ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

こわそう、やばそう→やっぱりやん!!ってなる系
でもしっかり怖い!
解剖にグロさがなくはないけど正統派な感じのホラーだった。
終始上裸のおねーさんがおるけどそれは意外とエロくない。
隠し上手な人もいれば、発見上手な人もいる。これはそういう戦いだ。そう思ってたのに、そっちかぁ。まんまと怖かったです。結構グロ注意。

今、二階でドタッと音がしました。長男が寝ている部屋ではないな…ちょっと様子みてくる。
悪意

悪意の感想・評価

2.9
身元不明の謎の遺体を解剖。
医学・病理学的に検証をしていくのだが段々とホラーな雰囲気が漂ってきて最後辿り着くところはスーパーナチュラルの域なのでなんというか拍子抜け。こういう類は嫌いでは無いが病理学的サスペンスを期待していたのでちょっと残念。
遺体や解剖シーンはとても美しかった。
すず

すずの感想・評価

3.5
時間も短くてサクッと観れそうなサスペンスだなーと思ったら。
まさかのホラー!(恐いの苦手)

なんか魔女的な感じは好き。
ナギー

ナギーの感想・評価

3.8
これは今までに見た事無い感じのホラー。

前半の司法解剖のシーンが良すぎてもう、どっぷり映画に入れます。

後半の展開はあまり好みではなかったので、前半のまま突っ走ってくれたらと思ってしまいました。

ジェーン・ドウ役の女優さん美しいですね。
いやぁ、怖かった~!
でも魔女狩りとかの話はイマイチなのでおかわりは無しかな。
HAL8192

HAL8192の感想・評価

3.6
解剖という新たな手段でのサスペンス物。

ある一家で正体不明の殺人事件が起き、その中で唯一外傷のない美しい女性死体が見つかり、鑑識にその死体を解剖する事を依頼するが、解剖するにつれて妙な事が起きていくというのが、この物語の肝だ。

正直、ホラーとしてはほどほどに怖い程度で、そこまで恐怖感はないが、解剖という新たな恐怖演出、死因はなんなのか?という謎が魅力的に描けていた。

外傷からは死因は全くわからないと言ってもいいのに、いざ解剖していくとグロ注意というレベルで素晴らしい損傷が見られ、こういった恐怖演出があるのかと思うほどだった。(舌や肺の演出や、血の流れる演出と排水口に向かって流れていくシーンとか素晴らしい)

美しい死体にメスを入れるのは絵的に映えるし、独特の感覚があり、この映画の魅力でもある。こういった解剖をテーマにした作品はなかなかないためグロテスクの面でも特殊な評価ができる。

短めの作品で、どうしてこうなったのかというのは完璧には説明されないが、十分に面白くサスペンスしている。

ただ、後半に行くにつれて、徐々に主題が解剖からずれ、普通のホラー的に変わって行くのが残念。ある意味理不尽な流れに変わって行くのはなんとも言えない。

終わり方は面白くあるかというとちょっと御都合主義的で、ちょっとあれだが、車に乗せられて終わるこのエンディングと音楽、そして最後の音これは見事!
くらた

くらたの感想・評価

2.6
2018.10.21 Netflix

ホラーじゃないと思ってみたら完全にホラーだったびびりまくり
ZIMA

ZIMAの感想・評価

-
「綺麗な顔してるだろ。死んでるんだぜ。それで。」ということで美しい死体を解剖するホラー。度々アップされる死体は、笑っているようにも見えてくるし、悲しんでいるようにも見えるし、いつ動き始めてもおかしくない恐怖が常につきまとってきます。

解剖シーンは遠慮が無かったり、光や音にも容赦が無くって、ホラーの耐性が無い方は、心臓にも悪いし、グロいし、良いことがないので見ない方がいいかもしれません(私は映画館で見たら発狂してしまいます)。

ある死体を解剖すると、不可解な出来事や情報が出るわ出るわのオンパレード。死体は喋れない分、多くの情報を語るなんてことを、どこかで聞きましたが、語るだけじゃ収まらないこの死体は、迷惑もいいところです。

次々と明かされる情報は、ビクビクしながらも、ワクワクさせてくれて、ミステリー要素もしっかり面白かったです。


怖いのに見たい。見たいけど怖い。ホラー映画は危険です。

最後に見た映画はアルツハイマーの女と、家を建てる男が出ている映画笑!
ヨシキ

ヨシキの感想・評価

4.0
グロいから10分に一回は見るのやめたくなる

まじで怖かったしリピート100ぱーしないけど、久しぶり良作見た気がする