ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 88ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

毒子

毒子の感想・評価

3.8
死体の謎を説いていく謎解きホラーで、進みはゆっくりながらも適度な驚かしや不審な音や動きなどが多く、ハラハラしました
中盤位からハッ!とするような謎解きが連発しホラーながらワクワク感も味わえると思われます
怖さ的にはそこそこだとは思うのですが謎がパズルの様にピッタリ嵌る感覚が癖になる映画でした
skgc

skgcの感想・評価

3.4
解剖をあそこまでじっくり映した映像を初めてまじまじと見れたので、ドキドキしながらもワクワク。
けどコトが始まりだすとなかなか怖かった。怪奇現象系の驚かせ方にしてやられて、驚いてつい悲鳴あげました。

ジェーンドウ死体なのに、女優さんめっちゃ美しかったね。
Bob

Bobの感想・評価

2.5
うーん、怖くなかった・・・
でもハラハラして面白かった・・・っけども怖くないし最後が(*_*)
Takuma

Takumaの感想・評価

4.0
面白い、中々他に無い雰囲気のホラー

身元不明人(ジェーン・ドゥ)の解剖

前半は解剖のグロ感とミステリー、何なの?この遺体なんなの?
謎を解くうちに後半一気にホラー

主人公陣は死体解剖医ですからね、察しが良い、やばいとわかるや速攻で逃げようとするし、行動が頼もしい

ただそう簡単には行かないわけで、、後半急にホラー持ってくる作品って微妙なの多い気がするけど、これは面白い!
これは思わぬ拾い物でした。
登場人物もほぼ2人の密室劇でしたが展開も読めず飽きることなく見れました。
最近はホラーの充実度がすごいですね
yuki

yukiの感想・評価

3.6
後半お決まり魔女系かって感じだったけど、解剖を通して謎解きする過程は新鮮で面白かったしちゃんと怖い
sunflower

sunflowerの感想・評価

4.6
ジェーン・ドウの解剖観てきた!
41席の小さなスクリーンで、たぶん15人もいなかった。内容が内容なので、映画前の予告も全部ホラー。終わった後どっと疲れたけど、久しぶりにホラー映画楽しました、怖かった👻

解剖を進めて行くごとに、どんどん異変が起きて恐怖のストーリーが進んで行く。

ラジオ?の不協和音みたいなのがとにかくめっちゃ怖くてやばかった

このレビューはネタバレを含みます

【個人記録用】

じわじわとくる不鮮明な恐怖
ラジオから流れるニュースや耳に残る陽気な音楽が不気味で良い
他の死体は動き回ってたのにジェーンドウだけは動き回らずそこにじっといただけってのも良い

後味が悪いわけではないけどなんだかスッキリしない終わり方だったのがマイナス

全員バッドエンドで終わった

お勧めしたい映画だしまた見たいと思った
イギリス発のホラーです。
ある日、検死官を生業にする親子のもとに身元不明の遺体が送られてくるのですが、その奇妙な遺体を調べてゆくに従って様々な怪奇現象が…という感じの物語です。
例えるなら日本で言うところの『リング』みたいな感じのお話ですね。
イギリスはこういった小規模(小予算?)な映画で出来のいいものが結構ありますね。
また、映画の中で流れる空気感もアメリカの映画よりどんよりとしている感じでなかなかの雰囲気です。
この作品も小粒ながらきっちりとまとまっていて好印象でした。
と思って監督さんを調べると…あのトロール・ハンターを監督した人でした(笑)
今作品は検死がテーマなので、死体は当然として解剖やら内蔵やらがどんどん出てきます。
映像の作り的にそこまでグロくは見えませんが、苦手な人はご注意を。
映画館で観そびれた作品。だって上映劇場が少ないんだもん…



ちょこっとあらすじ

バージニア州の田舎町で息子のオースティンとともに遺体安置所と火葬場を経営するベテラン検死官トミー。ある夜、保安官から入った緊急の検死依頼は、一家3人が惨殺された家屋の地下から裸で発見された身元不明女性、通称「ジェーン・ドウ」の検死だった。解剖を進めていく中で、遺体に隠されたある事実が判明し、閉ざされた遺体安置所にさまざまな怪奇現象が発生する(映画.comより)



感想

『ツインピークス』を思わせるような綺麗な死体に目を奪われる。


なんとなく、最初からイヤーな感じ満載です。


検死官の元に一体の外傷のまったくない綺麗な若い女性の身元不明の死体が運ばれてくる。


解剖していくうちに…


嵐の夜で、混線したラジオから意味深な変な音楽が流れてくるし、嵐はどんどん激しくなるし…、そのうち、電気が落ち、倒木で閉じ込められる。



もう、やめて帰ろうよ、とーちゃんって、息子が言ってるんだから、帰ったら方がいいよ、って、わたしも思ったよ。でも帰らないんだよね。だから、あんな目に遭うのよ。



って、感じで、次から次へと強風(嵐だからね)が、もとい、恐怖が、襲ってくるのだ。



死体はメスを入れると血がしたたり、虫が出てくる。これだけでもおかいしが、その上、外傷がないのに、手首足首が折れていて、胃が黒く焼かれ、臓器には傷があり、抜かれた歯が布に包んで飲み込んでいて、その布には意味不明の文字が、そして皮膚の裏側にも、文字が…


果たして、死体の正体は…?


その前に、死因は…?







コレ以上、書くとネタバレになるので…





ネタバレの前にタイトルの『ジェーン・ドウ』ってなに?って思って調べたら、人の名前ではなく、身元不明者に使う?日本で言うところの『名無しの権兵衛』みたいな言葉らしいですね。





てか、ネタバレ、書いちゃいますが、



まだ観てない方、これから観る方、注意




実は、




魔女だったのです。


マジョ…?



マジ…?




元々、魔女だったのか?どうかは不明です。魔女裁判にかけられて、魔女になったのか…?



てか、魔女って、なんだよ?って思わなくもないですが…



でも、その自分が味わった苦痛を味あわせる為に、今もなお、死体となって、生き続ける。



関わった人、全員、死亡…



そして、又、運ばれていく…




そして、また、犠牲者が…




怖っ…



君子、危うきに近寄らず



ありそうで、なかった


そして、怖くて、スリリングで、美しい、そんな作品。



https://ameblo.jp/bird210bird/entry-12326051370.html