ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 56ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

死体は語る!死体解剖ホラー!

なんか別の映画とずっと勘違いしてたみたいで、その別の映画のほうが思い出せない。まあどうでもいい話。


一家惨殺事件の現場には土中から女の死体が。一見無傷に見える女の死体には舌が無く、眼球は濁り、内臓は焼けるなどと謎の傷がてんこ盛り。しかも解剖してる間にいろんなことが起こり始める。うへえどうなる!?

という映画。なかなか新しい。考察とかも楽しいよね。


しかし、この死体の美しさだけで優勝なのではなかろうかと思えるくらいに美しい。

あの解剖してた二人は何も悪いことしてないのにねぇとも思うかも知らんけど災いなんて大概こんなもんよね。
まこ

まこの感想・評価

4.2
現代サスペンス的な状況設定に、退廃的ホラーがじわじわと侵食してくるのが怖くて楽しめました。
エログロ感も好みでした〜。遺体がとにかく美しい!!
あの「トロールハンター」の監督作と言うことで鑑賞。
中々、楽しい作品でした。
中盤以降「なるほど、そうくるか」というツイストの効いた展開に興奮。
“解剖”のグロ描写も作り手のサービス精神が感じられ良かったし、何よりこのタイトな上映時間!
ホラー好きなら見て損はないかと思う。
karaf

karafの感想・評価

3.9
厳密にサスペンスとホラーの違いがわからない。

羊たちの沈黙はホラー?
スクリームはサスペンス?
自分の中ではこの2ジャンル人が死ぬ、殺される、怖い思いをするという枠組みの中にあり、位置付けが微妙だ。

映画をジャンルで分ける必要はないと思うが、人に説明するときにジャンルで説明した方がわかりやすい。

前置きはこのくらいで、何となく感覚でジャンル分けをしていたが本作は完全に両方の立場を取れる作品。

サスペンスとしては秀逸。
一つの死体を通して事件というか殺害に至る全容が見えてくる。
この死体に関して凄いのは見事にエログロ。美しい死体の臓器は気持ちが悪い。
しかし脳は綺麗に保存されている。
どうやって彼女は殺されたのかという疑問が次第に恐怖に変わっていく様子がたまらない。この流れでサスペンスであれば個人的に最近の作品の中ではずば抜けていた。

しかし残念なのがホラー要素。たしかに怖い!ホラーとしての下味はしっかりついていたが、理屈や論理を積み上げてくサスペンスブロックと相性が悪すぎ。
せっかく解剖の面白みや謎を積み重ねてたがホラーの超常現象のせいでサスペンス部分の積み上げたものが崩れていった。
幻覚見せたり、ゾンビはやりすぎ。
せめて幻覚とかもルールをつけて発動理由などつけてほしかった。

あと主人公のキャラの作り込みが弱すぎ。
状況説明する道具にしかなり得てなかった。
むしろ父の方のキャラが立っていた。

とはいえ前半のサスペンス感は最高なので一見の価値あり
法医学ミステリーかと思ったらホラーだった、、、

解剖シーンが割とグロくて、ちょっとしんどかった。グロさには弱いので思わず「ひぇっ…」声出ましたよね。

ジェーン・ドゥ(身元不明人)の謎を探るも中途半端に終わってしまった気がする。結局なんだったんだ感がハンパない。

来るぞ来るぞって分かるんだけど
うわーん!怖かったよー!!
tatsu

tatsuの感想・評価

3.5
驚きすぎて後ろのタンスに頭をぶつけました…
めっちゃ怖かった!
でも、話はおもしろかったです!
e

eの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

怖かった。だけど、引き込まれる。みんなかわいそう、な結末。魔女?なの。
もっと科学的な感じで進むのかと思ってたらシンプルにホラーだった、、、スピリチュアルすぎておびび。みんなかわいそう。保安官もっとがんばれ。

このレビューはネタバレを含みます

前半結構ドキドキした、お父さんが引っ張られたときくらいまで。終わりはなんかモヤモヤして結局納得いかず終わっていったような。。
これは怖そうだったので観たくなかったです…

でも私はスイミングスクールに通っていたので
泳ぎは大の得意としています。
だから世界中の海峡で泳ぎまくりたいのです!
まず最初のターゲットはインドの海峡です🌊🏊

インドの海峡だからジェーンドウの解剖になるし観たくなくても鑑賞は避けられませんでした。

あの「バタリアン」を超える
死体安置所ムービーが誕生しました!!
でも良かったです安心しました
オバンバとかタールマンが出てこなくて……
出てきてたら私は気絶してました(´;ω;`)

これはパンドラの箱を少しずつ開けていきます
…やめちくり~!パンドラの箱を開けるな~!
パンダの箱だったら開けていいけど🐼💖


【映画の総評に入ります】
よく考えて客観的に自分を見つめ直してみました今まで書いたレビューも含めての話ですが
インドの海峡とかインドの怪獣とか……
意味不明な事を書いてる場合ではナイのです!
これからは年相応な大人の味わいがする
レビューを書いていこうかと思いましたが…

やっぱり辞めました。

赤ちゃんが無理して背伸びしたらダメです🙅🆖
赤ちゃんは赤ちゃんらしく
赤ちゃんの味わいがするレビューを書きます👶

それが赤ちゃんの私に課せられた使命であり
本作から教わった大事な事なのです👶💖