ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 138ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

こちらはちゃんとホラーだと身構えて見たんですけどね〰(/。\)
なかなかの恐怖でした。
銀幕での元祖ハンニバル・レクター、ブライアン・コックスが相変わらずの渋いボイスで奮闘していて、最後は可哀想に思いました。

「スペース・バンパイア」のマチルダ・メイ以来の美しいクランケでしたが。いつ動きだすのかと思うと怖くてたまんねぇ(〃ノωノ)
鈴の音もたまんなかったです。
ユッケ

ユッケの感想・評価

4.5
とにかくネタバレ厳禁というか、話の見せ方が7割くらい占めてる映画なので、とにかく見るといいと思います。内臓はバンバン出て来ます。あと猫好きには辛いシーンがあります。

スタンドとしてはめっちゃ厄介なやつです。(ホラー映画はジョジョの文法で語りたい)
ez

ezの感想・評価

4.0
わかってるのに怖い、テーマや設定は身近なものではないけど、こちらにやってくる恐怖があまりに近すぎて怖かった。

音楽をほぼ使わない中でのラジオのあの曲がいい。
ドントブリーズといい、最近のホラー映画はパッパが強くて好き。
zk

zkの感想・評価

3.7
怖ぇぇぇぇ

ここ数年見たホラーの中では、なかなか上位にくる怖さ。動かない(動くはずのない)死体と対峙しつづけるということが、こんなにも心臓に悪いとは…
無駄なシーンはほとんど無く90分という枠に凝縮されていて、なかなかの良質ホラー。それでいて王道。役者も良かったので満足。オチについては…まぁ、あぁするしかないかなと。

このレビューはネタバレを含みます

何度も目をおおる怖さがある
キャスティングや設定が絶妙で
待たせて驚かせる往年のオカルト映画を思いだす…

しかしさ ~(≧∇≦)

ローガンも終わったし
最後のナイフは、、
アダマンチウムで出来てるのか⁈
博士さん(笑)
久々のホラー鑑賞。
舞台が検死官である主人公親子の自宅地下の遺体安置所兼火葬場なのだけど、アメリカってそうなの?自宅とかなの?という驚き。
シチュエーションがあまり共感できないくらいがちょうどいいという怖さでした。。。身近な感じだと眠れなくなるから。
解剖を進めるごとに迫ってくるヤバイよ感が効いてる!怖いポイントは王道。
ジェーンドウ役はずっと死体の体だけど結構難しかったんじゃないかと思う。超美女。
美しいホラーでした♥
Kaito

Kaitoの感想・評価

4.0
解剖シーンはSAW 4並のリアル路線だが、演出が上手で科学的興味で盛り上げるのは正反対。「鈴」等の小物の使い方も上手く、オチも秀逸で拾い物でした
hsn

hsnの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

えー……もう、なんの知識もなく見に行ったのが間違えだった……ホラー映画です。こわい、というか、恐怖が剥がれない。
洋画のホラーなのに、逃げ場がない。呪いってなんだよ……ふざけるなよ!怖すぎるんだよ!!!!
希望がない。絶望しかない。
内容にところどころおかしな点があるから、そこを見つけると更にぞわぞわする。
例えば、「外はすごい嵐。外に出るのは無理」とラジオで言ってるのに、彼女がこれるとか、
地下から上がろうとすると蓋に木が倒れて開かない。←少し開いたときに雨粒など入ってこない。
父息子仲良いな!ホラーだけでなく親子愛映画でもある。しかし検死解剖ってあんな一軒家でやるもんなの?検死解剖って個人経営なの?
主人公親子同様「怖い!暗い!ここから出たい!…でもジェーン・ドウが気になって仕方ない!」と思いつつ薄暗い映画館でビクビクしながらなんとか最後まで鑑賞いたしました。「男は女性を大切にしないといけないな!」と強く感じ、嫁さん孝行をしようと思ってます!…思ってはいます!