ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

neji

nejiの感想・評価

3.5
不安になる系のホラー、ゾクッとするのが好きな人は良いかも。解剖シーンは少々グロい。
sumi

sumiの感想・評価

4.0
怖い!結構良質なオカルトホラー!

中盤の異常事態が起こるまでの不安を煽る演出が上手いです。登場人物たちと一緒にこっちまで不安になってくる。死体安置所の閉鎖的な雰囲気もgood!

異常事態が起こってからはオカルトの部分で結構好き嫌いが分かれると思いますが自分は好きでした。死体をはっきりうつさないのも怖い。鈴の音も怖い!

ただ終盤の展開というかオチがあんまり面白くなかったかな。もうちょっとひねりがあっても良かったと思います。あと最後の警察官の台詞の意味がよく分からなかったです。

でも総合的には良く作られたホラー映画でした。
みみみ

みみみの感想・評価

3.5
ジェーンドゥが綺麗すぎた
くるっ、くるっ、きたーーー!!!って感じにこわかった笑
最後の運転手は理解に苦しむ!
いろんな意味で無理ゲー

難易度が高すぎる

サスペンスだけれも、ホラー要素の方が強い

SEがホラー映画の王道で
そこだけが残念

しっかりビクついてしまう自分にも本当に残念
これ……観たら あかんヤツやった
(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
怖すぎて やばいヤツやん😭
(何故に関西弁?)

怖すぎてコメント出来ない‼️
ひたすら 怖い‼️「鈴」怖い❗️
なんかもう全部が怖い😭
ミステリーホラーだと勝手に思っていたら完全なホラーだった😭✋️

ホラーは大丈夫だと思っていた
自分が甘かった (´༎ຶོρ༎ຶོ`)

どうか
夢 見ませんように🙇‍♀️
なんか笑える漫画読んで寝よう

*3/30 DVD鑑賞
レンタルのポップを見て気になり観ました。
途中までの死体の謎はハラハラさせられるが、後半ちょっとがっかりした展開に。
それでも飽きる事なく面白かった。
美女の解剖という極めて背徳的なモチーフ。

完璧な美を湛えた遺体を、スタイリッシュなまでに手早く切り刻む解剖シーンには引き込まれた。映像的なインパクトよりも、個人的には、音。特に肋骨を切断する(切るというより折るような)重低音には惚れ惚れ。

だがストーリーは、明らかに終盤しくじっている。解剖が進んでいくにつれ、どんどん膨らんでくる謎をどう回収するのかと期待したのだが‥
薄暗いモルグの闇をうまく使いながら恐怖を煽る演出が上手だっただけに、ちょっと残念だった。
Dai5

Dai5の感想・評価

3.4
物語中盤まではハラハラドキドキ楽しめたが、ジェーン・ドゥの秘密が明らかになってからは…

ふつ〜のホラー映画。

このレビューはネタバレを含みます

映画のコンセプトは、新鮮で良かったです。予告を観てすぐに、「絶対観たい」と思いました。
こういう新感覚ホラーが自分はすごく好きです。
例)ドントブリーズ、アンフレンデッド、バイバイマン

〜良かった点〜
上記で行ったように、解剖×怪奇現象というのが新鮮でワクワクしました。

ジャンプスケアはずるい手段だと個人的には思っています。それが、この映画にはあまり無かったです。
なのにも関わらず、凄く怖かったので優秀なホラーでした。絶妙なカメラワークのせいで、緊張感がやばかったです。

鈴が効果抜群でした。聴覚だけでこんなに怖くなるなんて…

〜悪い点〜
息子のエミール・ハーシュの演技が下手に感じました。特に泣くシーン。

親子の謎な行動が一つありました。
エレベーターを始めのうちに何故使わなかったの?

あと、これは完全に個人の好みのことですが、ジェーン・ドウの正体がわかったとき凄く残念に思いました。
魔女とか悪魔とかをホラーで気軽に使わないでほしいです。なんでもありになるんで。パラノーマル・アクティビティにも同じことが言えます。

もちろん、エクソシストとか、クランプスとかはじめから魔女とか悪魔の設定で戦う映画は仕方ないですが、この映画はそう言うものではありません。
エスターや死霊館のような展開を期待していました。


まあでも、最後までホラー映画のハラハラドキドキ感を楽しめたのは確かです。
ホラー映画が好きな人にこの映画を強くお勧めします。
面白い!!
話がしっかりしてたのもよかったし、先の展開が読めそうで読めないのも楽しかった!
ジェーンドウの秘密と解剖屋の親子の掛け合いが見どころですね。
ジェーンドウ美人すぎてびっくりだわ