gengeng

アンダー・ザ・シルバーレイクのgengengのレビュー・感想・評価

4.0
今生き延びているのは、毒入りご飯をたまたま選ばなかっただけで、しゃがんだ瞬間にたまたま吹き矢を避けられただけで、会話中に怒らせなかったからたまたま刺されなかっただけで……って考えることがある。そういう出来事の積み重なりを、単なる日常として気にも留めないのか、運命的に感じてみるのか。

そういう小さな出来事に大きな意味を持たせようとしてると、陰謀論臭くなってくる。

毎日仕事せずダラダラ暮らしてるサムは、時間が有り余っていてそういう陰謀論的な考えに取り憑かれてしまってる節がある。そのサムの周りには偶然にしては出来すぎな事が起こり、サムはより大きな存在を信じて核心に近づこうとしていく。

でも自分もサムのような部分があって、オウムがなんて言っているかを無理やり意味付けようとした(「アロハ!」だと思った)り、Jesus & The Bride of Draculaの逆再生は「Under the Silver Lake」って言ってるように聞こえたり、ところどころに3人組の女性が印象的に映されるのは何なんだろうと考えたり。究極を言ってしまえば、意味が分からないこの映画に対しても意味があるんじゃないか?と思ったり。それを意図した映画だとしたらかなり痺れる。