アンダー・ザ・シルバーレイクの作品情報・感想・評価・動画配信

アンダー・ザ・シルバーレイク2018年製作の映画)

Under the Silver Lake

上映日:2018年10月13日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「アンダー・ザ・シルバーレイク」に投稿された感想・評価

sari

sariの感想・評価

2.1
伏線が多いけど謎のままみたいなかんじ
もやーってしそうなのになんか心地いい
denpun

denpunの感想・評価

4.6
LAという街で、プライベートも仕事も上手くいかず失意の中にいる主人公。恋した隣人の失踪の謎を追うサスペンスは、現実と、(信じてきた)ポップカルチャーへの誇大・被害妄想の境を曖昧にしながら加速していき、最終的にこれはサスペンスではなく私的な再生物語なのだと気付く。

終盤、次々にヒットソングを垂れ流す車が行き交う道で、「成功した側の人生」を歩んだと思っていた元カノが写ったビルボードが、より巨大な資本に塗り替えられていくシーンが秀逸。超セレブ達も結局は精神的満足を得られず謎の宗教体験に走ってしまう様を目の当たりにした後の、その諸行無常感は凄まじい。
全てを捨て自分も「失踪」することを選んだラストシーンは、夢から覚めたような達観した笑顔と相まって、自分には失意からの再生を意味しているように思えてスカッとした。

劇伴も秀逸で、オーケストラを使った、クラシックなサスペンス風でしっかり盛り上げるし、ゲームが出てくれば8bitサウンドを自然に混ぜたり変幻自在。なのに主張しすぎずで、劇伴のお手本のようだと思った。

『ララランド』のカウンターのような内容だが、いずれもLAという街を、成功や失敗の象徴として扱っているのが面白いと思った。
ま

まの感想・評価

3.3
エーン全然わからない…示唆的な何かが矢継ぎ早に投げ込まれてくるけど、それが何なのか考える余裕も与えられず、混乱している内に終わった
取り敢えず、現実逃避をしていた若者が現実と向き合えるようになるまでのイニシエーション的なもの、という解釈に落ち着いた
不快感を催すシーンが多くて、監督は意地が悪いなと思った(ウンコを映すな)
ンまる

ンまるの感想・評価

2.5
久々にわけのわからない映画を観た、、
ノーランも結構置いてかれること多いけど
全く関連性のない要素が回収されずに終わって
マジでわからんかった、、、
多分オカルト
きゅ

きゅの感想・評価

3.3
むじゅかしかった(偏差値2)。カメラワークと音楽が小洒落た昭和だった。人生うまくいってないときになんでもないこと深読みしてひとりで焦ったり悩んだりするの年齢も国も関係なくて安心した、わたしだけじゃなかったんだね。暇なんよね要するに。なにか考えて思い過ごして時間潰しして大丈夫って思い込めるやつ。
最高におもしろい!

お話は、
家賃滞納しすぎで立ち退き寸前の夢破れた30代無職が、
隣に住んでる失踪した好きな女の子を探すというやつなんだけど、
そのこを探すために、

都市伝説
陰謀論
サブリミナル
被害妄想
インターネット
現代美術
ジン
歌詞の異常な深読み
レコード逆回転したら悪魔のメッセージ
マンソンファミリーみたいなLAのインディーズバンドのコーラスの女の子のシークレットソロライブのチケットがクッキーで、当日まで割ったりかじったりしたら無効
入場のときに一口かじる(acidクッキー)
暗号と解読
宝探し
自殺
なぞとき
RPG
貯水池

ポップソングに隠されたメッセージ
スメルズライク〜を書いたゴーストライターの老人
カートコバーンの親戚の妹のサイン
自己啓発
死後の世界

などなど、
あらゆる情報を駆使して探すという
私の好きな要素満載でめちゃくちゃ面白かったです!

陰謀論とか暗号にハマるのは、だいたいひまなときだし
人生うまくいってない人は、その理由をそういうやつのせいにしがち
自分がうまくいかないのはこの世界というRPG(ゼルダの伝説)を解けてないからだ!
というお話でもあると思う(マップのところはやっぱり興奮した)

都市伝説とか深読みって、世の中の仕組み知る前、ちっちゃい頃に想像してた荒唐無稽な社会のルールみたいな感じで好きなんだよね

そんなことにとらわれてないでfuckしよう!と言ってた風船ダンサーの女の子がメタ視点で良かったです

A24!というかんじでした
ひまな人におすすめ
zhenli13

zhenli13の感想・評価

2.3
途中で飽きてしまった…マルホランドドライブ的プロットでおもしろコンテンツ満載なのに冗長。主人公とそれ以外の関係が最後まで「自分と他者」でしか無いからかなぁ。アンドリュー・ガーフィールドがずっと独りで仲間の増えないRPGやってる感じ。

デヴィッド・ロバート・ミッチェルには矢張り『アメリカン・スリープオーバー』みたいな映画を撮ってほしい。
nanashi

nanashiの感想・評価

2.8
残念なインヒアレントヴァイスみたいな印象。いろんな小ネタがあるが、うまくいってない感じ。
latee

lateeの感想・評価

1.9
雰囲気や映像は好きですが…
ストーリーについていけませんでした…

もう、なにがなんだかよくわからなくなってきますし笑

主人公のこの俳優さん、こういう役は普段やらないイメージがあるので、そこは目新しいです。

でもやっぱり話についていけなかったです笑
A24作品ということでチョイス。

捉えどころがなくて、不思議な作品だった。
デビット・リンチ的なとんがった不思議なテイストでなく、ホラーなのかコメディなのか、一体何を描きたいのかがいまいちよく分からない。
まぁ、監督の世界観だから作品としてはいいんだけど、こういう企画を映画にしようと判断するお金を出す側って一体、どういう目的で判断しているのか不思議。日本の現状だと、絶対OKが出ないんだけど、海外の方がアートに対しての許容があるのかな。そんなところがとっても気になった。
>|