ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 56ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

普通に怖かった。とてもオーソドックスで奇をてらった様な撮り方は一切なく好感も持てる。後半からの失速感は否めんけど、前半はずっとドキドキで最高。死体役の女優マジで美人なのでインスタ要チェック。
もっち

もっちの感想・評価

3.4
タイトルに解剖が入ってるので、その通り内臓とか脳とか臓物がたくさん出てきたからそういうの苦手な人は注意

ミステリーかと思ったら普通にホラーだった。
序盤の不気味な雰囲気は好き、後半からちょっと…ってなったけど全体的に面白かった
ストーリー性のあるホラー。
ホラー慣れてないのでオチ全然読めませんでした。普通に怖い。
たぶんホラージャンル的な意味で「楽しめた」って言えるんだと思う。
私がホラーに向いてるかはさておき。。

ホラーは人と観ても解散した後の余韻が最低!笑
2017年に上映したミステリー/ホラー映画。

とある殺人現場の地下から、謎の遺体ジェーン・ドウ(身元不明死体)が発見される。検視官をしている親子は謎を解明すべく解剖を始めるが、次々と不思議な現象が……と言った内容。

The☆王道ホラー映画☆といった感じでした。人が怖がる見せ方を上手く駆使しており、大変良かったのですが個人的にはイマイチ物足りなさが。どちらかと言えば不気味が勝っている作品かなと🤔ジェーン・ドウのビジュアルには思わず目を逸らしてしまう様な怖さがありそこは良かったです◎解剖する映画なだけあってグロテスクなシーンは多め。クオリティも高かったです。

ストーリー自体はホラー映画あるあるを詰め込んだ感じでオチの展開もそれ程。暗い部屋で観るのが良いかと思います🤔
解剖の生々しさがすごい...特に肋骨切る音がめっちゃ怖かったわ。身元不明の遺体を解剖していくうちにおかしなことが起こるアイデアと地下にある遺体安置所という密室で起こる出来事に観ているこっちまでドキドキしっぱなしだったよ٩(´Д` ;)۶:.* 遺体の顔のアップが妙に怖くて何度も目を背けたくなった。ニャンコのスタンリーがかわいそうなことになるのだけはやめてほしかったけど、ホラー映画に動物が出てきた時点で予想はついてたので諦めました(´・ω・) 真相は思ってた方向と違ってあーそっち系かぁ、ってなったけどとにかく約90分ビビりながら観れたので満足(`・ω・´)
背骨

背骨の感想・評価

-
今までにたくさんのホラー映画見てきたから平気な自信しかなかったのに本当にこわかった。この映画すごい。
ニッケ

ニッケの感想・評価

3.8
死体って何故か怖いですよね。実はみんなが怖いと思っている死体にまつわるホラー。
ジェーンドウはなぜ死んだのか?が大きな軸となったミステリー仕立てのシナリオは推進力があり、怖いけど先が気になる面白さ。
意外と恐怖シーン自体は少なめなんですが、全体を通してなぜ?なに?どうして?という予測不能な恐ろしさがあります。
個人的にはオチが好みではなかったけど、確かな出来の良作ホラーでした。
enchan

enchanの感想・評価

4.1
なぜかサスペンスだと勘違いして見始めたので「え、ホラーかよ、心の準備が…」といった感じでメッチャ怖かったです。それを抜きにしても今まで観た中で最も怖い部類に入りました。最初の30分くらいの、無理のない設定の脚本が素晴らしい。途中からツッコミ所やチープさは多少あるけど全然許せる範囲。ホラーに話の辻褄合わせばかりを求めるのは、コメディに笑われてるやつの気持ちも考えろ、と言うようなものじゃないですか。あまり語りすぎると、怖さが半減しそうなのでこれから観る人のためにこれくらいにしておきます。
あさの

あさのの感想・評価

3.5
ゴア描写は控え目ながらかなり観る人を選ぶ、しかしながら個人的には2017年で一二を争うほど怖かったサスペンスオカルトホラーです。
前半の不穏な雰囲気は見事ですが、中盤で「これいろいろ謎解きしてるけど、もしホラーだったとしたらなんでもありやん…」と思わせてからの展開もけっこう不思議な不気味さがあります。
死体の存在感はハリーの災難やSA○に匹敵するのではないでしょうか。
鈴の音の恐ろしさはしばらく耳に残りそうです。