ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 53ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

身元不明者(ジェーン・ドウ)の解剖だけで進むオカルトホラー。
これは面白かった!

ラジオから流れる妙に頭に残る節回しの歌といい、チリンと鳴る足の鈴といい小道具がいろいろ効いていて楽しい。

遺体安置所と火葬場を兼ねた検死所。
主要登場人物は遺体とベテラン検死官のトムとその息子のオースティンの概ね3名のみ。
「死体1体で90分」はパケの惹句だけどまさにその通りだった。いっきに観れた。楽しかったーーー!
ジェーンドウとは、名前(身元)のわからない女性を意味し、訴訟などで身元を明かしたく無い場合にも使用されたりする。

美しい死体には裏がある。
そんなストーリーだ。

不気味な雰囲気が続く感じがたまらなく好みだった。

タイトルに『解剖』とあるだけあって、ぞうきや身体をバンバン切っていくので、血液関係が苦手な方は鑑賞注意である。

本作を鑑賞するにあたって『何をもって死とするか』と言う点にも着目してみて欲しい。
因みに余談だが、現在は『死斑』が出たら死亡となるらしい。

密室映画的な要素と謎解き、更には聖書まで出てくるのでミステリーのような側面も持ち合わせている。

本作は、新しいことへチャレンジしつつ定番も抑えている良い作品だった。
19chan

19chanの感想・評価

3.5
解剖のシーンばかりなのに、
それほど嫌にならなかった。
テキパキと作業するように身体を開けていく様子は気持ちいいくらいです。
ジェーンドウが美しすぎること、
そして死体だから勿論全く動かないのに不可思議な現象に悩まされるのは、
更にジェーンドウの恐ろしさを増大させていて良い設定でした。
ジェーンドウの秘密がわかったとき、
あー!求めていたのはそっちじゃない!
と思ってしまったのは私だけでしょうか。
ジェーンドウを殺した人に対しての恐ろしさを期待していた私としては
アメリカンな展開にうまく馴染めず。
次々と謎が深まって先に進んでほしいのに、怖くて次のシーンは見たくない、
という葛藤を与える作り方は素晴らしいです!
最後の警官の台詞の意味が理解できず、
色々な解釈をしてしまいましたが、
何が正解なのか謎が深まるばかりです。
YukiMiki

YukiMikiの感想・評価

3.0
遺体安置所という密室で繰り広げられるホラー。

起承転結がハッキリしていて
引き込まれる上に、
舞台となる遺体安置所の雰囲気も相まって
めちゃくちゃ怖い。
かなり良作。

解剖のシーンが多くを占めていてグロ耐性が必須なので
この点数。
ホラー映画の肝はカメラの切り替わり、音楽、写し方、テンポといった映像の編集、見せ方だとおもってて、そういった意味で肝をおさえた、すごく気の利いたホラー映画でした。
好みの問題として、この作品に限らず海の向こうのホラーはすぐにフィジカルな、精神攻撃よりも肉体攻撃の方が過剰で、ゴーストではなくモンスターに近いような存在になってしまうのがいただけない。
たぼ

たぼの感想・評価

3.0
明らかに低予算ながらも凝ったカメラワークや演出等、サスペンス映画の王道的手法を取っており、いい意味でシンプルな作品でそれなりに楽しめたと思う。

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビではない別の恐ろしい何かが誕生していたようです

解剖といった目新しいシチュエーションと圧倒的に安心感のあるホラーな演出のミラクルミックス…素晴らしい味わいです
美し過ぎる死体と脳細胞が生きているシーンの気味の悪さは必見です
観ましょう!
典型的なB級ホラー。
お父ちゃんかわいそすぎやしないですか…真面目に仕事しただけなのに…
seiji

seijiの感想・評価

3.8
コンパクトでキレのあるホラー。
登場人物も少なく、とても観やすい良作。
たなか

たなかの感想・評価

3.7
割と最善の行動を終始とり続ける主人公親子に対して反則的な絶望を与え続けるジェーンドゥ…なーーんもしてないのにほんまひどい

助かっと思いきやのラストの煽りがいいですね。廊下などはちょっとサイレントヒル感ありました。