリハダが立つ
:;(∩´﹏`∩);:

この死体は生きている🔔チリンチリン♪

遺体には耐性があるが、解剖となると話は違う。
題名通り内臓や脳ミソが出て来て、純粋にグロいシーンが繰り広げられる。
でも、当然 この映画の怖いところは そこじゃない!

死体に見慣れてる私めが断言する。
「こんな死体は絶対イヤだ!」

彼女にメスを入れてはいけない…🔔チリンチリン♪

ちなみに、始終 美しい裸体が余すことなく映し出されているが、彼女には1㎜も性的興奮は呼び起されない!

これで抜けたら、あなたは勇者...おめでとうございます…🔔チリンチリン♪
Haruka

Harukaの感想・評価

3.6
新しい!解剖ホラー。美しく若い女性のまっさらなピカピカご遺体をご開帳する親子。この、まともでいい奴な親父さんと息子が、この先怖い目に…。

とにかく悪趣味!(褒めてる)
ぐちゃぐちゃの死体が追いかけてくる、みたいな見慣れたものとは違って、綺麗なものを開けていくのが斬新。人体は皮一枚下はこんなにグロテスクなのですということが今更だけどキツい。顔はずっと綺麗なままなのがまた悪趣味。こんな綺麗な顔なのに内臓はこんなだぞぉ〜☆という対比が効果的すぎて辛い。
そして判明していく死体の謎もキモいし、謎にB級化が超加速する後半の恐怖度も結構怖い。そしてやるせない結末。
B級化してる時に出てきた怖い見た目のものは、瞬時に目を逸らしまくったのでちゃんと見てない。あまりにも夢に出そうで。

怖さよりもエグさと気持ち悪さが後味を引く一品でした。
最後の最後で「チリン」とくるやつは「テヘっ☆」という製作陣のニヤつきが浮かんだ。

個人的にあの「タン」が目に焼き付いて困っている。共感してくれる人挙手!
若い女性の死体解剖をただただ見せられているだけで2/3くらい終わる。グロテスクな映像を(ある意味)期待はしていたけど、(ある意味)予想通りではあったかな。
後半からの急展開には少し驚いた。
近所のTSUTAYAでは、ホラー映画にしては結構貸出中になっているし、今現在Filmarksの評価も高いので、どのくらい怖いのか期待してましたが、そんなに怖くはなかったです。
ホラー苦手な人でも観れるはず(^-^)v
恭介

恭介の感想・評価

3.6
これはなかなかの掘り出し物

ほぼ、遺体解剖室のみで進行するワンシチュエーションホラーだが、予算の少なさを逆手に取ったアイデア一発勝負作品。

傷1つないナイスバディな女性遺体。
四段階の解剖プロセスの中で、ひとつ、またひとつと謎が現れ、同時に不気味な現象が起きていく。

最初はどうも全裸の遺体にチラチラ目が行きなかなか集中し辛い映画だなぁと(笑)
何か、試練を与えられてる僧侶の気持ちになった(笑)

しかし怪奇現象が起き、遺体の中から次々と謎が現れてくる頃には、どうなってるんだ?とグイグイ引き込まれた。
外傷が全くないのに身体の中に、色々と仕掛けがあるというアイデアがいい。刺青が何かのヒント、とかはよくあるが、この辺は遺体解剖者という設定との組み合わせで俄然アイデアが生きてくる。

こういう真綿でジワジワ締めてくる雰囲気のホラーは好きだなぁ。
ただ惜しいのは、その遺体の正体が明かされた時。あくまでも主人公達の予測の域でサラリといってしまったのが惜しい!

もう一息、ググッと盛り上がりが欲しかったところ。それまでの引っ張りが上手かった分、ちょっと物足りなさを感じた。

しかし、久しぶりに観たいと思ったホラーが良作でよかった。

このレビューはネタバレを含みます

飯食いながら見ちゃダメだわ。
ちょうどタン塩たべてたからくっそ胸焼けした。

しっかり見えてくるまでハチャメチャに怖い。
久々に見るのやめようかなってなった。

なんなんだこの遺体は???
ってなる謎解きを丁寧に父と子供が解き明かして行く過程がこっちも一緒になってその場にいるような感覚になれるからとてもよかったし肝が冷えた。

死体安置所とか絶対行けない。。。
❝美しき死体にご用心👤🔪"❞

で てくる死体もとい、裸体がとても綺麗というか美人さんで僕はウットリしてしまいました〜😮💓スマセン

ら ストまで映像のつくりが丁寧に観やすく考えて組み立ているのです!!(๑•̀ㅁ•́๑)✧

れ ンタルで今回観ましたが、映画館で観たらちょっと漏らしてたなこれはwww

な かなか❝解剖❞に関しては全く妥協せずきっちり映像で見せてくれるので、グロいのは避けられません。

い い不気味さと次どうなるか分からない空気が劇中ずっと寄り添うので観てる側も考えながら楽しめるのでは無いでしょうか❓

☁📻☁🔥☁🔪☁🔬☁📹☁☮☁😾☁

さて…ここで質問です。

あなたはこのレビューから出られるか、出られないかどっちでしょうか❓😏

答えはレビューに御座います。

では…💀"
終盤にかけてどんどん紐解かれていく様が気持ちよかった
不気味さも中々