ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

silencio

silencioの感想・評価

3.8
90分映画の類いとしては絶妙に面白い。これが100分以上になると長くて評価が下がるはず。
解剖室内のワンシチュエーションものだけど、こういったものは大抵一人で恐る恐る行動することが多いけど、この映画は父と息子で助け合う形。
解剖室が停電した後めちゃくちゃ恐かった。。
死体が死体であるために、死に続けなきゃならない。こんな過酷でリスキーな役をよく引き受けたものだ。
MBac

MBacの感想・評価

4.5

極たまに"想像がつかない"という言葉の代名詞になるような作品が出てくる。今作はまさにそう言った作品であった。対象者が直接何かをしてくるわけでは無い(少なくとも前半は)のに主人公2人がどんどんと追い詰められて行くさまはまさにソレであり『エクソシスト』(1973)を彷彿とさせるかのようだった。又、寛容というよりは好奇心旺盛な(イタズラに「死体を見たい」という息子の彼女に見せようとしたりと)父親がジェーン・ドゥを扱うにつれ些細なことにも敏感に厳しく反応するさまは観ている我々も今がどれ程異常な事態なのか。という事がひしひしと伝わってくる。前半はその状態、つまりは、なにが起こっているかは判らないが間違いなく異常な状態であるのから後半に行くと一気に物事が展開していく。それらの畳み掛けも素晴らしいとしか言えない。私はDVDにて本作を視聴したことが悔やまれる。勿論、どんな映画も出来れば劇場で観るのがベストではあるが、今作のコレを劇場で観ていたらどれ程感動したか想像するだけで計り知れない。とにかく、今作の製作陣には感謝の念しかない。
何で台風の日に見ちゃったんだろう…
怖かったし面白かったけど、猫にひどいことしたので3.5です。

このレビューはネタバレを含みます

お父さんが一生懸命お仕事している背中を見て育った息子さん。冷静さを欠くところもありながらもフォローし合う人生っていいですね。きれいなおっぱいされてて、眼福なことも含めて星4です。
masatan

masatanの感想・評価

5.0
医学的にはあり得ないことだらけの謎の遺体ジェーン・ドウ。肌はめちゃくちゃ綺麗なのに内蔵がズタボロにされていたり、死亡推定時刻が全くわからなかったり...
なんだか嫌な予感しかしてない解剖医の息子とそれを無視して黙々と解剖する父。視聴者であるわたしも早く逃げなよ!って思うけど、全然解剖をやめないの!めっちゃ怖いw
最初から最後までドキドキが止まらないサスペンスミステリーホラー。とても良いホラーでした。楽しかった
M

Mの感想・評価

3.5
解剖×オカルトの絶妙なリアリティさとジェーンドウの死体の不気味な美しさにゾワァっ…
ただそこにいるだけなのに、ジェーンドウの異様な存在感が…
Tokou

Tokouの感想・評価

2.2
期待よりは下を行った映画だった。
毎回アメリカのホラー映画を見て思って来たことだったが、宗教、儀式、悪魔などの風習や知識とは程遠く、無頓着な日本人にとっては恐怖は半減する、又は、全く怖くないのが現実であると思う。
この映画も、その類に入るので、途中からもうオチも知りたいとか思わなくなった。
しかし最近は、そういう固定観念に固執せずに『It follows』や『ライトオフ』など設定(種悪の根源的なもの)が踏襲されていないのも出てきているから、これからのホラー映画に期待したい。

皆んなは言っているけど、私的グロくない。
たい

たいの感想・評価

3.6
めちゃくちゃ面白かった〜!!!

とある事件により身元不明の保存状態の綺麗な死体を発見した警察により
解剖の依頼を請け負った親子に怪奇現象が迫る!!
みたいな感じです。

ドン!ババン!みたいな海外のホラーっぽさがかなり少ないと思った。
死体がいい出来ですけど、スプラッタ感もあまり感じない。
ただただ気味の悪い不安が残るそしてビビる

びっくりホラーというよりもその先への恐怖を感じるような作品かと
オカルトですね。

黒魔術(?)の本がなんで解剖室に置いてあるのか全然わからないけど、なんかもうオールオッケーです🙆‍♀️🙆‍♀️

死体が綺麗で最高です。
は

はの感想・評価

3.5
音でびっくりさせない系の正統派ホラー映画

エレベーターがCAPCOM製レベルで怪しかったもん…そりゃさ…ねぇ……

「ジェーン・ドゥ=名無しの権兵衛」
ということを学びました🙏