ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 101ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ジェーンドウがラストのラストまで美しいし崇高。誰も助からなくて胸糞悪いけど、そうこなくちゃっな。

このレビューはネタバレを含みます

鈴が近付いてくるのが良かった。

いろいろと気になる部分もあったので、もう一度見直したい。
U4Rn

U4Rnの感想・評価

3.5
解剖していくうちにジェーンドゥのことが分かってくるのが面白いけど怖い。びっくり系の演出怖い。ジェーンドゥが綺麗すぎるのも怖い。逃げ場がないのも怖い。でも面白かった。親子愛には泣いた。ジェーンドゥのターンに入るとラジオから流れる女の子の歌、不気味で好き。
最近見たホラーの中では1番面白かった。解剖するシーンもリアルで死体の謎解きも良かったです。
むぎこ

むぎこの感想・評価

3.6
死体解剖に興味のある方にオススメです。

死体安置所と火葬場を生業としている親子。流石、ちょっとやそっとではギャーギャー騒ぎません。
閉鎖的空間、ましてや死体安置所が舞台となれば恐怖値も上がりますがあくまでジリジリと伝わってくる。小道具や序盤に出てきたものを巧く使って演出してたのも素晴らしい。



終盤が雑だったので、是非続編を作っていただきたい。
まゆ

まゆの感想・評価

4.0
観た後の満足感がすごかった。
背筋が凍るホラーじゃなくて、ドキドキハラハラで汗をかいてしまう恐怖でした。

ジェーン・ドウの美しさや、建物の古さや美しさが怖さを増す要因になっているのかな?
すごく面白かった。

ジェーン・ドウの過去や、奥さんの抱えてたものなど、気になる点はありましたが、とにかく満足でした。


ラストの保安官の言葉の意味はなんなのでしょう?
ポチ

ポチの感想・評価

3.8
序盤にお約束の、ホラーと関係ないビックリポイントがあって多少イラついたけど、おおむね満足の怖さ!

解剖を担当する親子の行動も、ホラーにありがちな「絶対そんなことやらないよ!」という行動はほとんど無くて、ストレスフリー。叫ばず冷静に…むしろ慣れてないか?w

鈴の演出はJホラーみたいな怖さがあってとても好み。

設定が、そんなに意外性が無かったかな。ラストの処理もちょっと雑…。でも個人的には、怖さより親子が互いに思い遣る気持ちがどのシーンも溢れていて、少し泣いてしまった。巻き込まれ系はかわいそうだな…。
身元不明女性の遺体を解剖していくうちに怪奇現象が続発。地下の解剖室という閉鎖空間設定も恐怖感に拍車を掛けていた。
komblog

komblogの感想・評価

-
アメリカ版でも見えなかったから、日本で公開したものでもそうだと思うけど…オネーチャンのあそこが見えないのおかしくねーか?????0点!0点ですよ、こんなもんっ!!マジふざけんな、と言いたいっ!!!
北欧の変態監督たちは本当に素晴らしい。彼らは常に魂の在り方やアニミズムを作品の中に入れ込む。それが作品をピュアで危ないものにするのだ。ノルウェー出身のアンドレ・ウーヴレダル監督作「トロール・ハンター」もモンスター・アクションなのに北欧流の狂気を感じさせてくれた。
今回は死体解剖のホラーだが、変態度は抑え目。それでも美しい死体を延々と解剖するシーンは独特の感性がある。
サンペンスの演出も見事なのでハリウッドで大作を撮る日も近いだろう。