ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 118ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

ホラーは雰囲気作り。
そしてシンプルなこと。
オカルト系はイマイチパッとしないけれど、コレはなかなか。
なつ

なつの感想・評価

3.6
社会派の映画が続き、気分転換と。
せっかくマッサージ行ったとこやのにぃー。
緊張で、また‼カッチカチなったやん‼
怖いなぁ、もう。
ジェーンドウが綺麗で美術品みたいだから、解剖シーンも結構大丈夫。
怖いけど、気持ち悪くはなかった。
あの音楽が耳から離れない。

と、ひとまず……愛犬の首輪につけてる“鈴”を速攻外した。
田舎町にて父と子で遺体安置所と火葬場を経営するティルディン親子はある日保安官から運ばれてきた身元不明の女性死体を解剖しようとするが…

『イントゥ・ザ・ワイルド』の
!!エミールハーシュ!!
主演のホラー映画。
解剖する遺体役の女の人が綺麗だったので鑑賞。(劣情)


ドキドキっ!!
ティルディン親子の美人死体解体ショー☆
〜ポロリ(モロ)もあるよ♪〜


て感じのホラー映画。
突然届いた身元不明の死体、
通称”ジェーン・ドゥ”は外的損傷もなく、死因がさっぱりわからない。
この道20年のベテラン検屍官でもお手上げのところを朝までに解明していこうという流れだ。
前半は「なぜ?これはなに?」という謎の提示の連続で、本当にこの死体はどう死んだのかを追っていく構成!これがまた謎が謎を呼んで面白い!
そして後半、原因がわかってからのスピーディな展開はホラー!こええよ!

主演のエミールハーシュは可愛い。
「パパが心配だから…」と一緒に仕事をしてくれる親孝行っぷりには頭が上がりません。ちょっと太ったかな?
パパ役はブライアン・コックス。
『X-MEN』では憎きストライカーですが、今作のパパはめちゃくちゃ頼りになります。
そして死体役の女性はまだ売れてない方のようですが、肌と目が非常に美しい。
そしておっぱいの完璧なバランス!プルプル具合!乳輪!!絵画のようです。
歯並びだけちょっと残念かな。

アメリカのホラーの落とし所としては慣れてる人には読めちゃうかもしれないが、ある意味新感覚なサスペンスホラーとして充分楽しめた!
美人死体の解剖みんなもやってみよー♪

ホラー好き、死体好き、そして美人死体をどうにかしたくなっちゃう変態さんにはオススメの作品。
JIZE

JIZEの感想・評価

3.8
バージニア州の遺体安置所を舞台に火葬場を営む親子が"ジェーン・ドウ(=身元不明の死体)"を解剖する過程で襲い来る遺体に隠された因縁を描いたイギリス発ホラー映画‼救いがない作品だった…エンドは賛否が割れる作品だと思います。結論から言ってしまえば続編を視野に置いたオカルトものの誕生譚なのかと。遺体に隠された因果応報(謎)をめぐって障害をはね除け親子二人が核心へ近付いていく。物騒な死体安置所という閉塞感も相まって緊迫感が凄く非常に攻めた部類に思えました。また本作,内容を読み取ればこう要約できると思う。要は"あるパンドラの箱を開けてしまった者たちが取り返しのつかない状態にまで追い込まれいつしか脱出できないままに呪いの餌食となっていく話"だと。一度進んでしまえば最後まで引き返しは効かない。状況が悪化し出す絶望展開は観ていて(襲われる親子が死体と無関係なだけに)非常に居たたまれない。開幕で前日譚とおぼしき一家殺害のエピソードを挿入させその中で"あの死体"が登場し同時にエピローグでも再び死体が登場するガラッと変わる視覚上の印象もゾワッとさせられお手の物だと感じました。本作で主人公だろう親子の風貌(関係性)もどことなく『バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年~1990年)』のマーティとドクにおける凸凹感を台詞の掛け合い等から意識させたり死体の謎解きパートでも主に外傷一つない死体,胃酸で溶けない体内に隠された布,細胞が未だに活性化してる謎,油を注ぎ全焼させても治癒する万能感など一つ一つが明白に解明されないだけに大風呂敷を広げた状態で終始していた事は言いたい事がないわけではないが表面上ではジャンルのお約束を拾いこぼさず旨味を堪能できる佳作だと思う。敵側と善側の比率が敵側に優位性を持たせた状態で終盤以降はガンガン進むので世界観(田舎町)そのものの静観な雰囲気と親子二人の親しいバディ要素など側目線で観た分には魅力が多面的にある作品だった。
身元不明死体をジェーン ドゥと呼ぶ。
彼女に出会ってしまったのが
彼らの運の尽き、、。

中々面白かったー!!

傷ひとつない綺麗な死体から
どんな物語が語られるのか
ラジオから奇妙な歌が流れ出し
先行き不安な滑り出しから
先の読めない展開。

ミステリーのような前半から
下手な安っぽさが無くて
多くを詰め込みすぎていない
意外とシンプルな不思議な体験が出来る!

今にも動き出しそうな生気の無い
ジェーン ドゥが奇妙で魅入ってしまう。

ここ最近で結構面白いホラーだった!
半ば予想はついたけど、嫌いじゃない。
こーゆー事件が実際にあったら面白いよなーってある意味オカルト好きには夢のある作品!
Katongyou

Katongyouの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

なかなか怖面白かった。結果は最悪だけど、終わった後は何故か痛快な気持ちになります。リベンジホラーとしては捻りがあってよかったと思うー。
KamuiYu

KamuiYuの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

「it forrows」
「ドント・ブリーズ」
「ライト・オフ」

個人的にはここ最近ジャンルや設定、怖さの見せ方が新しいホラー(良作、という意味で)が多く出ていて凄く嬉しい。

この「ジェーン・ドゥの解剖」も、「死体置場(モルグ)」や「検死室」という使われがちな場所であるにも関わらず怖さと緊張感を上手く入れて、とてもよく出来たホラーだと感じた。


その要因の一つとして、観てる人と主人公の親子の目線が同じ所。

「どうして死んだのか?」
「身体のこの状態は何故起こったのか?」

など、2人が検死をする過程において、観ている人も同じ目線で共有し、少しづつ紐解かれるその状況が、見事にリンク出来る。

感情移入とはまた違う、ちょっとしたサスペンス(謎を解明していく)の要素も入っているからだろう。


だから、同じところで驚いて、同じ所で顔を背ける。


皮膚を剥がした時に内側に魔法陣の様な印字がしてある所に1番驚かされた。


観ている人を凄く意識して作られた作品。
Arika

Arikaの感想・評価

3.0
#ジェーンドゥの解剖

「ただ美し過ぎる遺体の
解剖を愛でるだけの映画」

三代続けて遺体の検視解剖を
してる親子の元へ届いた
身元不明遺体=ジェーンドゥ
ジェーンドゥ=名無しの権兵衛さん

美人すぎるし
傷1つない死体へメスを入れる解剖シーンは
確かに妙な美しさはありました
しかし、人形なのか人間なのか
分からないくらいリアルなので
そーゆーの苦手な人はアウトですね

解剖を進めるにつれ
おかしな事が起こり始めて…

と言うあらすじ…
序盤の死因を推理しながらの
流れは好みですが
後半個人的にはグダグダ
しちゃった感が…

親子愛なのか?
オカルトなのか?
ちょっと定まらない感が
否めなく、個人的には
内容は、どうも中途半端に感じました

題材は面白いのに
内容はなんかお粗末…

この映画は
美女の解剖を楽しむ映画ですので
そちらのご趣味の方は
楽しめるかと思います

#この女優さんの動いてるとこ見たい
#さっそくググって見たらやっぱり可愛い
#血色良くて安心した
#死体役の主役ってどーよ
前半は謎解き物かな?よーし頑張って考えるぞ~💪💪的なノリで観てたのに
後半からふぇぇ怖いよ…やめてぇの感情の方が強くなってしまってな~はははっ、、怖い

ジェーンドウはずっと動かず、表情も変えずただ死体で有り続けていたのに!ずっと動くのでは?という恐怖が付き纏って、終盤はもう直視出来なかった……

2017年に観た映画の中では1番怖かった~
徐々に侵食されていく系のホラー好きならお勧めしたい!