ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

検死官が、検死作業中に心霊現象に遭うお話です(^-^)

ゴシックホラーな感じで、解剖のグロさと、心霊の不気味さが良い味していました。

怖さ★★
見易さ★★★
hase46

hase46の感想・評価

3.8
久々に良いホラーを観ました。

海外のホラーってやっぱりドーンときてバーンの脅かし系のイメージがあるが、この作品は、静かに息をして身体を動かしてはいけないような感覚に陥らせるホラーだった。

代々検死官を家業とする親子が身元不明の死体、ジェーンドゥを解剖することになった。明日の朝に公式発表したいから、今晩中にと頼まれて早速解剖を始めるが、身体の中を見れば見るほど不可解な死体となっていく。皮膚の内側を開いた時に、これはマジでやばいヤツだなって感じです。

死体の正体も全然予想していなかった結末だったし、一夜明けて警察が来た時の現場の惨状を嘲笑うかのような死体の美しさに恐怖しかありませんでした。

2018.6.7.169本目
読めそうで読めない展開。時間も長くなく、最後まで飽きずに怖くて面白かった。
ベルの音怖い。

何回覚えてもそらでタイトル言おうとすると「ジュード・ロウの解剖」ってのが最初に出てきちゃうの私だけじゃないと信じてる。
くわこ

くわこの感想・評価

3.4
解剖のシーンがあるのでグロ系がダメな人はオススメしない。結構内臓とかモロだから。

ホラー映画あるあるというか、お決まりの演出が散りばめられていた。ただ、欲しがりな私としては全体的に物足りなさを感じた。

ジェーン・ドゥって身元不明遺体って意味なんだね。私はジェーン・ドゥって名前かと思ったよ(頭悪い
ivy

ivyの感想・評価

3.5
Twitterでオススメしてる人を見かけてからずっと観たかった作品!
ホラーを観すぎて結構序盤でオチが分かってしまったけど面白かったです。
よくあるストーリーなんだけど、こういった展開の仕方は斬新というか新しいものを観た気がする。音楽も良いし、色使いもすごく好みでお洒落なホラーを楽しめました。

好きな人はすごい好きだと思います。
毎度毎度おっぱいですみません…。(死体のおっぱいかよ…。)意図せずなんです。早く返さないと延滞料金取られるんです。

チリリ~ン チリリ~ン 🔔🔔🔔

身元不明の死体。しきたりで鈴をつける。つけんな。こえーよ!起きてくるな!こえーよ!すきっ歯、舌無し、かっぴらいた目、お願いだから閉じて…こえーよ!

スタンリーってかわいい猫ちゃんがいます。日に日に狂暴になっていくそうです。それはなぜか?ペットセメタリーに埋めて生き返った猫ちゃんだからです。(嘘)もう一度殺して差し上げなさい。こえーよ!

司法解剖するお父さん、プロフェッショナル!豊富な知識、経験、すごいね~。映画で観て、真似て手術とかできるかな?出来るわけねーだろ!こえーよ!

デットマーンウォーキン!ゾンビとは違った恐怖!ドアガチャガチャやめてー!こえーよ!こえーよ!こえーよ!こえーよ!

なんで燃えないんだよ!こえーよ!

悪魔の仕業なのか…?誰が?何のために?こえーよ!

一番かわいそうなのは、何も知らずに殺された彼女のエマです…。

面白かった!怖かった!朝観ても怖いってことは夜観たらもっと怖いってこと?あー、やだやだ。
いちばん印象深かったのは
死体が観れば観るほど
美しかった。

ストーリーも謎解き感だして
頑張ってるとは思うが…
如何せん変化がなく惹きつけられなかった。

やはりホラーには憂いや切なさ、哀しみが感じられないと個人的にダメなんだなあと痛感。

頑張ってますけどね…(^_^*)

風邪ひいて体調のせいもあったが…時々なぜかビクンセンサーが全く作動しない時がある。元々はあまり驚かない人だったんですけど、だんだん歳を取るごとにビビりグランプリに出られるほど、普段はお盆が落ちた音だけで全身動く人になってるのに…

驚かしシーンを全て「あーそーう」な反応になってしまい、もしかしらセンサーの不具合じゃなくて内容がそれなりだったのかも…

実は2日に分けてしまった(^_^*)

ホラー耐性って怖い。
耐性が低ければビクビクを楽しめるのに…つくづく感じた。

グロやディテールは割とハードなので苦手な人は嫌な感じですが、個人的には最近のホラーを味わう事ができました。

死体が何も語って無いのに美しく意思が読み取れるのも良かった。
ひとことも発さずコレはある意味凄いかも知れません。
らいち

らいちの感想・評価

4.0
見惚れてしまう美しさ…

ノリノリの解剖シーンから始まり、地下室の雰囲気、検死官のパパとその息子。
淡々と進む解剖の中に次々と謎が出てきて
前半は特に最高でした👏🏻

普段いろんな遺体と接している人はゾンビ系にはあまり驚かないのね🤭

グロが苦手な人はタイトルから観ないと思いますが…耐性がないとキツイかも。


純粋に面白い映画でした。
グロ耐性ある人なら楽しんで見れるとおもう!
後半にかけて失速感はあるけど設定がまず面白い👍
不可解なことに対して謎を解明していくストーリーと思いきや死人が動いたり、黒魔術的な理由付けする方向になって行くのは強引な感じが。
結構後味悪い終わり方でした。

解剖の現場の知識は付きましたw