ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:
  • イギリス
  • / 上映時間:86分
    監督
    アンドレ・ウーヴレダル
    脚本
    イアン・ゴールドバーグ
    リチャード・ナイン
    キャスト
    エミール・ハーシュ
    ブライアン・コックス
    オフィリア・ラヴィボンド
    マイケル・マケルハットン
    オーウェン・キャサリン・ケリー
    パーカー・ソイヤー
    ジェーン・ペリー
    あらすじ
    バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

    「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

    ねこが…だそうなので、見るのを諦めました。
    めも。もちろんスコアなし。
    akiRa
    2.7
    正直1番ビビったのは女の子初登場シーンだったりする笑

    残念!残念だぁ!
    折角前半いい感じだったのに!!
    これは完全に好みの問題だけど、、


    物語は代々死体安置所で検死を生業としている父子2人のもとへ身元不明の女性遺体ジェーン・ドウがやってくる。
    期限が明日までということで早速解剖に取り掛かる2人でしたが、、


    中々に検死描写がちゃんとしてるので、とってもグロい٩( ᐛ )و
    SAWシリーズとかに耐性あれば程よく楽しめるでしょう。
    解剖から死因を探るのだが、伏線らしきものがちらほらしていてとってもワクワク。
    ホラーテイストのちゃんと理屈を関連させたスリラーだと期待しました。

    ただ僕としてはそっち行っちゃったかぁ
    (*ノω<*) アチャー
    ってな印象。
    やっぱ海外はオカルト好きね笑

    謎解きとかしっかりしていてくれたら嬉しいのに、謎だらけだなぁ。
    歯は?
    蝿は?
    死人達は?
    女の子雑過ぎない?
    物理的にダメージを与るのはなんで?
    などなど僕としてはスッキリしない。

    最初のカメラを回してたのもよくわからんし、演出がビビり多いのは楽しいのですが、、、ねぇ?
    焼却炉が開いたときにスタンリー復活くらいやって完全なC級くらいまで行ってくれたらもっと面白かったのに。
    mizuki
    -
    上映前の劇場内で流れてた歌がなんか嫌やな~と思ってたら、本編でいやあ"あ"あ"あ"ってなるやつだった。というか全体的に「嫌やな~」って空気が流れてて、その空気に呑まれて自分で妄想をふくらませて自滅してしまった。廊下とか鏡とか鈴とか。とにかく不吉な予感と想像を掻き立てられた。ジェーン・ドウに何が起こったかも、体内のひどい傷と少しの手がかりだけ与えられてはっきりしないのがまた怖い。想像してしまう。
    死体が解剖されていっても完璧に美しいってどういうこと?身動きひとつないのに存在感がすごかった。顔のアップはもう画面を直視できなかった!
    解剖できる資格とか持ってなくてよかった~、で済まされる話ではないかな。「ドント・ブリーズ」だったら、退役軍人の家に強盗に入ることは絶対にないから大丈夫だったけど。
    親子の愛な……。
    終始マリコさん助けて!マックス助けて!って思ってた。猫のシーンはシャーク・タンクとテクトニック頼む来てくれ!って思った。
    怖かった!!いいホラーをみた!!
    toufu
    4.0
    ねこ…
    Jane doe の呪いが怖すぎ

    このレビューはネタバレを含みます

    まあまあ、夜勤明けに見るのにはちょうど良かった。人殺しちゃってるから抜け出せても地獄しかないのがへこむ。
    ryo
    3.4
    ホラー要素よりもグロのが強い。
    グロいのが苦手な方は控えた方が懸命。
    トロールハンターもとても良かったけど、展開がとても綺麗でこの監督うまいなぁと思った。
    そして死体がとても綺麗。

    このレビューはネタバレを含みます

    『ジェーン・ドウの解剖』鑑賞。友人に勧められて鑑賞したものの、怖すぎて漏らした。不気味で未知のものが人智を超えた存在であると発覚していく過程は、異常なほどスリリングであり、どうしても解を欲してしまう。本作はそうした人間の心理を、奇妙なほど美しい「ジェーン・ドウの死体」と「解剖」という手法で、そして遺体安置所という特異な舞台で見事に刺激している。
    徐々に紐解かれていく死体と深まる謎、僅かなヒントで答えに辿り着くも関係者全滅という救いようのなさ。一瞬、ジェーン・ドウが「助けを求めている」死体であるという柔なハッピーエンドを予感させるも、一度の歩み寄りでは消え失せない、これまでの女性たちの恨みの強さ(なんたって、ジェーン・ドウは生前、拷問された挙句に悪魔にさせられているのだから!)を痛感するものとなった。彼女は魔女狩り・人身御供から続く女性蔑視の歴史を体現する存在なのかもしれない。
    また、「呪い」と「科学(文明?)」の対決という点も見どころの一つだ。最新の解剖技術でようやく明らかになる死体の謎。呪いが解けるか解けないかの瀬戸際は、高度な技能戦を思わせる。遺体から出てきた布地に記されたヒントから、ヨブ記の魔女狩りまで辿り着くまでは、ミステリーさながらのトリック。個人的に一番盛り上がったかも。
    しかし、ラジオから突如流れる聖歌隊の歌の不気味さと言ったら!「つらくても笑顔が大事」なんて、発信者であるジェーン・ドウのことを考えると鳥肌立ちまくり。久しぶりに心を揺さぶられた。
    K2
    3.9
    記録