ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.6

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

uskheat

uskheatの感想・評価

3.5
ホラーというより
ミステリータッチな作品。

解剖という
現実的な側面がありつつ
非現実的な現象が起こっていく。

そのバランスが良かった
最後まで遺体(※)が遺体であり続けたのも
自分にとっては好評価だった。

遺体と目がずっと合う映画。
表紙の頭が逆さだからかオバサンだと思ってたら、ジェーンドウ若くて綺麗だったのがまず良かった。

正体不明の【謎の女】をじっくり慎重に順序よく調べ解剖していく度に不可解な点がたくさん出てくる前半は怖いのはもちろんのこと、普通にワクワクした。
解剖する父子の視点というアプローチも新鮮で楽しい。

そしていよいよジェーンドウの正体があらわになってくる所からは、前半の積み上げが丁寧なため王道怖がらせ演出がよく光る。何回もビビらせて頂いた。
前半で見せたヤバい死体3体を【ポケモン】のように召喚してく感じ、楽しくも怖かった。

『なぜそんなところに聖書w』など可愛いツッコミどころ以外は特に可笑しい所はなくむしろ『なるほど…だからか!』と納得のいくお話で清く安心して怖がれた。

オチもGood!!

ホラー好きは一見の価値ありの良作。
すわん

すわんの感想・評価

3.8
久しぶりに怖かった。
日本のホラーみたいなじわじわ怖い感じが90分。怖くて早く終わんねーかなと思った。

ちょっと解剖する度に顔を映すのがすごい追い込まれる怖さだったやめていただきたいー。
でもご遺体が可愛くて可愛かった。いい裸体だった。
Mami

Mamiの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

地味な映画だけれども、地味に面白い。でも個人的な趣味としては、プロローグ部分(死体が見つかるところ)とエピローグ部分(死体が移動されるところ)はなしにして、解剖室から一度も出ずに終わった方がよかったんじゃないかなあと思ってしまう。たぶん1時間ぐらいになるだろうけど。地下を逃げ回ったりとか、息子の彼女とか、そのへんは余計だったんじゃないかなあ。潔く解剖→なんか変だよー→さらに解剖→めっちゃ変だよー→最後脳にたどり着いてな、なに…?だけだったらきっともっと気に入っていただろうな。でもこの映画、いいなと思うのは、ジェーン・ドウが最後の最後までゾンビのように蘇ってひとを襲ったりしないところ。最後まで彼女はあくまでも「死体」のままというのが不気味でいいと思う。
ENDO

ENDOの感想・評価

4.2
最初から詰んでいる。原因はわかっていても治療できない恐ろしさ。雨月物語の吉備津の釜よろしく、騙してきます。聴く耳を持たぬ魔女は狭い範囲ながらも関わる者全てを不幸にしていく。冤罪が呪いを招いた。演出上怪物はあくまで想像の中で動くので、恐怖が倍増でした。魔女狩りで死んでいった女たちの結晶がこの死体なのだろう。
ころぴ

ころぴの感想・評価

2.0
こわかったよぉぉ!
リサーチなしで見たので
法医学の話かと興味津々で見ていたら
ドキドキドキ
どんどん恐怖がぁぁぁ
最後までずーっとこわいです!
解剖始めたところで感じたことが
結果に結び付いたことが
唯一嬉しかったけど
ホラー、オカルトは不得意分野かも…
あーこわかった💦
K2

K2の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます


名無しの権兵衛は魔女であり、

自らが受けた痛みを無差別に周囲へ分け与える。


死んで見えるが生きている。

仮死状態とも何か異なる。

以上のことが魔女ということで納得出来るかはあなた次第。


サスペンスを期待したが、

幻覚であったり音調であったり、

どちらかと言うとホラーテイストな作品。


ラストは父親が魔女の身代わりになりかけたが、

継承前に息絶えたので結局元通りというオチだろうか。
CiSCO

CiSCOの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

レンタルショップで見かけて気になっていたので。

グロいのはある程度なら平気だがホラーは観るのに本当に勇気が要るので、最初の方の鏡のシーンでホラー映画っぽさを感じてやばいな、と。なんとか最後まで観ることができてよかった。

死体の気味悪さや解剖室(?)と建物の薄暗さがとても良くて、お化けのビジュアルだけがホラー映画ではないんだなと思った。解剖のシーンの音や内容物が出てくるところが生々しかった。

結末が予想外にすんなりいった気がして、そこが少しだけ残念。
パッケージのおどろおどろしさに腰が引けて、やっとの思いで鑑賞しました。
結果としては、怖くなかったです。
身元不明死体のジェーン・ドゥちゃんも可愛らしいです。

ネタバレしない程度に説明するね。
ある所に監察医を家業とする2代目のおじちゃんと可愛い彼女持ちの3代目の息子が暮らしてました。
息子のママは心を病んでこの世を去っています。おじちゃんが無頓着だったんだな。
そんな2人が、ある日若い女性の解剖をするんですが、家業とはいえ、自宅の地下に解剖室があって、焼却も出来る施設なんて:(´◦ω◦`):ガクブル

んで、猫好きの私には辛いシーンもあり、そのシーンは必要だったのかと、監督は猫好きに喧嘩を売ってるのかと……(ΦωΦ)猫は化けて7代祟るよ。

ハリケーンで電力供給も不安定な中、不穏な怪しい解剖を続けるんかーい!
エレベーター使うんかーい!
湧いて出たようなガールフレンド、どこにおったんかーい!
四日連続の快晴って、なんのことですかーい!

世界を震撼させたホラー映画の金字塔『ダークレイン』を5倍に薄めて炎天下に3日放置したような穴だらけの今作。
面白いと評判だったんですが……私には甘っちょろかったです。
ヌルい!ヌルいわ!!

ちなみに身元不明の死体を遺体とは言いません。
字幕は誤訳してました。
そんな死体(ジェーン・ドゥ)を親子がSubjectと呼んでたのが悲しかったです。
そういう仕事なんだなって。

それから、亡くなった方のご遺体に敬意を払ってない三馬鹿トリオ(ガールフレンド含む)の描写がありました。
ムカムカしてたので、バチが中ったのかなぁと思いました。
皆さん、心がけ正しく生きましょうね。
yu

yuの感想・評価

3.5
なかなか当たらん洋画ホラー、
これは当たり!
ヒヤヒヤして80分が長く感じた。