ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 116ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

swansong

swansongの感想・評価

3.9

♪ So, let the sunshine in ...

これから先、もしもこのフレーズをどこかで聴いてしまったら、ジェーン・ドウの冷たくて美しい「あの顔」が、目の前にヌウッと現れそうな気がします。

ホラー映画はたいていへっちゃらな方だし、ましてや 大味な"洋モノ"なんて …

そんなふうに高をくくって、お気楽極楽な心持ちで観始めた私が悪うございました。

まぁ、こういうのってたいていの場合、観ているこっち側のコンディションの問題でもあるんですが、それにしたって …

あぁ~もぉ、コワかったよぉぉ!


さ、ここらへんで無理にでも気分転換しなきゃ♪

あ、そういえば主人公のガールフレンドを演じてるのは、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」 でベニチオ・デル・トロに仕えていたメイドのコリーナちゃんですね♪

デル・トロ&コリーナが登場する天体 「ノーウェア」 で、ちょっとイイ感じになったピーターとガモーラがウォークマンで聴いていたエルヴィン・ビショップのソウルフルなナンバー 「愛に狂って」は、私のお気に入りなんですよ♪


… ふぅ、大好きなMCUの話をしたら、ずいぶん気持ちが楽になりました♪

さて、音楽でも聴きながらもうひと眠りするか。


... s.. .. Ss.. So... let .. the sunshine in ♪


… えっ?
marmalade

marmaladeの感想・評価

3.5
死体が美しすぎて、怖かった。最後はなるほど〜と納得な終わり方。

結構期待していたような、どうなるのか大体わかってて期待していなかったような。

いや、期待していたんだな。
だからこそこの結果に落胆。

シャマランのデビルのような、インシディアスのような...

低予算なのかなと思われる絵ヅラがより怖さを打ち消して、中途半端なやり取りが面白みを無くしてた。

同時期に出てたラザロエフェクトの方がいいのかなあ。早めにそっちも見ようと。
今年見たホラー映画の中で一番怖かった…(゚д゚lll)
私はホラー映画を見るときはもう「いかに笑いどころを発見できるか」とかそういう楽しみ方になってきてしまっているのですが、そんな事も考える余裕がないくらい震えながらこの映画を見ました。
とある事件現場で発見された怪死体を解剖している主人公達に恐ろしい現象がふりかかるというお話なのですが、その元凶である死体は瞼をピクリともせずに動かないまま!というのがすごく斬新ですしそこが逆に気味悪い…。
カメラワークや効果音、全体に漂う雰囲気、そして段々と謎が解けていくようなミステリーっぽいストーリーも和製ホラーにとても近くて私の好みど真ん中です!タナトスを感じる名作!!
綺麗なお姉さんのおっぱいが見たいという方も是非どうぞ!

それにしても自宅の地下に死体解剖室があるって…死んでも嫌です。まぁ、死ぬんですけど。
最初の解剖シーンから不穏さ漂う展開で、ゾクゾクして面白いんだけど、途中から「あ、そっち方面なのね…」という感じ。これは邦画でリメイクしたらかなり怖くなりそう。
アマゾン レンタル鑑賞

解剖の描写がリアルで、司法解剖ってこんな風にやるんだと勉強になりました。
序盤は謎多き死体の解剖で、先が気になる展開。
この辺はグイグイ物語に引き込まれた。
ただ、個人的にはミステリーだと思ってたので、超常的な部分に関しては好みが分かれるかなと。

最後がキレイにまとまって、冒頭シーンと繋がってそこは良かった。
怖いと言うより驚きます。終わり方はシンプルで分かりやすいです。解剖シーンがこの作品の見所かっていうくらい綺麗だった。よくある臓器がグチャグチャで真っ赤な血だらけみたいなグロさが無く、ストーリーにあった演出だなと思いました。でも個人的にもっと怖いのが好み。綺麗で分かりやすいホラー映画って感じです。
S

Sの感想・評価

3.0
よくある感じかと.....
お父さんの反応の薄さが気になって危機感が薄い感じがしました。
しかしナチュラルにグロい
解剖苦手な人は苦手だと思います。
でも検死が適当ではなくつくりがしっかりしていました。
最後も綺麗にまとまってました。
遺体安置所に身元不明の遺体【ジェーンドウ】がやって来る。解剖の最中次々と不可解な事が起きる。

古き良きジャパニーズホラー感が
良い感じ‼︎
こんなに美しい死体を見たことが無い!



凄惨な殺人現場の地下室から発見された女性の死体
父、息子が営んでる遺体安置所へ運び込まれ直ぐさま解剖が始められるが次々と不可解な証拠が浮かび上がる…
そして。。。。



出来れば切り刻んでほしくないほど美しいジェーン・ドウ
メスを入れる瞬間、なんか勿体ない気分にww
すきっ歯なのがちょっと残念 笑っ

そして始まった解剖シーン
凄いクオリティ!!
確かにグロいはグロいけどあまりにも精巧に出来たボディの内面に驚かされる!
そこから次々と見付かる証拠がまたミステリ~♪
『CSI』っぽい雰囲気もあるかな

更には心霊現象も起こり始めヒートアップ!
顔面陥没遺体が~っ!!
扉の向こう側に…なシーンとかなかなか怖かったっすね☆(≧∇≦)


解剖を進める父にブライアン・コックス
仕事一心な真面目パパかと思えば息子の彼女を驚かすお茶目さも持ち合わせる善きお父さんって感じかな(*´∇`)

そんな父を支えたい息子にエミール・ハーシュ
彼女との約束を潰してまで父を手伝う真面目さも好感up
まだまだ助手だけど鋭い視点で手助けも

演技派のこの二人がホラーに出演とかだけでも見応えありますねっ

人身売買、拷問、魔女狩り…
徐々に絞り込まれていくジェーン・ドウの謎
これは面白かった(* ̄∇ ̄)ノ