ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 52ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.6

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

怖い。好き。
これまで観てきたホラーの中でも、これはかなり上位に食い込む。
主要登場人物が二人共、洞察力も行動力もある珍しいパターン。しかもお互い思いやる善い人。
なんとかなりそうだけど、僕にはどうすれば良かったのか分からない。
当分引きずりそう。
死体だけで映画一本どういう展開になるのか想像もつかぬまま観て…そうきたか!と。気味悪くも美しい映像は見ものだしホラー好きも満足するであろうグロシーンもあり。鑑賞後にこんなに鈴の音が不気味に感じるとは…。面白かったです。
MAeKeN

MAeKeNの感想・評価

3.7
オカルトホラー!

こういうタイプの映画は割と◎

思い出しただけでジェーン・ドゥが怖い。
死体って動き出しそうで一緒の空間にいたくない。
2回は観たくねー
久しぶりに映画館へ。
予告編はホラーの嵐でした!🐥

こちらの作品、前半はとても良かった!✨
kota

kotaの感想・評価

3.6
期待以上に面白かった。
いや、手法は全くもって伝統的なホラーなんですが。
伝統的な手法を綺麗にまとめたなと。
何より、死体が美し過ぎる。
死体と言っていいのかはともかくとして。
世界一美しい死体の座はローラ・パーマーではなくなってしまいました…個人的には。
asuka

asukaの感想・評価

4.8
控えめに言って、クッッッソ怖かった!!!!!

映画にとって音楽、音ってすごく大切やな。
これは、自宅で円盤で!よりは映画館の大音響の中震えながら観るのがおすすめ(笑)


最初、ツインピークスかとおもたわ(笑)
きれいな女の子の死体やもん。
そして、ジェーン・ドウっていうのは日本でいう名無しの権兵衛って意味なんだって。
本当にあんた誰やねん!っていう美女(笑)

なんかこれ以上書くとネタバレしそう。
いや、すっごい伏線が張り巡らされてて「ああ!そのセリフがここで活きてくるんですね!」って思いながら観てた。

最初のシーンの意味が全然分からなくて。
最後まで観て、うわー!そういうことかよ!うわー!!ってなるやつ。

解剖のシーンがえらいリアルで、見慣れててもクッッッソ怖いねん(笑)
解剖して行く度に起こる現象。
あんなん、リアルで会ったらまじやばいって!

最後の最後にあの曲がラジオから流れてくるちょっと前に話してた台詞、なんだっけ。
なんか引っかかったの。
DVDならもう1回観れるけど…
えー!確認するために怖い体験もう1回せなあかんのかな!!!笑

このレビューはネタバレを含みます

死体役さんが美しーい。のったりゆったりと追い詰められていくあのストレスが良い。美しく、つじつまの合わない死体を検視官親子が初めは科学的に、次はオカルト的に解剖していくストーリー。おもしろかった。日本のthe怪談 牡丹灯籠みたいに カランコロンと足音が(笑)。
pfmg

pfmgの感想・評価

3.6

ホラー&グロ

グロ耐性ないとツライ。

でも話はおもしろかった!
ジェーン・ドゥ綺麗。
【久々の王道ホラー発見】

どんなもんかね?と軽~い気持ちで鑑賞しましたが・・・結構怖い(゚Д゚;)
設定からして「死体安置所」なんて、怖いに決まってるんですどね。

ストーリー自体は正に王道です。
『バン!(物音)』
(そ~っと覗き込む主人公)
『わ!!』
『うわ~~~!!』
『あはは、意外と怖がりね♡』
『な、なんだ、君か・・・』

まるで「8時だよ!全員集合」のお化けコントみたいに「志村~!後ろ~!」って子供たちの声が聞こえてきそうな(笑)
でもそこはキチンと段取りを踏んで作られてますので、わかっていてもやっぱり「うわっ!」とこっちもビビります。

一種の「シチュエーションホラー」であるため、登場人物も極端に限られます。ですから無数の「お化け」が出てくるような話ではありませんが、その分、「あ、あれは、まさか・・・」となります。
前振りも十分効いていますので、意味不明な恐怖ではなく「ヒタヒタと迫りくる恐怖」なわけです。

ちょっと前に見た「10クローバーフィールド・レーン」も似たような「シチュエーションスリラー」でしたが、今作のお父さん役がジョングッドマンに似ていることもあり、途中からそこばかりが気になっていました(笑)。

解剖シーンはやっぱりグロいね。ただ、この作品はその解剖が謎を解き明かすカギにもなっているため、避けては通れないものではありますが・・。今って女性のアンダーヘアくらいは全然普通に映すのね。ま、その昔「ワイルイドシングス」って映画で、ケビン・ベーコンのアレが思いっきり「ブラ~ン」って映ったこともあったし、映画っていうカテゴリーになったとたんその辺は緩くなるのかね。ま、それはそうと・・・。

先に書いた「王道」という点では、キチンと「お約束フラグ」に対しての結末の回収がなされるので、怖いながらもどこかに安心感のようなものを感じてしまいました。「来るぞ、来るぞ、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」みたいな。

ただ、欲を言えばラストが若干モヤモヤ。風呂敷を広げすぎたのかなという感も否めないところではありましたが、それでも鑑賞中の「期待」に対してちゃんと答えてくれる作品でしたので、鑑賞後は満足感がありました。

それにしても、ジェーンドゥ・・・綺麗だったな・・・。
死体とはいえ、あんなにあからさまにフルヌードを見せ続けられると、最初こそ目のやり場に困りながらも、徐々に普通に観ている自分に「なんだかなぁ・・・」と阿藤快さんのツッコミが聞こえてきそうな気がしました。
ハルタ

ハルタの感想・評価

3.5
ホラーだと思ったら法医学で、法医学だと思ったらホラーだった。

びっくり系というより、見えないものがいるぞわぞわする系

ラストはちょっと残念…もっと謎解きでスッキリする感じが良かった。

飽きずに見られた点は良かった。