ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

かずよ

かずよの感想・評価

4.5
ダントツで最近見た映画の中では怖い映画。っていうか、久々にホラー映画らしいホラーでしたね。セイラムの魔女裁判はこの映画を見る前から知っていたけれど、セイラム魔女裁判に限らず過去魔女として拷問され処刑された女性は100%無実だっただろうから、悪魔のごとき人間がただの人間を本物の悪魔へと変えてしまったいい例なのかも。そりゃあ拷問の苦しさから逃れるためには神だけでなく悪魔にもすがるでしょうからね。
ちちち

ちちちの感想・評価

2.9
ゾッとしたけどなんやねんを何回も言った
猫はやめて。。。
胸糞悪い
ジャケの綺麗な方がジェーン・ドゥさんという名前だと思って借りてきました。
身元不明の遺体をそう呼ぶんですね〜大変勉強になりました。

美しい遺体…襲いかかる恐怖。
解剖よかったしまずまず楽しめました。

異色のオカルトもんでしょうかねぇ。
こーじ

こーじの感想・評価

3.0
死体の美しさがむしろ不気味。ホラーよりもサスペンス要素をもっと強めて、不可解な死体の謎を解き明かしていく方が好みだけれど、結局最後は物理攻撃かい、という展開に行かなくて良かった。時折明らかに人形なのは惜しい。全体的には好き。
v-v.

v-v.の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ジェーン・ドウ綺麗な人。じわじわ怖い感じだけどオカルト要素は好きじゃない。
じわじわ来る怖さがたまらない
深夜一時から見てはいけない、、
鈴の音が怖い、、、
SORA

SORAの感想・評価

3.6
見てて痛い。ちょっとだけ苦手なタイプの映画。やたら冷静なテンションで進んでくのと、音楽が綺麗すぎるので全力では怖がれない。SF寄りのホラーて感じ。ラストは好き。
つな

つなの感想・評価

3.8
ファンタジーな要素と現実が絶妙に合わさって、世界観がとっても良い。
彼女の存在が最後まで不気味なのに直接的に危害を加えずに恐怖を植え付けてくるところが好き。
いきなり驚かしてくるシーンも少なくて、安心しながらもジワジワと怖い作品だった。ただ、グロ注意
ベルがいい味出してた。

このレビューはネタバレを含みます

ロックナンバーをバックに死体解剖に励む序盤は「仕事はこうじゃないとね!」と胸を踊らせ、『羊たちの沈黙』を彷彿とさせるフラッシュと解剖、そして謎の死体に惹きつけられたが、悪魔的なそれを匂わせるあたりから、どんどん求めている路線からかけ離れていく。もうそうなるとダメで「普通そこでそんな行動取らないだろ」なんて悪いところばかり目についてしまう。ネコも彼女も登場時間が少ないだけに殺されても「いや、知らんわ」って感じだし・・・ 。「実は生きていました」といういかにもラヴクラフトがやりそうな既視感のあるオチもイマイチ。まあ、悪い映画だとは思わないが、魔女は魔女でも『ウィッチ』の方が断然好きだな。
Kaori

Kaoriの感想・評価

3.5
鈴!鈴!!(´・ω・)
怖くないって言ったじゃん!(`・ω・´)