ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 88ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

完全に八つ当たり的なホラーなんだけど、怖さもまとまりの良さもあって、鑑賞後もモヤモヤせず終われる。良作!!
綺麗な乳首を見る映画です。

2番目に美女の死体を解剖して死の謎を解き明かす映画です。

ただ、思ったより謎が解けた!っていう気持ち良さもなくホラー要素も中途半端かつ謎なのでスッキリしません
ホラーだけどミステリー要素強くてワクワク感が凄い

でもやっぱりホラーだからしっかりとモヤっと終わるw

基本乳首出てる
かなえ

かなえの感想・評価

3.8
息詰まる系ホラー
びっくりする所は少なめ
話はちゃんとしてるし音楽の使い方も良いし質が良いって感じだった
人間の解剖はまだ一回も見たこと無いけど、本物っぽい!って思った笑
たくさんの人にオススメしたい!
停電してからめっちゃ怖いぃー!からの鈴の音!パパー!
最近わかりやすいホラーが多いけど、これはビビらせもありで怖かったー!でも、
最後の死体を運んでる人の『二度としないよベイビー約束するよ』ってなんの意味?
最後にわからなくなっちゃって、誰か教えてくれー!
シチュエーションはとても面白いのに『惜しい!』という作品。

前半は解剖の工程を経ながら”謎の遺体”ジェーン・ドゥの秘密に科学的にアプローチしていく為、どんどんストーリーに引き込まれていく。
解剖なのでグロいシーン連発たが、そんなことよりもこの美しい死体の秘密が明らかになる過程がとても面白い。

…だが残念なことに、ある所からオカルト的な展開になっていったのはとても残念!
『検視官のプライド』を最後まで貫き通して、理解不能な現象に立ち向かうという、”お仕事映画”的な展開だったら最高に楽しかったかもしれない。

ものすごく劇場で観たかった作品だが、残念ながら予告編で予想出来るレベルと言わざるを得ない。
あと暗闇のシーンはとても見辛くて、何をしてるか良く分からなかった。

冒頭で『きみに読む物語』をコケにしたセリフは面白かった。
観たことないけど私も多分5分で寝ると思う…(^_^;)
Kazuma

Kazumaの感想・評価

2.5
ん〜微妙な感じのホラー作品かな。

とある一家の惨殺死体が発見され、
その家の地下から身元不明の少女仮名ジューンドゥの死体が発見され、その死体の監察を調べていくうちに奇妙な出来事が起きるという内容だが。。中盤辺りからなんとなく予想どうりにその死体は生き死体。。
もしかしたら、魔女?と思ってたら、そのような感じに。。

後半あたりから、なんとなくその死体は
いつ、どこでと、解りますが。。

ラストはえ?これで終わり?

まだちょっとモヤモヤしながら終わる感じ。。

前半の全焼した死体は、きつかった💧
1980年のゾンビ物のイタリア産ゾンビ物みたいな死体💧

登場人物も確か4人くらいでほぼ遺体安置室の中で展開されますが。。

自分がその状況にいたら怖いかもだが、
鑑賞したがそこまで怖さ感じなかったかも。

死体に関わったばかりの監察医親子の悲劇的な話。
マツ

マツの感想・評価

3.5
推理物かと思ったらホラーでびっくりした。
でも面白かったので満足です。
McQ

McQの感想・評価

3.5
「トロールハンター」のアンドレウーヴレダル監督作品。

外見上、傷一つない美しすぎる死体を検死官の親子が容赦なく切り刻んでいきます、、

こんなにも死体を美しく描いてしまうと、どこかでこれを観たサイコキラーが興奮してるんじゃないかとハラハラドキドキしてしまいますね、、(ToT)

「ジョンドゥ」は色んな映画で聞いたことありますが、「ジェーンドゥ」はその女性版の呼び方ってことでしょうか?

前半の雰囲気、痛々しい解剖シーン、ラジオから流れる悪魔の歌、鈴の音、、
とても恐ろしく、ゾクゾクしてきます。
ミステリーとしては見せ方がとても上手く、グイグイ引き込まれていきます。

ホラーとしては、、
つかみはOKなんですけど、肝心の脅かしどころがとてもアメリカ的(音で怖がらせる)で正直怖くなかったです。。

そこがちょっと残念でした(ToT)

とはいえ、解剖シーンはとても良く出来てるなぁ、、と感心してしまいました。トロールハンターといい、ちょっと面白い監督さんだと思います。

今後に注目していきたいと思います^ ^
ジェーンドウ、弄ぶやん。

とりあえず、昔からの家業だとしても、家の地下が遺体安置所&検死所って嫌だなって思った。