ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.6

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

GEN

GENの感想・評価

3.0
男「ジョン・ドウ」
女「ジェーン・ドウ」
... 日本で言う「名無しの権兵衛」的な感じらしい。勉強になった。

こんなに「綺麗な裸」を見続けて、「無」な気持ちでいられる映画は他にないんじゃないかな?笑

ある展開が訪れるまでは、最高級に面白かったのですが...

後半、段々と自分が思っていたものとは違った方向に... 残念でした😭
tommadness

tommadnessの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

勝手にB級かと思ってたら、プロデュースに『ラ・ラ・ランド』の
フレッド・バーガー、『トロール・ハンター』のアンドレ・ウーヴレダル監督の良質オカルト・ホラーだった。

解剖シーンも素晴らしいし、
美しすぎる死体が静寂性を貫くところが良い。

拷問の形跡はあれど、
炎で焼かれなかったのならどうやって殺されたのだろうか?
(脳細胞は生きてるから死んではないのか)
そのへんの謎解きも含めて同じスタッフで続編希望。

映画『ジェーン・ドウの解剖』メイキング映像
https://www.youtube.com/watch?v=MOrjAMJM240
yasshy

yasshyの感想・評価

2.0
ジェーン・ドゥの遺体が綺麗で魅入ってしまうのは確か。
でも、なにか全体的に物足りない感じだった。
魔法陣のようなものが出てきて、聖書・魔女・・・彼女は生きている!
ときても、最後まで彼女は動かない。静かに横たわったまま。
それはそれでいいし、起き上がって盛り上がりがあってもいいだろう。
しかし、彼女だけでなくストーリーも静かに終わり、彼女も新しい地へ運ばれていく。最後にわずかに足の指が動き、新しい展開を思わせる。
魔女なら魔女でもう少しそのあたりを強くしても良かったかな?

オースティンとその彼女の死なせ方も少し雑だったし。

少し期待値が高かっただけに、
ジェーン・ドゥの遺体が綺麗なだけの少し残念な映画だったかな?
ジェーン・ドゥがめっちゃキレイ。
ブライアン・コックスがX-MEN以来、
出演作見てなかったので、顔見て思い出しました。
ボロボロになりながらも息子を助ける良い親父でした。
解剖室という密閉された空間で決して解剖してはいけないものを解剖してしまった真実の先には何が待っているか…
「怖さ満点の解剖ショー。」

身元不明の女性遺体(のコトを用語でジェーン・ドゥと言う。遺体の名前ではない)を解剖したらなんか色々と変なコトが周りで起き始めたよ、というホラー。

面白かった。遺体安置所と火葬場が合体した建物で解剖するというシチュエーションが新鮮で、解剖が進むに連れて不可解なコトが起き、怖さも比例してくる。遺体の謎も段々と分かってくるミステリー的要素も良い。

解剖シーンはオブラートって何?って程ダイレクトに見せているので、グロさ満点。心臓とか脳を切除とか普通に描写するからね。またこういうのに限って造形もリアリティだからタチ悪いわ。死体役の女優さんも凄い。

しかし慣れってのは怖いな。「グリーンルーム」「ハードコア」そしてこの作品と、グロいのがこうも続くとあまり気にならなくなったよ。まあ基本苦手なんでまた忘れた頃にグロいの見るとキツいだろうけど。やっぱり最初に見た「グリーンルーム」が痛々しさという点でも一番キツかったかなぁ。

----------ここからネタバレ----------



















息子だけ助かるのか、と思ったら全滅エンドだった。てか息子だけ死に方がショボい。彼女も声ひとつ上げずに来るのもご都合主義っぽくもあるが、ジェーン・ドゥの仕業かも知れないしな。仮にここで死ななかったとしても最終的には全員助からなかっただろうし。
綺麗な人でした。だから余計に不気味でした。
サスペンスかと思ったらホラー⁉️
テンポ良い。
Yukiko

Yukikoの感想・評価

3.9
2017年11月16日
『ジェーン・ドゥの解剖』 2016年イギリス制作
監督、アンドレ・ウーヴレダル。

ジェーン・ドウの美しい裸体❗
身元不明女性のことを「ジェーン・ドウ」という。

バージニア州。
父トミーと息子オースティンで遺体安置所と
火葬場を経営している。
ある夜、保安官から検死依頼が入る。
殺人があった家の地下から発見された身元不明女性
の死体の検死だ。
父と息子は早速解剖を始めるが、奇妙な点が
次々と発見される。
そして、二人の身に不可解な現象がおこる。


この映画の中でオースティンが自分のことを
「ビビり」だと言っている。
私も「ビビり」だ。
ホラー映画なんて滅多に観ない、怖くて観れない。
この映画は大勢人がいる電車の通勤の往復時と、
公共建物の中の人がいる所で観た。
(用事があったので)
いっぱい人がいると怖くないし。
ビビることも殆どない。

リアル解剖シーンだった。
頭を切るのはあのようにやるの?
パカッと開いて………

父親役のブライアン・コックスさんは名演技‼
ちょっとした動作もリアルだ。
ただ今、71歳とのことだ。
それにしては若いね。

結構面白かった。
ジェーン・ドウの目の色が変わった!
ラスト、ジェーン・ドウの足の指が動いた❗
バージニア、コモンウエルス大学にジェーン・ドウ
の遺体を運んで、そこでは解剖されることなく、
遺体は丁重に扱われるということなのかな⁉
ギャランドウ~🎵ギャランドウ~🎵
(by 西城秀樹)
あ、違った。
ジェーン・ドウでした(^^;

以前にも似たような作品で『屍体』ってやつを観たけど、あっちよりこのジェーン・ドウのほうが完成度は遥かに上。
登場人物が極端に少ないながらも、それをうまく活かして死体の謎解きに重点を置いてるところが評価アップ。

死体は全く微動だにしないという画と、たしかに死体が起こしているであろう怪現象との対比が怖さを増幅させます。
その中でもより怖さを演出しているのが『目』だと思います。
グレーに濁った目の上をハエが歩いても少しも動かないシーンを見せ、これは完全に死んでる死体だと印象付けておいて、その後もことごとくこの目を強調したアングルが活かしきれているあたり、お見事としか言いようがありません。
今にも瞬きしそうで、そして何かを宿したかのような目を、しばらく忘れることはないでしょう。

ありきたりのホラー映画の怖さとは違う、別次元の怖さを感じる良作だと思います🎵
kankitsu

kankitsuの感想・評価

2.8
冒頭の親子の検死描写に引き込まれた。ジェーン・ドゥと名付けられた身元不明の死体を主人公親子が解剖するたびに事件が起こるストーリー。

親子の営む地下の検死室という密室で起こる展開に冷や汗が止まらなくなった。
ジェーン・ドゥは綺麗な死体だけど色々詰まってて怖い……