ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.7

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

随所に伏線が散りばめられてるのがわかりつつ、やっぱり怖くてビクッと反応してしまった。ある程度予測が出来るんだけど、それでも面白さが上回るので久々に良いホラー映画だった。

ちなみに猫が出てくるので猫好きはある意味注意。
imnr

imnrの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

怖いより何で?何で⁉︎何でさ⁉︎が勝ってしまった。
そしてあまり怖くもなかった笑
怪奇現象が同時に進行しだして、正直うーん...となってしまった。
魔女かあ...いや、魔女狩りの犠牲になった女の子の怨念かあ...
謎多き死体を解剖で死因を解いて行く、謎解きスタイルでスタートするものだから何でも出来ちゃう系の真相だと自分はテンションダウンしちゃいました。
無差別、理不尽、そりゃそうだ、魔女の怨念だもの。
でも父と息子がかわいそ過ぎる。仕事じゃんね笑
仕事の人もいると思いますが、いよいよお盆休みに突入ですね!やっぱりお盆と言えばこれですよ、ホラー映画。(^^)

デカいスクリーンで観たせいかもしれませんが、かなり怖かったです!お笑い無しの正統なホラー映画でした。

死体安置所と火葬場をしているトミーと息子のオースティンは、ある一家が無残に殺された家の地下で見つかった身元不明の女性の変死体を検死することに。死因を調べるため解剖を進めていくが、恐ろしい事実が徐々に明らかになってくる。そして死体安置所の中でも不可解な現象が次々と起こり始める。

この変死体が運び込まれてからの空気感、解剖のため台の上に置かれてるだけなのにスゴい恐怖を感じます。

前半は謎解きの様なミステリー、後半は恐ろしいホラー展開の中で伏線をどんどん回収していく作りは面白かったです!解剖シーンも生々しくてグロいし、ホラー好きはバッチリ楽しめる作品だと思います。

このデューン・ドウ(身元不明)の正体は何なのかは是非、映画を観て確かめてもらいたいです。(^^)


それでは、オイラのレビューもお盆休みに入ります。(^^)
sketch

sketchの感想・評価

3.8
後味も良くはなく例えるならば救いのない『パラノーマン』ですが、中々上質なホラー映画。今くらいの時期に涼みに見たいですね。

想像以上にグロテスクで、久々に映画を見て気持ち悪くなりました。
怖い。好き。
これまで観てきたホラーの中でも、これはかなり上位に食い込む。
主要登場人物が二人共、洞察力も行動力もある珍しいパターン。しかもお互い思いやる善い人。
なんとかなりそうだけど、僕にはどうすれば良かったのか分からない。
当分引きずりそう。
死体だけで映画一本どういう展開になるのか想像もつかぬまま観て…そうきたか!と。気味悪くも美しい映像は見ものだしホラー好きも満足するであろうグロシーンもあり。鑑賞後にこんなに鈴の音が不気味に感じるとは…。面白かったです。
kyansa

kyansaの感想・評価

-
あのラジオから流れてくる音楽が頭から離れなくなった。
MAeKeN

MAeKeNの感想・評価

3.7
オカルトホラー!

こういうタイプの映画は割と◎

思い出しただけでジェーン・ドゥが怖い。
死体って動き出しそうで一緒の空間にいたくない。
2回は観たくねー
久しぶりに映画館へ。
予告編はホラーの嵐でした!🐥

こちらの作品、前半はとても良かった!✨
kota

kotaの感想・評価

3.6
期待以上に面白かった。
いや、手法は全くもって伝統的なホラーなんですが。
伝統的な手法を綺麗にまとめたなと。
何より、死体が美し過ぎる。
死体と言っていいのかはともかくとして。
世界一美しい死体の座はローラ・パーマーではなくなってしまいました…個人的には。