ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 117ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

Lieechan

Lieechanの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

普通にホラーかと思いきや、またもや悪魔ものかと思いきやまさかの魔女だったとは!新しい!

しかしジェーンドウが175cmのモデルさんらしく綺麗過ぎて見惚れる。
こっぷ

こっぷの感想・評価

5.0
雰囲気、カメラワーク、展開。もうね、文句なしにすごい。とても好きな映画の一本にのし上がってきた。

人の解剖シーンが苦手な人にはホラーすぎて見れないと思う。

ミステリーかサスペンスかと思った? 残念オカルトホラーだよ!!!!!

ホラーと死体が好きな人は見るべき。
映画fan

映画fanの感想・評価

3.6
サスペンス物かと思って観ていたがホラーだと気づくのにそんなに時間はかからなかった。
そこそこ怖いし、解剖はリアルでグロ。おまけにホラーだと思ってなかったので真夜中に観てしまった‼️
でも約90分と短くまとまっていて結構面白かった。
最後にはジェーン・ドウの正体が明らかに・・・。
不気味な感じと見えそうで見えそうでって感じが良かった。
なるほどポイントもあったし。
なかなか良かった。
ニハル

ニハルの感想・評価

3.5
予告を見た印象では「ジェーンドウ?身元不明の遺体の謎解きを検視でするのかな?」と思いきや、ちゃんとしたホラー映画で結構面白かったです。

解剖のシーンも意外にリアルで、遺体の異常な美しさによって内臓のグロさが際立ってて見ごたえがありました。

一点注意するとすれば、聖書と17世紀ごろの米国の歴史の知識がないとちょっと理解できないシーンがあるかもしれないです。
やられたら、やり返す!!倍返しだ!!!

死体から事件を暴くミステリーものだと思っていた前半。
割と本当に怖い後半。

嫌な映画でしたー!!
死体がとにかく綺麗で、死体のために一見の価値ありです。
porikozn

porikoznの感想・評価

3.5
身元不明遺体=ジェーン·ドゥ

地下で何故か埋められていた身元不明遺体を解剖する。
外傷はないので綺麗な遺体だが、舌は切られ、内蔵は傷つけられ、腟内はボロボロ、肺は焼けただれ、体内におかしな模様の痕跡等が色々と見つかる。

解剖からの〜徐々にオカルト系に!
なんだろ、オカルトホラー?だろか。
hatahei69

hatahei69の感想・評価

4.5
身元不明の遺体の検死解剖を進めるにつれて次々と湧き出る謎。それと同時に起こる怪異。
ジリジリと迫る見えない“なにか”に侵食されていく恐怖。

ひとつ解剖をすすめるとひとつ怪異が起きる様は、さながら怪談百物語のよう。


解剖のシーンも現実味があり、そこに親子の絆、家族のドラマも見えてストーリーに緩急をつけてあるので、最近流行りのただ表面上の怖さを演出する安っぽいショッカーとは一線を画する。

洋画でここまでミステリアスなホラー(オカルト)作品は秀逸です。

“世界一美しい死体”ローラ・パーマーが20世紀代表なら、このジェーン・ドゥは21世紀代表かな。

美しい死体にまつわるこわ~いお話。
バタッ!

バチバチっ!!

ゴトンッ!

シチュエーションホラー的な感じで静かに進むシナリオにちょいちょいはさまってくる擬音が本当にびっくりする笑

海外ドラマのXファイルやフリンジが好きな方にオススメの謎解き要素あり。
rollin

rollinの感想・評価

3.9
VISUALBUMの『マイクロフィルム』みたいな話かと思ったら普通に怖いやつ。
物語導入の手際の良さとか、メインの登場人物が皆好人物故に心から幸せになって欲しいと願ったりで第一幕はものすごくワクワクして観れたんやけど、ジェーンがドゥーしだしてからはもう何でもありのしっちゃかめっちゃかで、アレがアレしちゃって一線を越えてしまった辺りから手綱を放してしまいました。

とは言えジェーン・ドゥのおっぱいは素晴らしくて中々眠れそうに無いし、どうしようもない猫スタンリーはめちゃくちゃかわええし、「説明しよう!」のパートは最早笑えたので概ね満足でやんす。64のコントローラーが床に落ちてたら完璧。
『トロール・ハンター』はマジで最高!