そうして私たちはプールに金魚を、の作品情報・感想・評価

そうして私たちはプールに金魚を、2016年製作の映画)

And so we put goldfish in the pool.

上映日:2017年04月08日

製作国:

3.9

あらすじ

2012年の夏、埼玉県狭山市にある中学校のプールに400匹の金魚が放たれた。犯人は4人の女子中学生。「キレイだと思って」と供述した4人の15歳の少女たちがプールに金魚を放った本当の理由とは・・・!? 実際に起きた事件を元に、少女たちの心情を斬新な視点で切り取ったスピード感あふれるショートフィルム。アイス、部活、祭り、ゾンビ、ボーリング、自転車、カラオケなど記憶を刺激するモチーフの連続で、観る者の…

2012年の夏、埼玉県狭山市にある中学校のプールに400匹の金魚が放たれた。犯人は4人の女子中学生。「キレイだと思って」と供述した4人の15歳の少女たちがプールに金魚を放った本当の理由とは・・・!? 実際に起きた事件を元に、少女たちの心情を斬新な視点で切り取ったスピード感あふれるショートフィルム。アイス、部活、祭り、ゾンビ、ボーリング、自転車、カラオケなど記憶を刺激するモチーフの連続で、観る者の想像を裏切り続ける25分間。

「そうして私たちはプールに金魚を、」に投稿された感想・評価

NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

4.0
電通のCMプランナー長久允氏が監督脚本、サンダンス映画祭で日本映画として初めてグランプリを受賞したという27分の短編。youtubeでもvimeoでも無料公開されてますよ。

凄くいい意味で電通っぽい作品だと思います。彼らのご商売って時代のニーズとチューニング合わせていくお仕事なのだと思いますが、バブル世代、ロストジェネレーション世代、ゆとり世代ときて、現代の「さとり世代」の悟ってる風って実際こんな感じなんでしょ?と感じさせてくれます。この作品に散りばめられた現代日本的なギャグやらセンスやらモチーフやら世代観やらって、電通の最前線で時代とチューニング合わせてる人ならではだなーと妙に感心した次第。こういうの見ちゃうともうちょっとTVでも見て俗社会から時代感覚を養わねばと思ってしまう。ちなみに、悟りの次には「つくし世代」が控えているようですぞ。

この作品...というか世代?ロスジェネ世代の自分('74)の世代だと盗んだバイクで走り出して校舎の窓壊して回るという尾崎豊な価値観が定番だったけど、なんかふつうの子達が「プールに金魚を放してジャブジャブする」って非行とは結びつけづらい反抗ってマンガみたいなユーモアあって面白いじゃない!そして、この手の日本的なセンスが海外で受けたのってなんか妙に嬉しいな。これは日本が世界に誇れるマンガ的な風情のコンテンツだと思うから。

しかし、昨日見た80年代の女子高が舞台の「でーれーガールズ」とのギャップが凄まじい。
もち

もちの感想・評価

4.8
なんでもかんでもエモいと言われるこの時代で一番エモいものを見てしまった気がする。見終わったあと17歳口ずさんじゃう感じ悪くない。17歳の夏に見れてよかった
AS

ASの感想・評価

3.4
楽しそうで何よりです笑
A

Aの感想・評価

-
中学生って特に不思議な3年間
意外と刺激的に過ごしていたらしい、私
hatthi

hatthiの感想・評価

3.7
挑戦的なクリエイティブな映画
hIna

hInaの感想・評価

4.2
こうやって、あるモノや出来事に背景をつけていきたい
kan

kanの感想・評価

4.3
悔しいくらい色のある映画でした。

中学生4人の感情の変化から成る構成ではなく、感情が爆発してできたものだと感じました。
学生ならではの、大人に対して目力が強く、鼻で笑うような態度が最高でした。

こんな感情を持った学生がいても良いし、生きる上で必ず近くにいるべきだと思いました。
ひとつひとつの言葉の不思議な鋭さ、ハッとさせられる映像の作り方。都会でも田舎でもない街で、どこにも行けず何にもなれないと思う瞬間の閉塞感。
感覚が今っぽいし、YouTubeで観れちゃうのすごい
>|