ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 51ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.6

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

司法解剖と一つの死体。にテーマ絞ってひとつずつ、メスで秘密を剥ぐように展開するオカルト運びがイイ。んだけど、全体としてコンパクトに枠内に収まってしまった残念さがあった。(それこそラストでトロール出てきて全部踏み潰すくらいやって欲しかったっていうのは監督に失礼だから言わない)
死体の顔面は口が開いていると死んでる感が上がる。
アメリカで女性の身元不明遺体を指す、通称〝ジェーン・ドウ〟を検死していた検死医親子が、解剖を進めていくうちに恐怖に襲われるオカルト・ホラー。

POVホラーが衰退してブラムハウスが幅を利かせる最近ではこういう王道ホラーがウケてますね。

殺人現場に遺棄された家族とは無縁の身元不明遺体を解剖、それをワン・シチュエーションで描き切るシンプルさ。
凡人の思考では展開するネタをひねり出してもなかなか思いつかない展開の数々。

伝説上の生物トロールを追うだけっていうこれまたシンプルなプロットがウケたPOVの名作「トロール・ハンター」を撮っただけあって、シンプルな設定をドラマチックに展開させるのは監督の腕なんだろうね。

謎に満ちたジェーンの謎を追えば追うほど謎が深まり、推論と仮説を繰り返す辺りはミステリー調で楽しい。
死体だから動くわけでもないのにいつか動くんじゃないかとハラハラするし、何も語らないからなおさら不気味なんですよ、、
無駄に仰々しい描写で興醒めさせられることも多い最近の作品とはまたひと味違う雰囲気があります。

なかなかグロいから苦手な人は無理なやつ。

余談だけどジェーン役のオルウェン・キャサリン・ケリーをググったらモデルだからヌードとかも出してるらしくて、もう美しすぎて思わず息を飲んだよね、、すきっ歯なのが気になるけど。
やっぱり死体よりも生気のある方が好きです。笑
レク

レクの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

3人が惨殺された家屋の地下から裸の身元不明の女性が見つかった。
検死を依頼された親子は解剖を進めていくが、その遺体に隠された戦慄の事実を知ることとなる。


ブログから抜粋、引用です。



まず、タイトルにある「ジェーン・ドウ」と「解剖」について。

ジェーン・ドウとは主に訴訟などで匿名希望もしくは本名不明の女性を意味する言葉ですね。
男性はジョン・ドウ。
ジョンドウ起訴という言葉があるくらいメジャーです。
身元不明の遺体に対して使われる名前。
日本でいう「名無しの権兵衛」ですね(笑)

解剖される目的の一つに身元が分かる手掛かりを見つけること。
死因だけでなく、傷の有無や形から自殺か他殺か。
歯型や持病などから、かかりつけの病院などを割り出して捜査に繋げていく流れが一般的ですね。
江戸時代には腑分けと言われ、内臓の構造を調べることが解剖とされていました。

解剖は大きく、病理解剖、司法解剖、行政解剖の3つに分けられます。
病理解剖は病院で死亡した患者の死因を調べる場合に専門の医師によって行われる解剖。
司法解剖は犯罪に関わる遺体に法医学者が施す解剖。
行政解剖は病院で亡くならず、犯罪の関係もない死体に対して監察医が施す解剖。

今作における検死解剖は一家惨殺のあった家屋の地下から見つかった遺体なので、犯罪に関与するであろう遺体、つまり司法解剖にあたります。


次第に判明していく死体の秘密はミステリー要素とホラー要素が上手く使われた演出になっています。
ちなみに、昔ながらの習慣で、遺体安置所に運び込まれた遺体の足首には鈴をつけることになっているそうですね。


死体から見つかる聖書の一説『Leviticus 20:27』
「男または女で、口寄せ、または占いをする者は、必ず殺されなければならない。すなわち、石で撃ち殺さなければならない。その血は彼らに帰するであろう」

口寄せとは、未来のことを知ろうとすること。
つまり神、キリストを介することなく霊の世界と交わることを意味し、占いやオカルト、超能力といった類の悪霊によるものを指します。
詳しくはレビ記の19章辺りに記されていますので、興味のある方は調べてみてください。

この20章では死刑に関する規定が記載されてます。
このことから、17世紀にニューイングランドで行われたセイラム魔女裁判で犠牲になった人の遺体ではないかと作中でも推測されます。
所謂、魔女狩り。
大半は無実の人間と言われていますが、この死体は本物の魔女だったのでは?と思わせる部分ですね。
当時の魔女狩りの処刑法としてはヨーロッパ大陸では焚刑が多く、イギリスでは絞首刑や溺死刑などもあったそうです。

両手足首の骨折は縛られたことによるもの。
歯や舌が抜かれていたのは拷問。
焼けた肺は火炙りにされた際に負ったものと考えられる。


魔女狩りで最も有名な文献は「マレウス・マレフィカルム」ですが、ここで面白い文献が目に留まりました。

フランシスコ・マリア・グァッゾの『コンペンディウム・マレフィカルム』(1608)からの抜粋。
「昨今、魔女が屍骸を掘り返して人を殺傷することに用いることが慣習となっている。
とりわけ死罪や絞首刑に処せられた人間の屍骸が用いられる。
魔女はかくもおぞましき材料から魔力を更新するのみならず、処刑に際して用いられた道具すなわちロープや鎖や杭や鉄製品も重用する。
事実、この種の物品に固有の魔力が宿るという信仰が広く流布している。」

注目すべきはこの冒頭。
「魔女が屍骸を掘り返して人を殺傷することに用いることが慣習となっている。」

そうです。
死体が魔女でトミーがその妖術により死体と同じような苦しみを受けた。
と本作では見せていますが、実際は
死体に掛けられた魔女の妖術でトミーはその死体と同じ苦しみを受けた。
とも考えられるのではないか?

つまり、ジェーン・ドウの死体が魔女という説とは別に、魔女が死体に人を殺傷する妖術を施した説を提唱出来ないだろうか?
見る限りですが、この考察を提唱している方は他に居ないので、自分はこの説を推していきたいと思います(笑)


多少のグロ耐性は必要かもしれませんが、ホラー映画が好きな方には迷わずオススメできる作品。
オカルトな部分と密室内、解剖の描写、心理的にも視覚的にも恐怖心を煽る演出は見事だと思います。
また、医学的な解剖によって立証されてしまう心霊現象に打ちひしがれる、エンターテインメント性の高いホラー作品です。
rena

renaの感想・評価

3.3
解剖してるだけなのに恐い
グロくて不気味
若干の物足りなさは否めない
min

minの感想・評価

3.3
前半は怖くてよかったけどラストが物足りなかった。
で、結局何も解決せずみたいな。録画してたカメラがうつったから解明とかするのかと思ったらなにもない。
もしかして続編あり?ってにおわせる終わり方だったけど、でたとしてもおもしろくなるのかは微妙な気がしてしまった。
話の展開はけっこう好み。ジェーン・ドゥの不気味な怖さが忘れられない。

このレビューはネタバレを含みます

ジェーン・ドウというのは「身元不明の死体」という意味で日本での名無しの権兵衛に相当するワード。

結構、容赦無く解剖の描写がされるので「幽霊?ゾンビ?クリーチャー?大好物です!でも、医療ドラマとかのオペシーンは勘弁な」という人へ的確にダメージを与えてくる。
私です。

遺体安置所・火葬場という舞台設定も良いし、全編映像が綺麗。

このレビューはネタバレを含みます

解剖して皮膚の内側のアレを見つけるシーン辺りまでは最高すぎたけど悪魔とか魔女とかそういうオカルトオチはマジ勘弁!でもオカルトオチに持ってくしかないんだろうな!残念!
『トロール・ハンター』のアンドレ・ウーヴレダル監督作品。
【感想】
登場人物が少なく、閉鎖された空間で怪奇現象が次々と発生するので無駄がない。薄暗く、不気味な雰囲気が漂うティルデン家の地下エリア、リアルな死体解剖シーン、伏線を張り巡らせ、回収するまで、死体が主役となる構成が素晴らしい。解剖するところはしっかり見せて、歩く死体はしっかり見せないところもよかった。そこで鈴や鏡、扉に開いた穴を使うのが巧い。観ていて思わず鳥肌が立ってしまった。傑作だと思う。
解剖しながら死因がめちゃくちゃで分からないとか、得体の知れない怖さが敵っていうのが良かった