ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.6

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

うおおおおお…。
こえぇ…。
激おっかねぇ。

解剖を生業としている親子の元に、1体の身元不明遺体が届く。
この身元不明遺体のことを、女性の場合はジェーン・ドウと呼ぶそうで。
彼女の死因を突き止めるため、解剖を開始した親子にいろいろ起こるというわかりやすい筋書きなのですが。

が。

正直に告白します。
怖すぎて途中で1回止めました。
ジェーン・ドウを解剖していくくだりが、もう本当に怖すぎて。
ホラーを観ていれば観ているほどわかるんですが、今くるぞ今くるぞ、みたいなシーンがてんこ盛りなんです。
こちらはね、ジェーン・ドウに何かあるってわかって観てるんだけど。
もうさ、父ちゃんが無防備に顔近づけて観察するもんだから 笑

こえぇ、こえぇ 笑
そのシーンでもう、ワタクシ、息が続きませんで 笑
1回休憩入れました。

人顔のドアップって、ただでさえ怖いのにね。
それが、これでもかと何回も大写しに。
もう、トラウマ。
パッケージでさえ怖く感じる。

もうね、コトが始まってしまえばなんてことないんす。
始まるまでがね、苦しい。
その苦しさを味わう映画。

いやー、これは苦しかった。
怖かったぁ。
大満足。
検死解剖をじっくりと^ ^
そういうの、なかなか無いから新鮮だった

検死解剖兼遺体安置所と火葬場を営むトミーとその息子オースティン…

ある夜緊急の検死解剖の依頼が来る
それは見た目の外傷は見当たらずとても綺麗で死因も身元も不明の女性の死体…

父子でいつも通り手際よく検死にとりかかるが、進めれば進めるほど不可解な損傷が見え始め、次第に不穏な空気に包まれていく
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
検死のプロだけに霊など非科学的な思考は程遠いトコにあるだろう
そして予想通りのリアクションなのがいい
すぐに霊的な物に結びつけようとはしない

不可解な死体、不可解な出来事がジワジワ積もり積もっていくヤバさにこちらもゾクゾク^ ^

そして損傷の原因や死因を探るミステリーなシーンとホラー感満載シーンを行ったり来たりする展開は他には無い面白さがあったと思う

恐怖の演出はかなり好みだったし、観てる側を裏切るあのシーンなんて最高だなって✨
円盤欲しいです^ ^
2018 1 レンタル
シュン

シュンの感想・評価

4.7
いままで観たホラー映画のなかでダントツで一番怖い。
色んなホラー映画のオマージュに溢れてるんだけどただのマネになってないのが好印象。どれだけホラーっていうジャンルに対して敬意を表してるのかが画面から伝わってくる。
次に起こることが大体わかるのに怖いって相当すごいと思う。
場所もほぼ解剖室だけで、出てくる演者も3,4人なのに緊張感の続く素晴らしい演出だから一切飽きない。
それらの要素をたったの90分でまとめてるから編集もすごい上手。
これの後にしばらくホラーは観れないですね。
ズミ

ズミの感想・評価

3.2
意外とすんなり死体解剖ホラー
しっかりした脚本の手堅いB級ホラーだった。はじめはてっきりサスペンス方向に行くのかと思いきや、オカルトな方向に持っていったのでちょっとだけ残念。これはこれでいいんだけど、もっとわけわかんなくても好きかなぁ
あき

あきの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ミステリー仕立てのオカルトホラー。
謎解きの手段が検死っていうのは良いアイディア。
ストーリー構成も綺麗。
劇中出てくる親子の絆や慈愛の精神には心を打たれる。
一方で、ジェーン・ドウがそんなの全くお構い無しなのが良かった。
あん

あんの感想・評価

3.9
久々暗いところ怖くなる映画やった。
最後がほんま絶望感じた。わざわざその人の声だしてるのはちょっとお茶目感じた。
ちひろ

ちひろの感想・評価

4.0
自宅に遺体を解剖する施設がある主人公の家にやってきた謎の死体.

ホラー映画って結構早めに怖いシーンは一発かましてくるんだけど,この映画はかなり焦らして焦らして一気に来るので久しぶりにぶるぶる震えながら見た.

ストーリーがもう少し深く掘り下げていればストーリーもしっかりとした良いホラーになった気がする.
単純なホラー作品ではなく、解剖を通じて謎を解いていくミステリー要素もあり、一見変わった作風。
テンポも良くちょうど良い。
Akari

Akariの感想・評価

3.3
この死体の呪いは永遠に終わらない。
解剖を進めるごとに次第に
ジェーンドゥの謎が分かっていく
徐々に蝕まれてく…そんなホラーです。
ハッピーエンドは期待しないで下さい

場面にそぐわない明るい音楽も
またその場の恐怖を引き立たせます。
グロいのが苦手な人にはオススメできません!
親子と死体の壮絶なバトル。ホラー映画の基本をバッチリ押さえた作品で、観客に対してとても親切だなという印象を受けました。序盤のジワジワくる怖さや絶望的なラストもすごく良かったです。